ほんとっ、どうでもいい話しなんだけど…。


 ほんとっ、どうでもいい話しなんだけど…。
昨日、友人がふかきょんのFacebookページを「いいね」したようで、自分もついつい釣られていいねしちゃった。
芸能人のFBページでいいねしてしまったのは初めてだ~(*^▽^*)


 ふかきょんと言えば、ハワイでのサーフィン写真が思いっきり話題に。
彼女、波乗りするんだ~!しかもちゃんと乗れてるやん!!


 ビキニのふかきょんと一緒に波乗りできたら、死んじゃうかも~、俺っ!

オーダーしたHALLIA Wetsuitsの3mmジャーフルが昨日届いた~ヽ(^。^)丿


 オーダーしたHALLIA Wetsuitsの3mmジャージ・フルスーツが昨日届いたヽ(^。^)丿
前のがへたってしまって、ほんとなら昨シーズンに新しいのん作らなあかんかったのにシーズン前にオーダーし損なって…。
でも今年の春にとうとう膝が抜けちゃって、大慌てでオーダー(~_~;)
ちょっと派手やったか~、歳を重ねるとだんだん派手になってくのか~、淡谷のり子さんをお手本として~(*^▽^*)
ちなみにこの3mmジャーフル、フルオーダーで34000円(Tax込み36720円)っす、性能は俺が保証します、もうかなり長いお付き合いっす~っ(^O^)v


 ZEST SURFさんにステッカー入れといてね~ってお願いしておいたらウェットスーツに同封してくれていた。
しっかりサーフボードに貼るよ~♪


 ついでながら、こないだ東京駅の東京キャラクターストリートを歩いていて、トミカのお店でうっかりサンダーバード2号を買ってしまった~、700円也~っ。
危うく、1号・3号・4号・5号・ペネロープ号も買ってしまいそうだったが、そこは自粛~っ。
ほんとはほんとは「サウンドビークル サンダーバード2号+サンダーバード4号」が欲しかったのだけど、それはもっともっと自粛~っ(ToT)

波情報をBCMサーフパトロールから波伝説に代えてみた

 今朝は波があるのを解っているのに、昨夜、有楽町で友人と深酒やってしまい(2人でワインのフルボトル2本空けちまった、ほとんど俺が飲んでた)朝起きれなかった。
今ちょっと忙しくてゆっくり出勤もままならず、後ろ髪引かれまくりで職場に向かった。
しかし記録的な大雨の影響で栃木・茨城などあちらこちらで、河川の越水や堤防の決壊、床上浸水などたいへんな被害が出ていて、まだまだ危険な状況が拡大しそう、みなさん、気をつけて!
うちの加盟組合にも鉄道施設などにいろいろ被害が出ているし、多くの組合員さんも被災しているだろうから、そもそも浮かれて波乗りなんかしている場合ではなかったかも…。


 ところで、長年利用していた波情報サイトの「BCMサーフパトロール」の利用をやめ、「なみある?」の7日間無料使用期間を経て、先日より「波伝説」に引っ越してみた。
ビーコミはブラウザから一々見に行くのでそれが面倒くさくて、アプリからさくさく見れるのを検討したら、アプリの見やすさ的にはなみあるだけど、波伝説の方が丁寧に波チェックしているのをよく知っているから、とりあえず波伝にしてみた。
波サイズと予測の正確さ、使いやすさ、情報量なんかをチェックしてみて、もし駄目だったら、他にまた移るかもね~。
とりあえず,
とりあえず波情報を提供しているポイントには、自分的に不満があるのだ、波伝説っ(これはなみあるもあんまり変わらないけど、そこややっぱビーコミかな)。

民宿中村ステッカーチューン


 高知西部に行ったら定宿にしている民宿中村(いちおうホームページもあります、http://www.minshukunakamura.jp/index.htm このサイトで客を呼べそうには見えないけど、そもそも人気の宿やからサイトによる集客は必要ないからいいか~)
こないだ行ったら、「オリジナルステッカー作ったから、貼って宣伝して~」って若女将が。(←この場合の「若」というのは、大女将との比較であって、容姿や状態を表すものではない)
はいはいわかりましたよ、サーフボードに貼るよ、ってことで、全色押しつけられた。
普通のお客さんは1枚押しつけられたら勘弁してもらえるらしいが、自分の場合、特別に5色とも押しつけられてしまったのだ…(T_T)


 左から、Firewire POTATONATOR 6'0、 Grommet Simple Retro Fish 5'11"、BYRNE 6'3 Mullet、CHANNEL ISLANDS BISCUIT 5'6"、Firewire Jetonator 5'11"。
 まさに若女将のりちゃんみたいに、ものすごく主張が激しくて、ある意味騒々しい民宿中村ステッカーなので、これら5本のサーフボードに、極力、さりげなくなるように貼っといた~( ̄∀ ̄)

続きを読む

GoPro HERO3 White edition購入♪使いこなせるかあ!?


GoPro HERO3 White edition購入!
本日届いた。


 一番最初は美しい人を被写体にしたいと思って、うちの職場のMost Beautyに「撮るで~」ってカメラを向けて撮影したら、「なに!そのカメラ!?」ってな変顔写真になってしまった(笑)
しかしすごい広角レンズやねんね。
これからの海の写真、かなり変わりそうです。
使いこなせるかな。

CATCH SURF Beater 欲しい!しかしほんまに使うか~??

 火曜から準備で鳥取県米子に入り、昨日からの会議は無事に終了しそうだ。
明日の朝の解散まで、このままな~んも問題起こりませんように~…(_ _)


 “一家に一本、楽しみ無限大”言わずと知れた超人気モデル『ビーターちゃん』。子どもからお年寄りまで、全方位よろこびボードです。(笑)
こないだ、なーさんに借りて乗ってみたCATCH SURF Beaterが欲しい!
想像していたとおり、むちゃくちゃ妙なサーフボードで、なんか奥が深そうで興味津々。
実際に乗ってみたら、独特の浮遊感が面白すぎて~(@^▽^@)


 このサーフボードなら、夏に海水浴規制が掛かってボディボード天国になっている、あのポイントやそのポイントの、がら空き波を楽しむことが出来るのだ~ってことが一番の魅力♪
二番目の魅力はやっぱその独特の乗り心地、なーさんのはシングルフィンやったけど、おそらくフィンレスだともっとこのBeaterの魅力倍増な気がするねん。
こないだはあんまり上手く乗れなかったけど、たぶん、ボディボード的なレールやボトムの使い方が出来たら、もっと面白くなりそう!
BEATERの魅力を伝える動画はこちらから→http://www.nakisurf.com/brand/catchsurf/beater/


 NAKI Surfで正規で購入するとツィンフィン仕様は、7月入荷予定で税込み37800円、アメリカなら$179.99…(~_~;)
欲しいな~、しかしほんまに使うかな~、悩むな~?
孫の波乗りデビューの時が来るまで我慢かな~。

大阪サーファーあるある


 こないだの高知トリップの時に、なんとなくこんなことを考えていた…「大阪サーファーあるある」。
こないだは大阪あるあるやったけど、今回は「大阪サーファーあるある」やで。

『ハイエース率が高い』
 長距離移動が必要で、車内にサーフボードや海生活用品を積まなくてはならないし、そして仮眠や車中泊もよくするので、ワゴン車は必須で、もっとも人気があるのは当然ハイエース。海のそばに止めてあるハイエースは大阪はじめ関西ナンバーがほんまに多い。湘南でもごくたまにハイエースを見かけたら、たいがい関西ナンバーだ。

『欲しい車に乗れない』
 ほんとはスポーツタイプの車とか、こだわり車とか、維持費を考えて軽四とかコンパクトカーがいいのだけど、どうしても快適なサーフトリップを考慮してしまって、車の選択肢が狭くなる。関東サーファーの車ってクラシックカーとかスポーツカーとかこだわりの名車とかで個性豊かであるか、軽四とかハイブリッドのファミリーカーとか経済性重視かのどっちかだ。だって関東サーファーは朝に家を出て波乗りしたあと午後には帰ってくるので、車の中で寝るということを考慮する必要が無いからだ、関東は選択肢広いわ~。

『快適に眠れるように車に積んである寝具にはこだわる』
 というわけで大阪ーサーファーは車の中で寝るということが普通なので、快適な睡眠のために寝具とスペースは重要。暑いときにも快適に眠るため、カーテンとかスダレとかも重要。

『お小遣いの大半はガソリン代と高速道路代に消えている』
 片道数百Kmの移動が当たり前な大阪サーファーにとってもっとも痛い出費…。ETCの割引制度の変更とかガソリンの値段の動向は、日経平均株価や円ドル相場よりも気になる。この経費を軽減するために、グループで海に行く、高速道路を極力使わない、宿泊代を浮かすために車中泊にしたり食費を抑える、などの涙ぐましい努力も伴う。

『オールナイトで飲むことなんてめったにない』
 なんせお休みの前日の夜は海までの移動のために徹夜で車を走らせているのが普通。なんせ真夜中はETCの割引もあるし、道路も空いているし、浜での滞在時間も稼げるし…。サラリーマンの場合、大阪サーファーであるが故に付き合いが悪いということで出世レースから外れてしまうというおまけまで付いてくる。

『車にはお湯を沸かすなど調理道具が積んである』
 駐車場での食事のために、加えてお小遣い節約のために、カップヌードル用に最低限コンロと鍋(またはヤカン)は絶対、さらにちょっとした料理が出来るくらいの調理道具は必須。いつでもBBQが出来るくらいのセットを積んでいる人も少なくない。

『クーラーボックスも積んである』
 酒飲みの大阪サーファーの場合、そのクーラーボックスは巨大になる。関東サーファーは朝に家を出て波乗りしたあと午後には帰ってくるので、浜で飲むことなんて基本無いのでクーラーボックスは不必要なんやろね。

『距離に関する感覚が麻痺してる』
 感覚的に、100kmという距離単位は「うちのそば」、200㎞は「うちの近所」、300kmでもへっちゃら…。大阪サーファーの年間走行距離は、2万kmなら少ない方、3万kmは普通、4万kmは強者、この年間走行距離は話題に出ることが多く、長ければ長いほど自虐的な自慢の種。ちなみにこないだ廃車した自分のエスティマは13年で36万km強。

『職場に旅のお土産を買うべきかどうか毎回悩む』
 同僚が伊勢・和歌山・丹後や若狭・徳島などのお土産を買ってきていたりすると、自分は「そんなんやったら毎週買わなあかんやん!」ってなってしまって、どうしたらいいのか葛藤してしまう。ちなみに自分の場合の基準は「休暇を取っての3泊以上かつ片道300km以上」のときにだけ土産を買うことにしていた。

『海のそばに住んでいる人がうらやましい』
 ウェットスーツのままさくっと波乗りしてそのまま帰って行くというローカルのことが、羨ましさを通り越して妬ましくあり腹立たしい。その人が上手だったりすると心の中で「そら、こんな環境で毎日Surfingしたら上手なっても当たり前や!」と毒づく。(しかし実はこれは必ずしもそうで無くて、海近くに住んで知ったが、ローカルは気軽さ故に波乗りに執着心が無く、よほど思いと気合いが無いと上手くならないようだ)

『移住を考えたことは少なからずあるが実行しようとは思わない』
 海のそばに住もうと時々思ったりするが決断まで至らない。その理由は、大阪サーファー故に大阪が好きすぎて離れられない、大阪人であるが故に他の土地で大阪人が馴染める気がしない、いろいろなところで波乗りする週末ジプシー生活が実は気に入っている、などなど。実際に、生粋の大阪人サーファーで、若い頃の数年間だけ籠もったりする人や、海のそばとの二重生活をしている人はいるが、根っこから移住している人って意外と少ない。

『人生のライフイベントは、波乗りにとって大きなハードルになる』
 進学就職、恋人が出来た、結婚した、子供が出来た、子供が学校に行った、学費が掛かるようになった、親の介護、離婚した…人生の節目節目でサーフィンから離れてしまう(離れざるをえない)、サーフィンに戻ってくるという大阪サーファーがものすごく多い。その危機感があるからパートナーや子供たちに一生懸命にサーフィンの楽しさを伝える、このミッションに失敗すると、自分のこれからの波乗り人生が、大きく左右されるから…(~_~;)

『毎週海ばっか行ってると「役にたたんなあ」と嫌みを言われ、たまに家に居ると「邪魔やからどっか行ってくれたらええねん」っと言われて「どないしたらええねん!」って心の中で叫ぶ』
 解説はなし。ん?うちだけ?

『台風はあんまり嬉しくない』
 実は大阪サーファーは台風が嬉しくない(週末サーファーはより顕著にうれしくない)、いつものポイントはクローズアウト、クラシックポイントは上級者やローカルの独壇場となり入れない、台風の時にだけ波乗りできるポイントはポイントパニック、飛行機や船を使ってのトリップを計画していた場合、せっかくの旅のスケジュールが危うくなる…などなど。

でも、『大阪サーファーであることが誇りである』
( ̄∇ ̄)v


 来週14日(木)のLOLA波浪チャート、フィリピンでカットバックしてくる台風6号と、おそらく台風7号になるであろう熱帯低気圧の動向に注目。
湘南って、伊豆半島と三浦半島に囲まれた扇形の内海ってことがあって、ダイレクトに波が入って来るうねりの向きが狭くて、そして人工物や浜の向きが多彩なので、クローズアウトするポイントが増えても、クリーンな小波ポイントも多くて、エキスパートから初心者まで、いい具合に散らばって波乗りが楽しめてしまう。
そら、湘南サーファーは台風喜ぶわ~ってのは平塚に住んでみて初めて知ったことだ。
ちなみに自分は、来週は火曜から金曜まで鳥取県米子に出張やねんなあ…、自分にも、いい波、あたりますように…(ToT)

湘南の冬の水温はずいぶん暖かいと思う大阪出身じいじサーファー


 この土日は徹底的に「じいじ」やったった~v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
金曜の夜に大阪の家に帰ってきて体調を整えて、土曜は朝8時半に孫を受け入れ、長女が仕事から帰ってきたのが18時半、それから4人で晩ご飯を食べに行って21時にお別れ~ヾ(=^▽^=)ノバイバァイ
本日も8時半に迎え入れて、19時半に長女が迎えに来るまで、どっぷりじいじ。
昨日はお散歩2回、今日はお散歩3回、お風呂も一緒に入って~泣く泣くお別れ~娘に孫を引き渡す…(*T▽T)ノ~~ マタネー♪
明日は5時半頃に京阪電車に乗り込んで、9時までに品川の職場に出勤だ。

 昨日・今日の週末は、仕事や行事でもないのに珍しく湘南を離れたが、気になる波は、どうもまったく駄目なようだったので、一安心(笑)
そもそも湘南って、前にも何度も書いていると思うけど、冬型の気圧配置が影響して南西風で波が立つので、冬の太平洋側やのに意外に波があるってことが、未だにほんま不思議、これは御前崎以西、九州太平洋岸まで絶対にない状況やから。


 ところで今年の湘南で気になっているのは、今年の冬はいつもより水温が高いのではないかということ。
気象庁が発表している日別海面水温、2月21日のデータだが、左上は2015年(今年)、右上は2014年、左下は2013年、右下は平年値で1981年から2010年の平均値との比較。
この図は、少なくても去年は冷たかったってのは解るが、でもざっくり過ぎてよく解らない。
で、自分的には今シーズンは基本的にブーツが不必要な水温だと思うので、感覚的なことになるけど、例年より水温が高いんだと感じる。
ドライスーツで波乗りしている人、ブーツだけでなく、グローブやヘッドキャップ装着の人もたくさんいて、「いやいや、そんなん要らんやろ~、大袈裟やろ~、どんだけ寒がりやね~ん!!(メ  ̄ ̄)ノ))”(||||▽ ̄)アウッ!って突っ込みたくなるくらい。

 そもそも湘南って基本的に比較的冬でも水温が高いねんけど、それは内海やからかな~。
内海は水温が高いというのは、昔、季節は7月やったけど、福島・仙台で初めて波乗りしたときに、各地の水温が、緯度が南の福島ではラバーフル・ブーツなのに、北の仙台ではトランクス・たっぱと、すごいウェット指数の差を感じたことがあって、これってけっして緯度の関係ではなくて、海流と地形の関係なんだ~ってことで、仙台は内海なので水温が福島より高いのだってことを当時仙台のローカルの皆さんに教えてもらって勉強した。
この内海水温高い理論てのも、こりゃ西日本サーファーにはわからん理屈、これって深いな~!

 この図を見ていたら、和歌山南部のリーフブレイクで、暖かい水温で思いっきり波乗りしたいな~って思う…(基本的に冬は和歌山は波立たないねんってことを前提とした空虚な理想(笑))

湘南Surfingポイントに全部入水を今更ながら追求してみようと思った2015


 昨日、正月以来、久しぶりに孫に会えた~。
13時頃終わった京都での行事のあと仲間とうっかり飲みに行ったのが長引いてしまって、家に帰るのが遅くなって、孫との交流時間は30分だけやったけど…(;ω;)
1歳半になった、正月以来ぶりやったけど、言葉、動き、感情、このちょっとの間の成長ぶりがびっくり、確実に人格が形成されていて、そしてアイデンティティが作られている。
これから数年間で、彼の性格ってのが醸成されていくねんやろな~。


 ところでふと思ったが、平塚に住んで2年4ヶ月、スタンプラリー的なことが大好きな俺にして、そういえば、湘南のサーフスポットって、全部を波乗りしていないことに思うに至った。
今年2015年、全部のポイントで波乗りすることにしてみる~、できれば各々のポイントでは、いいコンディションの時に~!

【鎌倉】大崎、カブネ、玉石、材木座、由比ヶ浜○、稲村ヶ崎、姥ヶ谷、への字、七里ヶ浜、ロア、峰ヶ原、コジキ、鎌高前○、一本松、恵風前○、腰越漁港、江ノ島ハーバー、大六
【藤沢】鵠沼○、水族館前○、マック前、引地川河口○、スケートパーク前○、船前、松波地下道前○、湘洋中前、歩道橋前(スエヒロ前)、辻堂正面○、辻堂橋前、辻堂第2駐車場前
【茅ヶ崎】クソ下、チサン(汐小前)○、チーパー、パーク○、裏パーク、正面、白樺、ユースホステル前、ショップ下、サザンビーチ、カボチャ○、西浜○、柳島○、馬入○
【平塚】生コン○、コート前○、サーフ90○、プール下○、袖ヶ浜○、虹ヶ浜、花水川河口○、レストハウス前○
【西湘】磯高前、大磯、源二、酒匂川河口、早川、吉浜○

インフレータブル・サーフボード = 空気で膨らますサーフボード


 夏にサーフィン雑誌で見て衝撃を受けた、空気で膨らますサーフボード。
SUPボードでは、奄美大島で使わせてもらったのだけど、ショートボードまであるとは知らなかった!
先日、ふと気になって、誰か使った感想を書いていないかネット検索しまくったが、1件も見つからず…。


 ものは、これ→「【C4 WATERMAN】iBLOWFISH 5'11" ツインフィン」ほかに7'0"8'0"もあるようだ。
スペックは、5'11” x 21" x 3" (180.34x53.34x7.62cm)、重さ:4.5kg、容積:46リットル、フィンはツインセットアップ(FCSフィンにも対応)、付属品としてエアポンプ、収納バッグ、フィン。
C4ウォーターマン製品のすべては丈夫で、軍事的にも用いられている二層PVCで作おり、各製品の内部で何千ものファイバー繊維が形状を保持し、ハードボードに近いパフォーマンスを発揮するとされ、また、それ以前のボードには見られない耐久性を実現、それらの継ぎ目は、単に接着剤を使用する他のインフレータブルSUPとは異なり、高伸張性のファイバー繊維で縫われ、はるかに頑丈でより堅く、14~18PSIに耐えることができる…そうだ。
で、使った後は、空気を抜き、本体をそのまま巻いてバックパックの中へ!ってことでサーフトリップに最適なんだって。

 ちゃんと波乗りできるなら(いや、独特のおもしろさがあるってのでもいいのだけど)、出張の時にはスーツケースに忍ばせておいて、空き時間にいい波見つけたらちょっと波乗りってのが出来るのだけどなあ。
誰か使ったことある人、いないか?
プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR