ムーンライト 様々な問題が絡み合いつつ描かれているが、淡々としていて、ちょっと気を抜くと睡魔が…


【16うち試写会1】早起きして出勤前サーフィンしようと思う朝は多いのだが、起きた瞬間にスマホで波情報を見るまではするんやけど、布団から出るまでには至らない…、春眠暁を覚えず(-_-)zzz

 マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

 ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ、マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追うという映画。
第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚色賞を受賞したという作品ということで、それ以外の予備知識は全くなく鑑賞。


 「1.リトル」(少年期、シャロンのあだ名「リトル」、キューバ人のクラック・コカイン売人であるフアン(演:マハーシャラ・アリ)が自分とガールフレンドのテレサ(演:ジャネール・モネイ)が暮らす家へ連れて行く…)、「2. シャロン」(思春期、ティーンエイジャーとなったシャロンはいじめられる毎日を送っている、母ポーラ(演:ナオミ・ハリス)は薬物依存に陥り、ヤク代に困って売春婦として働いている…)、「3. ブラック」(青年期、大人になったシャロンは、アトランタで薬物の売人として暮らしており、「ブラック」との通り名で知られている…)の3幕構成となっている。


 イジメ、家庭内暴力、ネグレクト、麻薬、貧困、人種問題、LGBT…、様々な問題が絡み合いつつ描かれているが、ストリー展開は淡々としていて、ちょっと気を抜くと睡魔が…。
なんせ、ここから盛り上げたり感動させたりするような場面でも、そこへ至る前にプッツリと次のシーンへ切り替わってしまうので。
その手法が、ある意味、主人公の疎外感をリアルに伝えているのかも知れないが、自分的には、難しすぎる映画だった…。
ナオミ・ハリス、「素晴らしきかな、人生」とは真逆の役柄、あんなお母さん、やだ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR