ケータイ国盗り合戦でとうとう三位って地位まで来てしまった


 大阪の家に帰ってきて、頂き物の「マツバガニ」を食す…いやいや、そんな顔したって、君にはまだ早いで!

 「三位」、律令制下においては、従三位以上を「貴」と称し、また「星の位」ともいわれ、上級貴族の位階であった。従三位が中納言や近衛大将、大宰帥などと官位相当であるのに対し、正三位は大納言相当とされた。勲等との対比では勲一等に比する。鎌倉時代以降となると、正三位は征夷大将軍またはその世子が昇叙の段階で上る位階となり、鎌倉幕府二代将軍の源頼家が将軍宣下前に左衛門督に任官した際この正三位に叙せられ、江戸時代以降では、正三位はほぼ徳川将軍家または一門の当主のみが昇る位階となった。近現代の制度でも引き続き正三位と従三位が置かれている。


 んで、こないだのお休みの時に、茨城県の未制覇の国6つを国盗りしてきた!
これで525国を国盗り、三位の位階を授かることが出来、大納言、中納言、左近衛大将、右近衛大将、大宰師の称号を選べるということで、書記長社労士右衛門は中納言の階まで登りつめた!

 常磐線で牛久と土浦を盗って、つくばエクスプレスでないと盗れないと思っていたつくばが水戸駅までに盗れ、那珂も思い掛けずに水戸駅の手前で盗れ、そして日立を常磐線東海駅を過ぎたところで盗れ 水戸線に行かないと盗れないと思っていた太田も大甕駅の手前のすごい細かいポイントで国盗り出来たので、今回のミッションを常磐線だけで完了出来てしまった~ヾ(@^▽^@)ノ。
ちなみにこの6つの国盗りをするのに、平塚から往復で8時間を費やしたってことは、出来ればあまり気にしたくはない。

 これで、2010年2月14日、高知の四万十市の民宿のテレビ「がっちりマンデー」で知ったケータイ国盗り合戦も、600国中525国まで制覇した!
ってか、もう4年もやってるねんやん…ε-(;ーωーA フゥ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR