もっともかけがえのない同級生の一人、奥敏也の葬式やった

 今日はメーデー中央集会に行くはずだったが、16歳からの友人が水曜の夜に亡くなって、本日がお葬式となったので、メーデー参加は勘弁願って、昨日、大阪に帰ってきた。
奥敏也、高専の1年の時に、機械科で仲良くなった奴がいて、そいつの中学生の時の友だちと山盛り仲良くなったうちの一人だったってのが始まり。
16の頃はバイク、その後は、俺は波乗り、奴は車と、分かれたが、なぜかとことん気が合って、また奥の彼女と、俺の妻が、ものすごく仲良くなったってこと、そして家も近かったってことで、むちゃくちゃ仲良しだった。
うちの娘が通っていた保育園が、奥の妻の幼稚園と隣り合わせやったり、奥の長男をうちの娘らが大好きでしょうちゅううちで預かっていたり。
うちの娘が小一になる頃に、うちが引っ越して、少し離れてしまったけど、それでもつかず離れず、しょうちゅう家族ぐるみで一緒に遊んでいた。
しかし、自分が労働組合の専従役員となってから、平日は仕事、週末は波乗りってなってしまってから、あまり絡まなくなっていたが。


 昨日のお通夜には間に合わなくて、今日、お葬式に参列、葬儀場に、こんな思い出コーナーがあった。
車が大好きで(カートレースにのめり込んでいた頃があって、その頃、巻き込まれて中古のカートを無理矢理買わされて、カートレースに付き合わされたこともあったな)、最近では、フェアレディZをリストアしていた(一度乗せて欲しかったな~)。


 その思い出写真のとこの「大好きだった家族」のとこに、奥と俺とうちの長女とうちの妻の後ろ姿の写真が、1枚混ざっていた、おたがい27歳頃かな。


 最後のLineでのやりとりは、昨年の5月、最後に会ったのはずいぶん前、なんやろ、「近くにおるし、いつでも会える」「いつ会っても、いつでも昔のまんま」って確信があるから、お互い、積極的に会おうとしなかった気がする。
たまたま、奥の妻が、こないだの日曜に、鎌倉旅行に来てて、鎌倉と平塚が近いことに気付いて連絡くれて、Lineや電話で湘南の食事&観光情報を伝授しつつ、GWに久しぶりに一緒にメシ食おうか~ってな話しをしていた。
しかし、その続報が「訃報」だった…、なんでやねん。


 奥敏也の、写真を探したけど、10代の頃の写真がどっかにあるはずが探しきれず。
見つけた一番古い写真が、1992年に、友人の結婚式の二次会で撮った、うちの妻との2ショット写真だった。(「対」のように奥の妻と俺との2ショット写真がある(笑)いつもそうだったな。)
奴との昔のこと、いろいろ、ぐずぐずと思い出すんだが、すべての奥の顔は、ちょっとはにかんだような笑顔。
怒ってるときもあるんやけど、自分の思い出にすり込まれているのは、怒っているときもちょっと笑ってるってな顔。
同級生の友人を亡くすのが初めて…、こんなに辛いことなのか…と思い知った、51歳は早すぎるやんな。
なんやろ、「近くにおるし、いつでも会える」「いつ会っても、いつでも昔のまんま」って確信があるから、お互い、積極的に会おうとしなかった気がする…、って思ってたことを、今、ほんとうに後悔している。
奥、俺も妻も、かずんも、きっと岡田もかけっちも中村も、ほかの友だちたちも、まだしばらくそっちに行く気はないから、しばらく寂しいやろうけど、でも美味しいお店探しつつ気長に待っといてなww
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR