何が起こってるのだろう…、地球に。


 私鉄総連は、本日の2016年新春旗開きから始動。
来賓としてお越し頂いた、逢見連合事務局長、住野交運労協議長、赤松民主党最高顧問、吉田社民党党首、阿部田全労済常務執行役員、上杉日本バス協会会長からご挨拶をいただき、そして乾杯してから、私鉄総連準組織内議員である辻元清美衆議院議員が、森屋たかし必勝と年末の朝生での「ライドシェア」(国民を危険にさらす白タク合法化の動き)に関して竹中平蔵とバトルしたことなどについてスピーチ。
とにかく私鉄総連は、夏の参議院選挙予定候補者である、「森屋たかし」を当選させるべく、頑張るっ!


 ところでこの年末年始が異常に暖かかったってことが世間では話題になっていたが(自分もこの冬まだスーツの上にコートは着たことがない)、この冬の海水温の高さも異常なのだ!
この図は、気象庁が公開している、人工衛星とブイ・船舶による観測値から解析された海面水温、18度のラインが未だに相模湾を覆っている。
昨年も水温高いよね~ってブログで書いたが(湘南の冬の水温はずいぶん暖かいと思う大阪出身じいじサーファー)、この冬は昨冬よりもさらに暖かいのだ、データ的にも体感的にも!
年末からセミドライで入っているが、でも3㎜のジャージフルでもぜんぜんへっちゃら、ブーツやグローブなんて不必要、実際、友人はいまだに3㎜ジャーフルで快適にsurfingしている!(セミドライを持っていないからかもだけど)


 一昨年の2014年は、2004年7月~2005年8月に起こった黒潮の大蛇行により平年より冷たかったが(これもブログに書いてた、黒潮~カムバック~)、この冬は2014年なみに、黒潮がかなり南に蛇行しているのにも関わらず、水温が高いのだ。
だからこないだみたいに明け方の海で、高校生くらいの女子がスカート脱いで、おパンツで泳げたのかも!!(゜ロ゜屮)屮


 これは、海面水温の平年値との比較、平年値は1981年から2010年の平均値で、1~2度も高い。
黒潮蛇行による「冷水塊」(黒潮大蛇行が発生すると、蛇行した黒潮と本州南岸の間に下層の冷たい水が湧き上がる現象)ですら、平年水温と変わらないということは、冷水塊ですら温度が下がっていないのだ(冷水塊になっていない)。
気温と違って、海の水温は一日中ほとんど変動しないので、この1~2度の差ってのは、気象や海の生態系にものすごく影響がある。

 何が起こってるのだろう…、地球に。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR