というわけで、最近、荻原浩にはまっております。


 今朝、11月22日投開票の「大阪府知事選挙」の不在者投票を、今いるところの選挙管理委員会にて済ませてきた。
ところで、うちの事務所の職員さんたちの労組が設置しているミニ図書館にあった、荻原浩という作品を片っ端から読んでみたが…。

 ハードボイルド・エッグ、一番最初に読んだのがこれ。
「フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」こと最上俊平。だが、持ちこまれるのはなぜかペットの捜索依頼ばかり。そろそろ変わらなければならない。しかるべき探偵、しかるべき男に。手始めに美人秘書を雇うことにしたが、やって来たのはとんでもないナイス・バディ(?)な女で……。」ってな物語。
幼稚な筆致に思えて、笑えそうで笑えないギャグ満載なのに、なぜか読む気が失せない不思議な魅力な物語、でも読み終わったとき、もしかしてハードボイルドの傑作ではないかと、うっかり勘違いしそうになった。

 誘拐ラプソディー、次に読んだのがこれ。
「伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう―。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?」
任侠の世界と、チャイニーズマフィアの、マニアックな業界通なことを発揮しつつ、見事な人情話、たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。

 母恋旅烏、3冊目がこれ。
「レンタル家族派遣業というけったいなビジネスを営む花菱家は、元は大衆演劇の役者一家。父・清太郎に振り回される日々に、ケンカは絶えず借金もかさみ家計は火の車。やがて住む家すらも失い、かつてのよしみで旅回りの一座に復帰することになったのだが…。はてさて一家6人の運命やいかに!?」
5人家族、それぞれの目線で描かれていく、オムニバス映画のような小説で、大衆演劇って世界を深掘りする、今まで読んだこと無いテーマ、たっぷり笑いたっぷり泣かされる。

 メリーゴーランド、4冊目。
「過労死続出の職場を辞め、Uターンしたのが9年前。啓一は田園都市の市役所勤務。愛する妻に子供たち、あぁ毎日は平穏無事。…って、再建ですか、この俺が?あの超赤字テーマパークをどうやって?!でも、もう一人の自分が囁いたのだ。“やろうぜ。いっちまえ”。平凡なパパの孤軍奮闘は、ついに大成功を迎えるが―。」
地域振興に取り組む地方公務員のおかしくて哀しき奮闘を描くという、「宮仕え」について、笑って怒って、時々しんみり…、ニッポン中の勤め人の皆さん必読的なお話し。

 コールドゲーム、5冊目。
「高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく……。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前、クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが――。」
学校のいじめの深層をえぐりつつ、やるせない真実、驚愕の結末を導きながら、高3の終らない夏休みという大人でもない子供でもない、あの、かけがえ無い時を、見事に描ききる、青春ミステリ。

 、6冊目。
「『レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって』。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。」
衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンスであり、警察機構の深層部を描写する骨太な刑事物。

 なかよし小鳩組、7冊目。
「倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。ところが、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略、というとんでもない代物。担当するハメになった、アル中でバツイチのコピーライター杉山のもとには、さらに別居中の娘まで転がりこんでくる。社の未来と父親としての意地を賭けて、杉山は走りだすが―。」
これもやくざ絡みのお話でありつつ、作者がコピーライターだったていう経歴を発揮しての広告業界を描く、気持ちよく笑えて泣ける。

 裏社会・広告業界・警察機構・地方自治体・大衆演劇・探偵業、と深堀する業界がバラバラで、さらに、コメディ・青春もの・ミステリ・ハードボイルド・人情もの・ビジネス小説とほんまにジャンルがバラバラで、この作者の頭のなかってどうなっているんだろう!
しかも、いろんな意味で勉強になったりもするし。
というわけで、今更ながら、最近、荻原浩にはまっております。

      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR