京都で俺を太らせた原因追及-その6-「タイキッチンパクチー・나그네 껍데기」篇



 もうずいぶん経ったけどまだまだ、続くよ、このシリーズ、今回入れてあと3回。
なんかいろんな差し入れもあるわ~、綺麗な白玉とかパンとか。
で、ある日のランチは、「タイキッチンパクチー(京都市上京区河原町通丸太町上ル枡屋町374番地 ローレックス田村一階)。
時間が限られてる!でもタイ料理を食べタイ!それもいろいろ!健康のためにサラダも!デザートも!…こんな方におすすめです。「旨い!早い!ビジネスランチ790円」ってなメニューがあって、何を食べたらいいか悩みに悩んだ末に、安直にこのメニューに至った。
グリーンカレーに、ガパオ(バジル)チリ炒め、トムヤムスープ、鶏の唐揚げ、野菜サラダ、ごはん、デザート(タピオカココナツミルク)に、トッピングで目玉焼き、ちょっとずつてんこ盛り~、美味しかったわ~、この店、あり!



 そしてある日の何度目かの「団結ホルモン」対策会議は、ドラム缶の焼き肉屋としてロックオンしていた「ナグネコプテギ(나그네 껍데기)(京都市中京区竹屋町大文字町242-5)」にて。
店頭にはハングルしか書いてないし、店内もハングルと日本語の併記で、テレビから流れている番組も韓国の野球中継やドラマ、なんも注文していないのにキムチが幾つも出てくるし、店員さんが日本語で接客してくれるから、かろうじてここは日本やと思えるけど、気を抜いたら、韓国の外国人をターゲットにしているお店と勘違いしてしまう。


 楽しみにしていた骨付きカルビは品切れ、丸腸と上ミノとハラミからスタート、と言っても店員さんが全部焼いてくれる。
最初に焼いてくれたのは丸腸、え?これってウィンナー?ってな丸ごと丸腸、これをきめ細かく世話をして最後にはさみで食べやすくチョキチョキ切ってくれて、ようやく見慣れた丸腸になった。
「さ~、食べてください」って言ってくれた食べ頃の丸腸は、今まで食べたこと無いくらいにふわふわで脂が乗ってて、噛むとジュワ~ッて小気味よく肉汁がしみ出してくる。
4人で2人前をオーダーしたことをここで後悔、ちんたら食っていたら、焼けすぎてきたのか、いつもの丸腸になっていってしまい、食べ頃と火が通り過ぎた差に落胆するほど、味の落差、学習したわ!
次に焼いてくれたのはハラミ、これも食べ頃まで上手に焼いてくれたが、焼き上がりにハサミでむちゃくちゃ細切れにされてしまい、途中で「大きめに切って」ってお願いしたけど、それでもちっちゃくなってしまって、これは逆に、切ってもらわなくてよかったかも。
さっきの丸腸と一緒で、時間が経つにつれて火が通り過ぎてしまって、せっかくの肉汁が全部でてしまうねん。
その次は上ミノ、これまでのことを学習して、食べ頃って言われた瞬間に、大急ぎでむさぼり食う。



 巻き野菜はゴマの葉とサンチュ、瑞々しいで~♪
マッコリ(本日はクムジョンサンソンマッコリ)を注文したら、アルマイトの薬缶と、小学校の頃の給食の食器みたいのが!
骨付きカルビが無かったので、牛バラ肉の焼きしゃぶ、これはこれであり~っ(*^▽^*)
チャミスルを注文したら、ずーっと世話してくれてた兄ちゃんがしみじみと「このお酒は韓国では『おとうさんの涙』と言います。韓国ではお父さんは家ではおかあさんの話しをずっと聞かなくてはならなくて、お父さんも仕事とかいろいろ辛いことがあるけれど家では誰にも話が出来なくて…。それで仕事帰りにちょっと寄り道して、このチャミスルを飲みながら、辛いことをはき出してから家に帰るのです」ってなことを話してくれたせいで、家庭持ち団結ホルモンを構成する5人中の4人は、どんよりしんみり…(苦笑)
いやはや、最後はほの辛い涙になっちまったが、美味しいお店やったわ~、ここも絶対にまた、妻を連れて来たいお店や! 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR