マグニフィセント・セブン 七人の侍、荒野の七人、へのリスペクト感は、ひしひしと伝わってくる


【5】昨夜、買ったばかりの加湿器 超音波加湿器(アロマ加湿器)PETIT ウッドを使ってみた。
毎時280mlの加湿量をそのまんまフルパワーにしたら、なんと朝起きてみたら、寝室の床も布団もずぶ濡れ、一瞬、おねしょしたのかと焦った!
暖房を使っていない寝室では、フルパワーはやり過ぎのようだ、今夜は半分くらいで使ってみようっと。

 悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

 黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇、冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追うという映画。
年末やったかな、荒野の七人がTVでやってて観ちゃってんな~、興奮したやんか~もちろん。
ってなノリで観てもうたからな~、この映画、点数、自然と高いわな~。


 なんぼ南部戦争が終わった頃という設定であっても、主人公がアフリカン・アメリカンってのは、かなり無理があるし、そして、ネイティブ・アメリカンがおり、ヒスパニックも東洋人がおりと、この7人はなんとも民族混載(コーカソイド系も微妙に混在)。
今のアメリカの排他主義的な大統領に対抗して、包容力溢れるアメリカを、あえて描いたのか?

 アクションシーン中に、7人それぞれの個性を際立たせる見せ場がある。
それぞれに魅力的かつ判別しやすい性格を与え、さらに各自にその個性と結びついた得意な武器を持ち、それぞれの個性が引き立つユーモアと戦い方。
7人、皆にそれぞれに、感情移入してしまう、という演出は観ている方にとっては大迷惑、喜怒哀楽が7人分、襲ってくる!


 七人の侍、荒野の七人、へのリスペクト感は、ひしひしと伝わってくる。
でも、新たな切り口、新たなメッセージもふんだんに有り、リメイクということで片付けなくてもいい。
七人の侍、荒野の七人を観たことない人がどう感じるのかなということが、ものすごく気になるってのが、自分の感想。
最後に「荒野の七人」の主題歌が鳴り響く♪(ToT)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR