鶴橋焼肉の香り攻撃→ストライダーエンジョイパークまいしま→レストラン510




 金曜は三重県は津で仕事が終わり、そのまま帰省のため近鉄電車鶴橋まで帰ってきたら、晩飯は津で済ましたのに、ホームに降りたとたんの焼肉の良い香りにやられてしまって…ついつい串焼大門にチェックインしちまった…( ̄。 ̄;)
生センマイからスタート、もちろん生キャベツは無料、さーて串はハラミ、タン、バラ、ミノを「焼いてもらいます…」、が、残念ながら大瓶2本とたったこんだけで満腹や~(T-T)


 で、土曜は、長女家族と、舞洲にある「ストライダーエンジョイパークまいしま」へ。
大阪初のストライダーエンジョイパークで、195mのストライダー専用コースってことで、孫の疾走ぶり(またはへたれぶり)が見たくてやってきたのだが…。



 実はストラダーカップの映像なんか見てて自分は勝手にサーキットとかモトクロス場みたいなコースを想像していたのやけど、アスファルトの広場にパイロンでコースを作っているだけで、なんともしょぼい。
利用料は400円・同伴者は300円(税抜き)、駐車場は800円(ってことで2204円)、3時間ってことなんやけど、数十分で孫も親もじいじも飽きちゃって…。
でももったいないからへたばっている孫を鼓舞して走らせて、表彰台乗せて無理矢理写真を残したり…。


 誰もいないし(ほかの客も管理の人も)、勝手にパイロン並べてスラロームコースを作ったりして、なんとか孫を遊ばせる。
こんなのならわざわざ舞洲まで来なくても、近所の広場でコース作って遊ばした方がいいな、ってかここ、リピーターいるのかな?



 先日、なんと首を骨折してしまって(ハングマン骨折・歯突起骨折)入院してしまった妻の母を見舞いに行く。
思ったより元気そうだったから安心したが、首を固定する器具が仰々しく痛ましい。
リハビリは行っていて、寝たきりではないということに安心したが、年齢が年齢なので心配。
その後、病院を出て、内環状線沿い、深江橋にある「レストラン510」で昼食、このレストラン、自分の子どもの頃、たとえば卒園式の日とかなんか祝い事があったとき、来客との会食など特別なときなどに、家族みんながちょっと良い服を着て、食べに来る晴れの日のためのレストランだった。
自分と妻の結婚の際も、仲人さんの家で結納のあと、両家と仲人さんで会食したのもこのお店、昔は和食と洋食とかもあったかと覚えているけど、現在は中華料理(中国宮殿 伍福殿)とステーキハウス(510ステーキハウス)のみになってる、ちなみに、経営者が後藤さんだから510。
で、自分たちは、中華を選択、大人4人と孫とで、五目あんかけ焼きそば(ミニ麻婆丼付き)×2、台湾風担々麺(ミニ麻婆丼付き)、中華ランチセット、唐揚げ(ご飯・スープ・中華サラダ付き)、チャーハン、をほぼ完食、かなり食い過ぎ。


 子どもの頃、自分も見て喜んでいた店内中庭にある噴水を、孫も目を輝かせて見ているということに何気に感動、510、いつまでも存在していて欲しいなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR