鮫騒動の茅ヶ崎Surfing、そして70年の終戦記念日


【95 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】出掛ける時間からの逆算を間違えて、のんびりしすぎてしまってたことに気付く、慌てて浜へ。
柳島、膝もも、パワーも無くてだらだら~っと崩れてしまって、ショートライドばっか~。


 神奈川・茅ヶ崎沖にサメ10匹 遊泳禁止に NHKニュース 08月14日 14:15
 昨日、こんなニュースが流れて、茅ヶ崎のサザンビーチを初め平塚・鎌倉の海水浴場が遊泳禁止になった。
写真の奥に写っているえぼし岩周辺で、航行中の漁船が体長約1.5メートルのシュモクザメを確認した、10頭ほどが群れをなしていたらしい。
でも、シュモクザメ(ハンマーヘッド・シャーク)って、自分より小さな魚とかエイとかが主食で、人を襲うってことがないだろうと言われている鮫。
ちょっと過剰反応で無いかなあ…、でもばったりシュモクザメに海の中で遭遇したら、慌てふためいて大パニックになるけどね~、きっと…(゜∀゜;ノ)ノ


 本日、2015年8月15日は戦後70年の終戦記念日。
今年も自分は千鳥ヶ淵戦没者墓苑へ、戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会に参加、正午の黙祷、今年も暑い日だった。
安倍自公政権が、立憲主義・憲法9条・民主主義を壊して暴走を続けている今、憲法に基づく平和と民主主義を守り抜かなくてはならないと、今日再び、思いを強くした。

【日本国憲法 前文】 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR