Surf & River Camp 初めての「もりやたかし」さんとこの檜原村~(*^▽^*)


【71 Firewire POTATONATOR 6'0】湘南、波、すっかり無くなった~、朝、西浜にて。
膝~もも下、インサイドブレイクでテイクオフしたら終わってしまう駄目波~。


 妙に肌寒くて、調子に乗ってトランクス一丁で入水したら、凍え死ぬかと思ったわ~、だもんで30~40分で退散っ(^_^)ノ""""


 で、午後は、あの「もりやたかし」さんの生まれ育って現在も住んでいる檜原村へ。
檜原村(ひのはらむら)は、東京都の多摩地域西部にある村で、島嶼部を除いた東京都の本州における唯一の村。
面積は105.41km²、総人口2,158人、人口密度は東京とは思えない20.5人/km²、第24回参議院選挙比例代表選挙、この檜原村での選挙当日有権者数2,120、投票者数1,458、投票率は68.77%(東京都内では4位)、もりやたかしさんへの投票は423.995票、なんと29.7%の得票率だった、にも関わらず檜原の皆さん、もうしわけありませんでした。

 で、檜原村に入る前、山びこ食堂(東京都あきる野市乙津712-5)にて軽く腹ごしらえ、よもぎのざるそばが美味しくて、山に来た~って気分上昇↑。
いよいよ檜原村に入村、予約してあったキャンプ場「ふれあい広場」(東京都西多摩郡檜原村3186 tel042-511-7527)にさんざん道に迷いながら到着し、荷物を下ろし今夜の寝床の設営を汗だくになって頑張った後、さ~っ、汗流しに北秋川で泳ぐで~っどっぽ~んっ!
めちゃくちゃ水が綺麗で透明度極めて高し、水温もひんやり気持ちよく、持参したボデーボードでリバークルーズを楽しむ~っ、のはずが水量少なく浅くて底ぶつかりまくりであんまりプカプカすいす~いってことにはならんので、バシャバシャ泳ぐのに徹する。


 深緑の渓谷美、しかしなんて綺麗なの、これが東京都内なんやで。



 キャンプサイトは、1区画1泊 2,500円(別途駐車料1泊1000円)で9サイトあり、けっこうゆったり目、キャンプサイトの下のところの河には、バーベキューをするための特設テラスサイトがあり、もちろんそこを使わなくても河原でも自由にBBQができるようになっている。
さらにその奥(下流側)には、プライベートリバーと称した私有地が河原にあって、そこは貸切BBQ場として占有できるようになっていて、利用者が無いときには、川遊びもできる。


 ここに水深3メートルほどの淵があり、その脇に大きな岩があって、下段・中段・上段の3段構えの飛び込みスポットになる。
ただ一番上から飛び込むには、ちょっと助走つけないと、岩にぶち当たりそうでとってもスリリング!


 実は水着を持っていくの忘れて、履いていたトランクスのまんまで水遊び、おかげでなかなかトランクスが乾かず、夜の宴会中、一人ぶるぶる震えていた…。


 ところで、このキャンプ場、特筆すべきことは、キャンプ場とは思えないほどトイレが綺麗ってこと、なんとウォシュレットまで完備、そしてシャワーは温水使用可能でなんと無料!
オーナーに話しを聞くと、昨年譲り受けたばっかだそうで、みんなでいろいろ手を加えて今年の5月にリニューアルオープンしたとのこと、まだまだ知れ渡っていないから、海の日を含む3連休なのに、2日前に予約を取れたし、自分たちが利用した17日は1サイトが空いていたという、かなり穴場キャンプ場だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR