ちなみに自分が波乗りを始めたのは1982年4月1日



[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTlAy/cuOMgDTvbMtIJhMjAyZjQ1MmAwCbjAg0]

 「日本サーフィン伝説 坂口憲二が日本のサーフィン史を辿る」。
WOWOWで放送されたのかな、ものすごく見応えのあるドキュメンタリー。
自分より10~20歳くらい上の世代達が、切り開いた日本のサーフィンカルチャーが、素敵に紹介されている。


 自分が生まれた頃なのだ、日本のサーフィンの黎明期は。
自分が波乗りしだした子供の頃に、業界とかで大人だった人たちが、まさに日本のサーフィンのレジェンド達だったのだ、ということを改めて再確認。
何もないところから新しいことを生み出す人たちってどんな世界でもすばらしいのだけど、この人達も凄い!

 大阪で万国博覧会が1970年3月14日から9月13日まで開催されたのだけど、自分の会社の先輩は当時、万博で仕事をしていて、博覧会が終わって各パビリオンが解体されているときに、ハワイ州館で展示されていたサーフボードを貰ったってな話をふと思い出した。(彼は万博でコンパニオンをしていた女性もGetして妻にした)
それを持って磯の浦に(このドキュメンタリーにも出て来た頃の磯の浦だ)しばらく通ったそうだが、彼はサーフィンよりモーターサイクルレースの方が大好きで、そのサーフボードは高校時代の友人にあげたと言っていた(木梨さん兄弟だった気がすると言っている)
おそらく1971年なんだから、彼もたいへんな運動能力と体力の人だから、もうちょっと頑張っていたらきっとサーフィン界のレジェンドになっていただろうに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR