アントマン とってもとってもスケール小っちぇ~(笑)


【51 うち試写会11】爆弾低気圧による荒天と様々な障害が重なって、今朝の東海道線のダイヤめちゃくちゃ~、9時から会議だったのでいつももより早めに部屋を出たし、座ることを諦めて目の前の電車に乗ったのだけど、品川駅まで座れず、そして遅れてるからギュウギュウ詰めで、そして品川駅には30分近く遅れて到着。
さらに、山手線が止まっている影響で電車からホームに降りたところで動けなくなり(上のコンコースが人で埋まっているため)、けっきょく電車降りてから改札を出るのに20分近くを要した、朝から酷い目に遭ったよ~、当然、会議には遅刻しました(俺より遅刻した人がまだ2名居たけど)。

 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。

 マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクションもの、体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑むという映画。
前科持ち・バツイチ・無職・養育費も払えないというどうしようもない男が主人公ってことで、最初、なかなかスコットに感情移入できなかったけど、いやいや実は実は、彼は大企業の不正を告発したせいで仕事も家庭も失ったってことが解ってから、娘の愛しまくってる姿も含めて好感度アップ。


 ギャグは基本的にべた、適度にバイオレンスあり、スパルタ訓練あり、ドロドロとした武器商人のブラックさあり(スタークがそこに上手く絡む)、アヴェンジャーズも絡む、ちょろっとラブロマンスもあって、そして列車アクションまであり(ただし機関車トーマスだが…)
仲間が貧困層の窃盗団でとってもいい奴らってのも楽しいし、なんといっても正直者がバカを見る今の世の中で、ちっぽけなヒーローが巨大な悪を正すというストーリーが痛快!


 主人公の願いが「世界平和」だとか「悪を倒す」とかでなくって、とにかく「娘にとって誇らしい父親になること」ってのは泣かせるぜ~。
とってもとってもスケールの小さいヒーローアクションもの、おもしろかったよ~、べたに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR