ガンバ大阪 えらいこっちゃ~!

年間3位G大阪、下克上で浦和を破りCS決勝進出…藤春が延長劇的ボレー弾
 AFCチャンピオンズリーグは準決勝で敗退、ナビスコカップは決勝で敗退と、すでに2つのタイトルを逃してしまったガンバ大阪。
Jリーグも年間順位自力3位が消滅した最終戦、山形に完勝、FC東京がスコアレスドローってこっとになって、転がってきた年間3位で、来年のACL挑戦権を得、そしてJリーグのチャンピオンシップの出場権も得た。
そして迎えた2位浦和との準決勝では、1-1の延長後半13分、丹羽のバックパスがひがしの頭まで越えてゴールへ…!?
しかし、そのボールは左ポストを叩いてくれるという奇跡!?(観ていた人全員がやられたと思ったはず!)
ポストに跳ね返ったそのボールを東口が拾い、右サイドのオ・ジェソクへパス、オ・ジェソクが中央の遠藤につなぎ、遠藤がダイレクトでパトリックへパスし、パトちゃんからのパスをエリア右横で受けた米倉のクロスを、ファーサイドの藤春が右足ボレーシュートで「勝ち越しゴール!」っていう、これまたとんでもない劇的な形で勝利してしまい、年間1位のサンフレッチェ広島との決勝戦に駒を進めてんっ!!!(゜ロ゜屮)屮。
観戦しに行きたかったなあ…、チケット取り損ねてしまったことをほんま悔やむ…。

 ガンバ大阪は、来年、4万人収容の新スタジアムに移ることになっている。
現在のホームスタジアムの万博記念公園陸上競技場の収容人数は21,000人で、実は、ガンバ大阪はこんなに強くなったのに、この21,000でさえなかなか満員にならない。
是非、広島を破ってJリーグ優勝、そして勝ち進んでいる天皇杯も獲って、V2で、来年の新スタジアム毎試合満員御礼への弾みをつけてほしいな!
このスタジアム、正式名称は「市立吹田サッカースタジアム」。
このスタジアムの建設費用のうち、toto等の助成金を除く全額を「スタジアム建設募金団体への募金」により賄っており、「市立吹田」ってところはちょっと違うのだが、ここは大阪人の「生きた金の遣い方」そのもの、「ほれ、あげるわ」って、ごちゃごちゃ言わんと、スタジアム建設募金団体から吹田市にスタジアムがを寄贈したってん。


 これは先日掲載された東京新聞の記事なんだけど、環境的にも利用者利便にも、そしてお財布にもやさしいほんとにいいスタジアムのようだ。
ちなみに工費は144億円、今、問題になってる新国立競技場って桁が一個ちゃうんやん、ってか、すったもんだで無駄にしたお金で、この新ガンバスタジアムが何個か作れるやん!(-.-#)
同じ東京新聞の11月24日の記事にこんなのもあったけど、ほんまそうやわ~、いったいぜんたい誰が儲けてるねん…。
五輪ボランティアの「善意」に頼りすぎ? スポンサー収入の還元必要
 2020年東京五輪・パラリンピックに必要なボランティアの募集キャンペーンが展開されている。商業主義の波に洗われた今も、大会運営は無償のボランティアが原則である。だが、運営費の源泉となるスポンサー収入は、従来の「一業種一社」の枠が外され、過去最大規模に膨らみそうだ。「もうけ」は使われるべきところに使われるのか。ボランティアの善意が、五輪ビジネスに利用される心配はないのか。 (木村留美)

 自分も、来年、ゴールデンウィークに大阪に帰った際には、新スタジアムでガンバの試合を観戦できるかな~(*^。^*)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR