こんだけ汚い海はありえんわなあ、大雨後の生コンは…


【78 Firewire Jetonator 5'11"】出張が無くなったので、な~んもない休日、ようやく冬物を洗濯しまくって圧縮袋に押し込んで(ようやくです)、ようやく客用・自分用含めて冬布団を仕舞って(はい、ようやくです)、ついでにクローゼットを整理して、そして徹底的に掃除機掛けて拭き掃除して、そして思いっ切り気合いを入れて昼寝して(これが一番贅沢な時間や~)…という一日。
その合間に波乗り行ったけどね~、部屋を通り過ぎる風はずっと南、風を交わすポイントはほとんどが海水浴規制かかってるし、全体的に湘南はサイズダウンもしてるし、どこ行っても楽しいとは思えないからぐずぐずしてたんやけど。


 生コン、チョコレート色のぐっちゃぐっちゃ、一応見習いながらも生コンローカルとしては、やれるなら入らなあかんかな~ってな変な義務感で入水するが、まったくいい波がないので速攻で脱水(T-T)
台風11号による豪雨で相模川から流れ込んだ上流域の様々なものが漂っていて、トランクスの中や腕時計のバンドの隙間に入り込み、リーシュコードには絡みつき、身体と板の間に挟み込み、パドリングする手は水を搔いてるのかゴミを搔いてるのかわからん状態で、気分もすっごく悪いし。


 ついでの話しの1,田町での仕事の流れでよく飲みに行く謙徳蕎麦家、木曜に行ったときに、焼きほやというのと山葵菜漬というのを食べたが、これはどっちも珍しくてそして美味しかった。
「ホヤ(海鞘、老海鼠)は脊索動物門 尾索動物亜門 ホヤ綱 に属する海産動物の総称」ってことだが、関西人は見たことも食べたことも無いのが基本。
自分は初めて仙台に出張に行ったときにスーパーで売っているのを見て「なんじゃ?この怪獣?食えるのか?」って思ったし、実際に寿司屋で食ったときにも美味いのか不味いのかどう考えたらいいのか基準がわからんかった。
以後、美味いほや、不味いほや、旬のほや、旬を外したぶよぶよほや、など経験値を上げていくことで、美味しさが理解出来るようになってきた。
そして木曜の焼きほやは、生で出せないから「焼く」という一手間を加えたのは憶測だが、しかしこの食べ方がはまる、美味い!

東京新聞:クレーン台船 台風で漂流 平塚市から茅ケ崎市へ:神奈川(TOKYO Web) 2015年7月18日
 ついでの話しの2,クレーン代船が相模川河口にあったのは、ここんとこ東海道線の車窓から、茅ヶ崎方面に波乗り行くときに相模川大橋から、馬入ポイントを眺めているときに、見ていたので知っていたが、まさかあれが流されるとは!
んで、今日、ポイントチェックしに行ったときに見たら、いや~、ほんまに流れ着いてるわ、えらいこっちゃ。
と言いながらポイントの方に流れ着いて無くて良かったってのはサーファーのエゴかな~( ̄。 ̄;)

 ついでの話しの3,こないだ三輪素麺(奈良)をいただいたので、そういえば部屋に揖保乃糸(兵庫)があったから、ふと思いついて食べ比べしてみた。
ツルッと感とか腰とか甘みや香り感とか、違いはもちろんあるんやけどが、どっちも美味しくて甲乙付けがたい、さすがどっちも関西(笑)。
ちなみに写真は揖保乃糸って言ってもわからんわね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR