10 クローバーフィールド・レーン 続編となっているが、これは前作とはまったく別物


【25 うち試写会5】 ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目覚めると、自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。その日を境に、彼女を助けたと主張するハワード(ジョン・グッドマン)とエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)との奇妙な共同生活がスタートする。ミシェルは、外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。


 J・J・エイブラムスが製作を担当した異色スリラー、思いがけずシェルターの中で過ごすことになった男女を待ち受ける、想像を絶する出来事が展開していくという映画。
いちおう、「「クローバーフィールド/HAKAISYA」の続編となっているが、これは前作とはまったく別物。
続編については、同作公開後すぐに製作が決定し、同じ時に別の場所で起きていた事が描かれると報じられていたけど、しかしこういう作品になるとは誰が予測しただろう。
たしかに大きな分類で言えば同じサバイバルものではあるけど、もはや、小ジャンルは別モノ、ガチな密室サスペンス劇。


 いきなり、メアリー・エリザベス・ウィンステッド演じるミシェルが地下の密室に閉じ込められる。
主要キャラクターは、このミシェルと、他には、ハワード(ジョン・グッドマン)とエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)の2人の男性のみ。
何が真実で何が嘘なのか…、観ている方にとっても、主人公のミシェルにとっても、疑心暗鬼の状態のまま、緊迫した駆け引きが展開されていく。
奇をてらうことなく、不安と恐怖に寄り添わせ、そしてクライマックスに向けて一気に解放するという演出の緩急がお見事。
1時間44分、あっという間だったが、ずっと緊張しっぱなしで見終わった後はもうくったくた、J・J・エイブラムス、さすがだ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR