fc2ブログ

衆参議員会館回りでヘトヘトで帰ってきたら日暮れまでにちょっとだけ波乗り出来てしまった💦 汐、上げてるんでショアブレイク気味の波ながらも楽しかった😁


【🏄10-19 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】2月29日(木)18時から、衆議院第一議員会館大会議室で「ライドシェア解禁の問題を考える院内集会」を開催するので(会場とzoomでのハイブリッド開催、zoom参加なら⇒交通の安全と労働を考える市民会議―「ライドシェア」問題を考える―Forum for Traffic Safety and Labour からお申し込みを!現地参加なら17時45分から衆議院第一議員会館ロビーで入館証をお渡しします!)、今日の午後は、野党系のタクシー政策議員連盟加盟の衆参議員事務所に、あらためての参加お願いで、60事務所ほど回ってきた。
秘書さんしか応対してくれなかったら、さくっと終わってしまうのヤが、議員ご本人に会えたら、ついつい話し込んでしまうので時間は掛かるし集中力と臨機応変の対応が必要で、しかも参議院議員会館の12階から、衆議院第一議員会館・第二議員会館は11階から、階段を使って順番に回るので、歩行距離は相当なものになる。
ってことで全部回りきると、もうくったくた~😓
ってことで、直帰したら、日暮れ前にほんのちょっとだけ波乗り出来る時間が間に合ってしまった😁


 汐、上げてるんでショアブレイク気味の波。
やけどうねりは腰くらいあって、見晴らし前でsetなら、ワイドなピークの切れ目に合わせられたら、そこそこ走れる❗
Takeoffが激ぼれするから難しいけど、良いタイミングで板を落とせたら、1回、トップターンを入れてめっちゃ走れる(ショアブレイクが怖いからそこの処理は慎重に💦)。


 北風オフショア強くて面が堅いんで、リップが飛んでる。
うまくねじ込めば1秒くらいのチューブもある気がしたから、張り付き頑張ったけど、いかんせん、腰波ではバレルが小さすぎて、この大きな身体を押し込むことは無理やったのか😨
顔だけは2本くらいねじ込めたんやけどな。
ま、短時間やけど楽しめました~🎵


スポンサーサイト



ネクスト・ゴール・ウィンズ スポーツ映画ではあってもスポ根映画ではない、かなり緩くてかなり楽しい!


【🎦5 2024/2/23鑑賞】【26 💪5-9 LiFETiCK MChestPress70.2kg InclineDFry16kg DPullOver22kg SitUp】 アメリカ領サモアのサッカー代表チームは、長きにわたりFIFAランキング最下位で、2001年には0対31という記録的大敗も喫していた。チームに次の予選が迫る中、破天荒な性格でアメリカを追われたコーチのトーマス・ロンゲン(マイケル・ファスベンダー)が、新たに代表チームのコーチに就任。彼は世界で最も弱いと言われてきたチームの立て直しを図ろうとする。

 『ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦』として2014年にドキュメンタリー化もされた実話を基に描くヒューマンドラマで、長い間公式戦未勝利だったアメリカ領サモアのサッカー代表チームが、FIFAワールドカップ・ブラジル大会予選で、新任コーチと共に初勝利を目指すという映画。
世界最弱のサッカーチームの実話を描きながらも、スポーツ映画ではあってもスポ根映画ではなく、その奮闘は控えめ。
むしろ、彼らを鍛えるためにやってきた、サッカーについてはプロなコーチも人生の舵取りは下手くそなコーチの、その心の変化にスポットを当てている。


 いわゆるスポーツ実話感動ドラマによくあるのとはまるで違う。
なんせ、弱小チームが一念発起して大奮闘というスポ根のフォーマットを踏まえてはいるものの、南洋の島の、ほんとうにのどかな空気感が効果絶大で、観ている方も、勝った負けたなんかははどうでもよくなってくる不思議。
崖っぷち鬼コーチ演じるマイケル・ファスベンダーのキレ芸が見どころでもあり、愛すべき下手くそたちに監督(この映画の監督でありこのチームの監督でもありの両方の監督)がのせている感情が、他の類似作とは違うユニークさがまさにこの作品の魅力なのかも。
さらに、サモア系俳優たちが演じる、地元のサッカー協会会長やアシスタントコーチから発せられる、緩い温かな雰囲気も気持ちいいから、さらなる相乗効果。
本来ならクライマックスになるはずのゴールのシーンの描き方でもそれは明らかだ。
楽しい映画で、良い映画だったなぁ。


 2024年2月25日発表の最新のFIFAランキングによると、アメリカ領サモアは188位で、この映画による試合以降、一度も最下位にはなっていないそうだ。
ちなみに現在の最下位(210位)はサンマリノで、本国アメリカは18位の日本より上位の13位ながら、アメリカ領のトンガが196位、グアムが205位、アメリカ領ヴァージン諸島が208位ってことだ。
もう一つ、住民も文化も同じポリネシア系であるアメリカ領サモアとサモア独立国は、西経171度線を境として別々の国であるが、飛行機では30分の距離。
日付変更線をまたいでいるので、たった30分の移動で、同じ日を二回過ごせる。
ってことは新年を2回、手軽に迎えることが出来るってことで、若い頃、一度行ってみたいなぁって思っていたし、もちろん波乗りも出来るのだ。
この映画のおかげで、再び、その行きたい思いに火が付きそうだ…といいつつ日本からは直行便がないし…。

SNSに載せているランチ等の記録をブログにも残しておく、ラーメンが多いねんけど(2024年1月21日~2月13日)



【25 💪4 -8 LiFETiCK Cinning(asist32kg) NarowGripCinning(asist38kg) BentoOverRow40kg DSwing16/18/20kg DragonFlag LegRaize】 またまた昨日とうってかわって、気温4℃、冷たい北風、冷たい雨、波は小さい…今日は波乗りやめやめーっ🤣

1月21日 四十八漁場 品川店にいます。(東京都港区高輪3丁目25−23 京急第2ビル 1F)
私鉄関東ハイタク協議会24春闘職場討議案討論集会からの旗開き。
メインはあんこう鍋やったが、どうも雑炊が一番おいしかった。

1月22日 国会中央食堂にいます。(東京都千代田区永田町1丁目7−1 国会議事堂内)
パーティー券の売上げを裏金化し、悪いことに使ってもわからないようにし、しかも脱税も行いながら、全部秘書や会計責任者のせいにして自分は逮捕もされない、そんな自民党の議員が90人以上蠢く国会の中央食堂で、特製タルタルのチキン南蛮定食。

1月22日 SL酒場 新橋店にいます。(東京都港区新橋2丁目8−9 新橋SL広場前ビル B1)
参議院議員会館での国土交通省との打ち合わせを途中で抜け、経団連会館での全国区ハイヤータクシー連合会の賀詞交換に参加し、それも途中で抜けて、とあるテーマで大阪勢で情報交換し、それが終わって仲間に連絡してみたら新橋の焼き鳥屋で飲んでる模様なんで合流。
その店は席2時間制で自分が行って少ししたら追い出されてしまったので「もうちょっとだけ」ってことでSL酒場へ。
19時過ぎに入店して、退店は23時過ぎ、どこがちょっとだけやねん😓
この店で食べたのはハムカツと鶏唐だけ、後は延々飲んでて、支払いは3人で2万円近く…ってなんでやねん、どんだけ飲んでんねんっ💦

1月24日 だるま酒場 | 神田上州居酒屋にいます。(東京都千代田区内神田1丁目11−10 地下1階A 株式会社コハラビル)
 会議後の懇親会に国交省を迎えて…。
狭いしホスピタリティ悪いし痛んだ鶏料理が出てくるし…やばすぎる。



1月25日 中華料理 蜀三国 新橋店にいます。(東京都港区新橋1丁目15−1)
社会保険審査会の前のランチ、初めての店。
四川汁有担々麺、辛さマイルド出来ますが、と聞かれたけどふつうで。
でも辛くない。ミニ麻婆丼の麻婆が美味しかった。
日替わりは麻婆春雨だったそうで、そちらにしたら良かったと後悔。

1月25日 立呑処へそ新橋本店にいます。(東京都港区新橋2丁目8−2 Tmビル 1階)
職場女子ぃずとの🍺の前に練習🍺

1月28日 今年最後の旗開き(労働組合の新年会)は、私鉄日の丸自動車労組@烏山区民センター(東京都世田谷区南烏山6-2-19)。
能登半島地震のこと、ライドシェア解禁の件を挨拶させてもらった。
ちなみにボーズ付けてくれているのは、そこの書記長っす😅

1月29日 中華そば喜富にいます。(東京都豊島区北大塚2丁目14−8)
山手線、品川とは真反対の大塚で仕事。
味玉醤油ラーメン(細麺を選択)、「丸鶏、鶏ガラ、手羽先、手羽元を低温で長時間炊き出し、更に昆布の旨味を重ねた濃厚清湯スープ」というスープは、いや、完璧やねんけど!
味玉も文句なし!



1月29日 ホテル ベルクラシック東京にいます。(東京都豊島区南大塚3丁目33−6)
この会議で24春闘方針(案)を確定して、2月1日のうちの加盟全単組の代表者が参加する拡大中央委員会で決定し、24春闘がスタート❗
しかし結婚披露宴に使う真っ白けのお部屋に黒いおっさんらが大集結で、似合わなさすぎる…😥

1月29日 はじめ酒場にいます。(東京都豊島区北大塚2丁目7−9 2階)
懇親会が早く終わったから、安心して飲んでいたら、池袋からの湘南新宿ラインの最終を逃し、品川から東海道線乗るつもりが寝過ごして秋葉原まで行き、けっきょく東海道線の最終をも逃し、けっきょく職場に泊まる羽目に…😂

2月3日 吉野家天沼店にいます。(神奈川県平塚市天沼1−42)
小波すぎてだれも入っていなくてぼっちの波乗りの後に🐄しばいとく。
頭大盛り玉子🐷汁。

2月6日 香港ダイニング 香家にいます。(東京都港区白金台2-26-7)
今朝は雪で電車止まってしまうかも、出勤できないかも、やったから弁当をキャンセルしたのに。
なーんともなかった。
やから青・鬼担々麺。



2月7日 立呑処へそ新橋本店にいます。(東京都港区新橋2丁目8−2 Tmビル 1階)
国土交通省交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会でのヒアリングに随行と参加した後、仕事上の知り合いと飲み会だったが、忙しくて店選びを任せたのが失敗やった😭
で、二軒目は、お口直しをしたいながらサクッと帰りたいので立ち飲みで。
うっかりお姉さんからシジミのタブレットを買わされてしまった😨
しかしその格好やったら寒いやろ~

2月8日 衆議院第二議員会館にいます。
ハイタクフォーラム「危険なライドシェアを許さず 安全な公共交通を守るための請願署名」22万筆の提出行動を終え、やっとこさ昼飯。
なんなん、このチキン南蛮、殺人的な量の多さ。

2月12日 風の散歩道cafe しもおれにいます。(東京都三鷹市下連雀3丁目24)
三鷹にて。
初めて来た。
とりあえずチーズオムライス。

2月13日 あべとん アベ地下店にいます。(大阪市天王寺区堀越町13−13 あべの横丁)
ちゃんとしたお好み焼き食っとこ!
モダン焼き定食!
カウンター、俺以外、みーんな飲んでるねんけど…さすがあべちか。


昨日とはうってかわって🌞10℃で🌊も腰腹Fun Wave♬ ガンバ大阪開幕戦はアウェーでゼルビア町田⚽


【🏄9-18 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】昨日とはうってかわって🌞10℃でめっちゃ快適~♬
ちょっと潮はまだ多いが、昼から出掛ける用があるので9時から入水。
見晴らし前が広い範囲で誰も入っていないしまだワイド気味やけど、もう少し引いたらよくなることを確信しているので、ぼっちでゲッティングアウト。


 当初は腰のやはり早めな🌊が多いながら、徐々にレギュラーでアクション入れられる波が出てきて(自分はODYSEA LOG 7'0"やからアクションにはならんが)けっこう乗れだしてきた。
そうすると知人が2人入ってきて、そのころからグーフィーが切れだして、一時はめっちゃ張ってロングライド出来るなみがたくさんあって、なかなかのFun Wave😁


 ここで少人数で乗りまくっているのがばれたのか、ちょっと人が多くなってきたが、その頃からはグーフィーが入ってこなくなったが、こんどはレギュラーが良くなってきて❗
しかしそのうち、レギュラーもグーフィーも途中で消えてしまい岸まで乗れなくなってしまったが、もう、良いのん腹一杯乗りまくっていたので、用もあるしってことで満足して脱水した。
今日は暖かくて快適で、波もあって、人も少なくて楽しかったなぁ😊



 さて、本日は2024明治安田J1リーグ第1節ってことでいよいよ開幕⚽
ガンバ大阪はアウェーでFC町田ゼルビアと、町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)にて対戦。
昨季、J2で独走に近い優勝を飾り、悲願のJ1初昇格を成し遂げたFC町田ゼルビアだが、トップパートナーには小田急電鉄さんもあって小田急労組さんに聞くと盛り上がりはなかなかのものとのことで、ワクワクして、藤沢からもちろん小田急に乗って町田駅まで行ってみたら…。
東口・西口・北口・南口とあるようだが、どの出口から出たらどこに行くのかまったく案内がなく、ゼルビアの広告はあるが、スタジアムに行くにはどうしたらいいのかの案内もなくて、ゼルビアのユニを着た人も見当たらず、で、思いっきり迷子になってしまった💦
とりあえずバス乗り場を探していったら、やはりそこからどのバスに乗ったらスタジアウムに行けるのかは不明。
お金を払って路線バスで行こうと思っていんやけど、もうそれは諦めて、スタジアム直行無料シャトルバスに乗ることにしたが、バスセンターからそこがまた遠い😓
やっとこさシャトルバス乗り場に辿り着いたが、長蛇の列で30分以上並んでようやく乗車、9km程度ながら渋滞もあって40分ほど掛かった🚌
11時50分に部屋を出て、入場したが14時20分、途中、なんの寄り道もしてなくて正味2時間30分ってこと。
平塚からは距離的には比較的近い目なアウェーのスタジアムだと思っていたが、ちょっとあかん、かなり遠い。

 昨季のJ2リーグを制して初のJ1リーグに挑戦する町田が、近年低迷してしまっているG大阪をホームに迎えての一戦が始まった❗
町田は黒田剛監督、G大阪はダニエル・ポヤトス監督が昨季から継続して指揮を執るなか、ともに今オフでは積極的な補強を敢行。
町田はガンバからの移籍のGK谷晃生をはじめ、7人の新戦力が開幕スタメン入り。
一方のG大阪は、GK 22 一森純、DF 3 半田陸、DF 4 黒川圭介、DF 5 三浦弦太、DF 20 中谷進之介、MF 9 山田康太、MF 15 岸本武流、MF 16 鈴木徳真、MF 23 ダワン、MF 47 ファン・アラーノ、FW 13 坂本一彩と、4人の新戦力と2人の復帰組が先発に名を連ねた。


 ホームの町田は入りからシンプルに前を目指す戦いで流れを掴むと、積極的な立ち上がりで序盤から何度もG大阪のゴールに迫る。
16分にFWオ・セフンが抜け出して左サイドからクロスを上げるがのキックをDF中谷進之介がブロックしたが、その後ビデオアシスタントレフェリー(VAR)による検証の結果、ハンドの判定。
キッカーを務めた鈴木準弥は全力で真ん中へと蹴り込み、相手GK一森純もボールに触ったものの、シュートの勢いが勝ってボールはゴールに吸い込まれて先制を許す。
ただ、直前のプレーでG大阪のMFダワンが町田の選手からチャージを受けて足を踏まれていたようでピッチに倒れていたが、審判はファールを取らないだけでなく、アタッキングサードにも入っていないのに試合を停めない状態で、このPK献上のピンチを招き、ガンバ大阪は反則を主張して猛抗議したが覆らず、けっきょく先制点となった。
その後も町田のペースで時計の針が進んでいく。
一方でなかなかチャンスを生み出せなかったG大阪も、33分にスルーパスに抜け出した坂本一彩がペナルティエリア中央からシュートを放ったものの、タイミングよく飛び出してきた相手GK谷にセーブされてしまう。
前半は振り返ってみると、後手後手に回りまくっていたこともあり、チャンスというのはこれだけだった気がする😓


 1点ビハインドで折り返したG大阪は、54分、中盤でうまく町田のプレスをかいくぐり、ファン・アラーノがボールを運んでファイナルサードに侵入。
ペナルティエリア右で相手DFの裏を取った岸本武流にラストパスが送られたが、ゴール左下を狙った岸本のシュートは惜しくも枠を外れた。
G大阪は攻勢を強めるべく、55分に3枚替えを行なってネタ・ラヴィ、松田陸、宇佐美貴史を投入する。
60分、町田の仙頭啓矢が2枚目のイエローカードを受け取り退場、ホームチームは10人で30分強を戦うことになった。
数的有利を得てようやく押し込む展開となったG大阪は、84分に敵陣ペナルティエリア手前でフリーキックを獲得。
キッカーを務めた宇佐美は、カーブをかけた見事な一撃でゴール左上を撃ち抜き、G大阪が試合を振り出しに戻す。
勢いを増したG大阪は次々にチャンスを生み出すものの(前半1本だけだったシュート数は、後半8本)、町田は、体を張った守備と谷のイエローカードもらうくらいに節操ない遅延行為の繰り返しにもイライラしながらで必死に抵抗し、結局、倉田秋の投入もあったながら、入りそうで入らず、決まりそうで決まらず、猛攻実らずで、次のゴールは生まれないまま試合は終了し、勝ち点「1」ずつを分け合ったってことに…😭



 せっかく小田急なので海老名によって「OUTBACK STEAKHOUSE海老名店」(神奈川県海老名市中央1丁目18−1 ビナウォーク 6番館 1F)へ。
ここに来たらいつも何を食べたら良いのかめっちゃ迷うが、今日はベビーバック・リブ(脂身が少ないフランス産のベビーバック・ポークリブは、柔らかく骨から簡単にほぐれる逸品。フライドポテトとコールスロー付き。)、ブルーミンオニオンの小っちゃい版なブルームペタル(花びら)、本日のスープ。


 で、メインは豪州産リブアイステーキ200gってことで、さ~今夜は肉🍖食ってパワー付けたから、次節⚽ホーム開幕戦は、絶対に勝ち点3取るぞ❗


☔&🌡3⃣℃…🌊もも…寒いっ😰


【🏄8-17 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】【23 💪3 -7LiFETiCK BenchPress65/65/60/60/55kg Dfly16kg Dip(asist25kg) ShoulderPress30kg RearDertoidFry7kg SitUp】 ☔&🌡3⃣℃…しかも🌊はももで、潮も引けへんし、で、あんま割れてへんし…。
ほんまテンションが上がらんが⤵…
昨日の兵庫から帰ってきての社会保険審査会は、案件数が少なかったから、早く帰れて波乗り出来るかと思っていたら、揉めに揉める案件ばっかになってしまって日暮れまでに帰って来れなくて波乗り出来ひんかったってのもあって。
やからせっかくの休みの日に波乗りせーへんのももったいないので、めっちゃ気持ちを奮い立たせて浜に行ってみたが…ほんま寒いねんけどっ😰


 見晴らし前はけっきょくローカル4人だけでの貸切。
ちゅーても海に入っているのが平塚の生コンからコート前まで全体で20人にも満たないくらいで、こんな日に産み入っているヤツがいかに「あほ」かってことかも知れん…😞
波は小さいながら、仲間うちやし、あうんで乗りまくれるので、しかも引きから上げに回って波数もそれなりにあって、グーフィーが綺麗でそこそこ走れるし、意外に良い。


 最後に1本、奇跡的にめっちゃロングライド出来るグーフィーに乗って、大満足で脱水。
にっこにこで、まっすぐ見晴らしまで浜を上がって遊歩道を歩いてバイクのところまで戻ったのやけど…
自分はもちろんNo Boots & No Gloveやったが、気温は🌡3⃣℃でも水温は15~16℃あるので、海水に浸けていたらなんともなかったのに、歩いている間に手がめっちゃ冷えてしまってかじかんでしまって、バイクまで到達した頃には、痛くて痛くてやばいっ❗
いつもならバイクのシートを開けてから、🚬&📱チェックなどをするんやが、そんなんまったく無理で、大急ぎでヘルメット装着して手袋を填めたが、まったく無理、ヤバいほど手が痛い😭
最初の信号で手をバンバン手拍子したりゴシゴシしたりするがまったく体温戻らず、ややもすればバイクの運転にも支障をきたしそうで…。
早く春よ来い💦💦



 今年初めての海樂人(神奈川県平塚市札場町12−12)。
海藻サラダ、地元で上がったブリカマ、高級海苔はさみ揚げはもちろん美味しいながら、今日は真鯛がよいらしく、その真鯛のなめろうと天麩羅が絶品でした❗
ただ、ちょっと去年の年末から、さらに今日、ちょっと気になりすぎることがあって、聞きたかったが、今日も他にお客さんがいたので聞けなかった…。
なんとなく店のやって行き方にブレが見えるねんなぁ。


カラーパープル 切実でヘビーな描写と、音楽&ダンスが創る高揚感と軽やかさの絶妙なバランス


【🎦4 2024/2/11鑑賞】 10代のセリー(ファンテイジア・バリーノ)は、父親の決めた相手と強制的に結婚させられる。夫のせいで最愛の妹と引き離され、不遇な日々を送る中でも彼女はユーモアを忘れずにいた。そんな折、セリーは人気歌手の世話をすることになる。二人は次第に絆を深めていき、やがてある出来事をきっかけにセリーの未来は大きく動き出す。

 アリス・ウォーカーの小説を原作に、スティーヴン・スピルバーグが監督を手掛けた作品のミュージカル版リメイク、過酷な状況に置かれながらも、前向きに生きる女性の姿を描くという映画。


 原作小説を1985年にスピルバーグが映画化(ウーピー・ゴールドバーグはこの作品で映画デビュー)、それが2005年にはブロードウェイでミュージカル化され、そのミュージカル版をもとに再び映画化されたこの作品には、製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグ、オリジナル版に出演したオプラ・ウィンフリー、オリジナル版の音楽を手がけたクインシー・ジョーンズも製作に名を連ね、新鋭ブリッツ・バザウーレ監督がメガホンをとった。。

 主人公セリー役にはブロードウェイ版でも同役を演じたファンテイジア・バリーノを起用し、「ドリーム」のタラジ・P・ヘンソン、実写映画「リトル・マーメイド」のハリー・ベイリー、シンガーソングライターのH.E.R.らが共演。
また、ブロードウェイ版でソフィア役を演じてトニー賞にノミネートされたダニエル・ブルックスが本作にも同役で出演し、第96回アカデミー助演女優賞にノミネートされた。


 1900年代初頭に自由な選択が許されなかった女性がひたむきに生きていく物語。
黒人を支配し抑圧する黒人の姿が、非常に重く、暗い。
しかし、途中歌って踊る場面は流石で、色鮮やかな明るい世界…それが交互に織り込まれていて、観ている方の気分は上げられ、下げられ。
切実でヘビーな描写と、音楽&ダンスが創る高揚感と軽やかさが、映画らしい最高に美しいバランスを形成していたのだ言われればそうなのだが。
許すこと、女性同士で支え合うことというテーマが、希望を感じさせてもくれることが救いであり、そして感動的なラストに至り、非常に力強い映画で、再び作られたという価値は十分だ。

乗れそで乗れんで、毎回Max Powerのパドリングになるし、あんまり乗れていないのにくったくたや~😭ほんで今夜は友人通じて、いつも海では一緒に楽しく波乗りしているけどってな方々らとうちで🐙ぱ🍺


【🏄7-16 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】潮が引く頃を狙って11時過ぎに入水(おかげでゆっくり寝坊しました…ってかいつから休みの日は8~9時まで寝ないとあかん身体になったのか…😞)。
波は腰ながら、割れへん。


 波数も少なくて、乗れそうかもと思ってフルパドルするがけっきょく乗れない、が多すぎて。
毎回Max Powerのパドリングしないと、乗れるか乗れないか、ってほどパワーがないうねりなんで、これってめっちゃCP悪くて精神的にもめっちゃしんどいねん。


 乗れればそれなりの波もありつつ「♬」ながら、とにかく無駄に体力使いまくりで、くったくたのわりに満足感が足れへん…🤣



 んで、今夜は平塚の海でいつも会って楽しく一緒に波乗りしている皆さんと、うちの部屋で🐙パ。
名前は知らんけど、海ではめっちゃ知っている関係で、いろいろな人間関係の話が弾みつつ、ちゃんとソレが合っているかどうかが微妙な会話が弾むww
平塚に住んで12年、ずっと生コンをメインで入っていて、知り合いはめっちゃいるようになってるんやけど、そうやな、海の中だけの人間関係が多すぎて。
ま、これくらいで俺みたいなビジターが長いこと同じ浜でいるってな状況ではちょうどええかも…。
楽しかったんで、また、是非、うちに飲みに来てください🍻

ライラブルな腰~腹♬ 張り切らないがとにかくめっちゃ走れる波なんで、悪くはない😊 ほんで恒例の松田桜祭り🌸


【🏄6-15 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】潮上げるから早めに入らなって思っていたのに、起きたら9時やん😨
昨日は頭くらいあったそうやが、まだこの季節通常出勤の時には出勤前サーフィン無理で諦めたが、今朝も北風にもめげずに波はまだ頑張ってくれて、腰~腹は残った♬


 見晴らしの手前くらいで入水。
ライトが張り切らないけど、まぁまぁフェイスは張ってな~んも出来ないけどとにかくめっちゃ走れる波なんで、悪くはない。
ついつい走ってしまうけど、上手くボトムで溜めれば緩くトップアクションも出来たりするし、カットバックの感覚を思い出すにはちょうどいい波や。


 添田博道さんがしれっといい波に乗りまくって岸まで走りきるねんなぁ、さすがや。
博道さんがパドルを始めたら誰もその波には手を出せないという、そのオーラはやはりレジェンドやな。


 毎年恒例になっている松田さくら祭り🌸


 菜の花も河津桜も満開!



 花より団子的なのは言うまでもないが🍺。(お弁当は崎陽軒の「おべんとう春」、深みのある味わいの「筍ごはん」には、桜の花と山せりをトッピング。さらに、素材の旨みを楽しめる「鰆の幽庵焼き」、桜あんを包んだ一口サイズの「小粒大福(桜あん)」、筍、ふき、菜の花なども入って、見ためにも味わいにも春を感じていただけますってな季節限定。) 
3年連続、晴天ではなく、富士山と河津桜の競演ってな写真を毎年楽しみにしていながら、今年もあかんかった…。



 んで、下山してからせっかく小田原やし「OHASHI」(神奈川県小田原市栄町2-8-38 中戸川ビル 2F)にてセンベロタイム🍻
お刺身はハチノミ(まぐろの頭肉(あたまにく・ずにく)のことです、他には脳天、ノーテン、頭身などとも呼ばれる)とブリ、トマトスライス、天使のくちどけカボチャサラダ、大きなアジカツ…にて早い時間から、酔っ払りんのできあがり~😁


念願の「三鷹の森ジブリ美術館」にやっと行けた❕



 スタジオジブリに深く関わる宮崎駿が発案し、2001年に開館した三鷹の森ジブリ美術館。
名称のとおりジブリ関連の展示品を多数収蔵・公開していて、建物自体も宮崎駿による断面スケッチを元にデザインされたそうだ。
一度行ってみたいなぁってずっと思っていたところ、先日、友人が「行く」って言っていたので、便乗させてもらって、チケットをゲットしてもらった❗(日本の美術館では珍しい完全予約制・定員制の入館方法を採用しているねん)
三鷹駅に着いて友人はバスに乗ろうと言うが、ごめん、初めての三鷹やし玉川上水沿いに歩いてみたいとお願いして歩いた(徒歩15分ほど)。
玉川上水とは、江戸時代前期の1653年(承応2年)👀に多摩川の羽村から四谷までの高低差92.3メートルの間に全長42.74キロメートルが築かれた、江戸市中への飲料水が流れていた上水道だ。(この高低差92.3メートルってのがとんでもなくすごい、角度でいうと0°0′44.54″💦)
井の頭恩賜公園西園に入り南に進むと、トトロが出迎えてきたが、これはニセ受付やねんて~🤣
自分たちは14時の予約だったが到着したのは12時半くらいで早すぎたので、せっかく初めて来た井の頭恩賜公園なもんで、友人は放置して、軽くランニングしてこさせてもらった(人が多すぎて快適なランにはならず3.88km走ってそれ以上は諦めた、友人を放置している気まずさもあったし😅神田川の源流を発見👀)


 さて、そろそろ入場だ!
13時40分頃から並びだしたが、並んでいる半分以上は外国人で、その半分はアジア系、残り半分はその他の国で、かなりの人種の坩堝。
受付整理のお兄さんら、裁きが複雑ながら、何カ国語を喋っているのかわからんが、アジア系の人やその他の国の人らをしっかり案内し整理していたことに嘆息!


 入場料は、大人・大学生 - 1,000円、高校・中学生 - 700円、小学生 - 400円、幼児(4歳以上) - 100円、4歳未満 - 無料。
入場時間は1日4回で、10・12・14・16時ながら入れ替え制ではないそうだ。
ローチケで購入するのだが、海外に人たちはどうやって購入しているのだろう?


 館内での写真撮影は禁止なので、入り口手前のこの写真までが撮影可能。
しかしこの素敵なステンドグラスが、かなりテンション上がってるねんけど❗


 常設展示室「動きはじめの部屋」(アニメーションの原理、原始的なアニメなどの展示)
⇒映像展示室「土星座」ではジブリ・オリジナル短編アニメーションが観られる。今回は「コロの大さんぽ」(東京郊外の住宅街をモデルにした仔犬のコロの冒険物語。色鉛筆で描かれた背景画が印象的。コロは、学校へ出かけたサワ子を追いかけて、戸締りがされていなかった扉から外へ出てしまいます。あちこちを走り回っていろいろな人に出会うコロ。一方帰宅したサワ子は、コロがいなくなっていることに気がつき、一生懸命探すのですが…。)
⇒常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」(製作スタジオの風景のさっきまで「この机で誰かが何かを描いていた」かのような雰囲気を再現、歴代ジブリ作品の絵コンテやセル画、作画や着色、塗料などだけでなく、イメージの元となるものがあふれていて、まさに一本の映画の制作が始まろうとしている部屋だ。背景画の美術的完成度と美しさには顎が落ちた💦)
そして、企画展示「君たちはどう生きるか」もやばかった。
宮﨑駿監督の最新作である『君たちはどう生きるか』ってのは、その制作過程で描かれた絵のほとんどが、紙に鉛筆と絵の具で描かれているという意味において、近年では稀な「手描き」アニメーション作品であり、宮﨑駿監督をはじめとする少数精鋭のアニメーターや美術スタッフによって描かれたその完成度は、「手描き」アニメーションの粋だ。
現在では手描きのアニメーションもデジタル機材を使用した作画や美術が主流となっており、デジタル化の進展に伴って手描きアニメーションと3DCGアニメーションの境界もあいまいになりつつあり、その結果、アニメーションの制作現場から紙と鉛筆、絵の具が徐々に姿を消している。
その『君たちはどう生きるか』の制作過程において描かれた絵をが展示されており、ここか~って意味で感動した❗
その前の常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」で、正確な言葉は覚えていないが「アニメーターではお金持ちにはなれないが夢がいっぱいだ」的なことが書かれていて…。
COOL JAPAN(クールジャパン=日本の内閣府知的財産戦略推進事務局「クールジャパン戦略のねらい」によると、「外国人がクールととらえる日本の魅力」であり、クールジャパンの情報発信・海外展開・インバウンド振興によって世界の成長を取り込み日本の経済成長を実現するブランド戦略「クールジャパン戦略」政策で使われている用語である。)などと政府は言っているはいるが、アニメーターや声優、原作者などに対しての処遇を上げることもなく、逆に電通などに中抜き利権を与えている現在の自民党政権に対して腹立たしく思うのみだ💢


 「ネコバスに触ってみたい!!乗ってみたい!!」の思いを実現させたいと用意されたネコバスルームは残念ながら小学生までしか遊べなくて、58歳は泣いた😭
その脇から螺旋階段を上っていくと屋上庭園、『天空の城ラピュタ』のロボット兵が優しい顔で(?)そびえ立つ❗



 カフェ「麦わらぼうし」でちょっと一休みして、1時間40分くらいの観覧を終える。
三鷹駅までの帰りは、小田急バスが運行委託を受けているスタジオジブリがデザインしたコミュニティバス(みたかシティバス)で、[三鷹の森ジブリ美術館]→[明星学園入口]→[下連雀]→[連雀通り商店街]→[南浦]→[仲町通り]→[三鷹駅南口]。(210円)
無性に絵が描きたくなった、色をつけたくなった、こどもの頃は思いのままにいっぱい絵を描いて、感じたことを表現していたのに、ってめっちゃ思った。
Bの鉛筆や色鉛筆とかクーピーペンシルとか揃えてから、また始めてみようかなぁ。
今回、感じたことを一度ゆっくりと噛みしめて心に染み込ませてから、是非もう一度、行ってみたい❗
そして、名古屋のジブリパークも行ってみたいなぁ、こっちは孫2号と行くか~😊


哀れなるものたち 徹底的に計算された脚本や映像処理など、アートの極みとしての見応えもありつつも…


【🎦3 2024/2/10鑑賞】【15🏃Run3-7 6.19km 39:21 中之島】 若い女性ベラ(エマ・ストーン)は自ら命を絶つが、天才外科医ゴッドウィン・バクスター(ウィレム・デフォー)によって胎児の脳を移植され、奇跡的に生き返る。「世界を自分の目で見たい」という思いに突き動かされた彼女は、放蕩(ほうとう)者の弁護士ダンカン(マーク・ラファロ)に誘われて大陸横断の旅に出る。大人の体でありながら、新生児の目線で物事を見つめるベラは、貪欲に多くのことを学んでいく中で平等や自由を知り、時代の偏見から解放され成長していく。


 ヨルゴス・ランティモス監督とエマ・ストーンが再び組み、スコットランドの作家アラスター・グレイによる小説を映画化、天才外科医の手により不幸な死からよみがえった若い女性が、世界を知るための冒険の旅を通じて成長していくという映画。
英題は「POOR THINGS」なので邦題もほぼ同じ意なのか。
しかし邦題の「哀れなる」にしろ原題の「POOR」にしろ、言葉からイメージから思うと、これは一種のミスリードで何とも言えないブラックユーモアではないか。


 恐ろしくダークファンタジー映画、スチームパンクな世界観で展開される『フランケンシュタイン』×『エマニエル夫人』。
設定はゴシック、主人公の意識はモダン、そこに笑いを加味しながら、それを映像とデザインが徹底的にビジュアルで表現し、嫌になるくらいの不協和音が、奏でられる。
そして、ゴシック映画風の粒子の粗いモノクロ映像で展開されていたのに、切り替われば人工着色風のカラー映像。
冒頭部分の、限りなく残酷でグロい展開に相まって、ホラー様式の大邸宅での演出も極まれり。
鑑賞しているときに、女性二人が強盗部分で席を立ったが、自分も鑑賞を諦めようかと思うほどにキツい。


 体は大人だが脳は胎児という主人公を通して世の中を見つめていくというストーリー。
すべてのシーンが見逃し厳禁という密度の濃さ。
エマ・ストーンは、主人公ベラの「肉体は大人、精神は赤ん坊」という設定の中で、役どころの純情を盾にして、一切の躊躇もなしにきっぱりとすっ裸になり、セックスシーンをてんこ盛り演じている。
いやいや、ここまの大胆な性描写が必要なのかと思いつつも、ここまでやったからこの映画の説得力となるのかもと…。
徹底的に計算された脚本や映像処理など、アートの極みとしての見応えもありつつも、いい映画だったかと問われれて、躊躇するかなりの問題作だ。


プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR