「関東は硬水だから沖縄料理が合う説」&思いも掛けず波があった茅ヶ崎柳島~♪


【63 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】昨日は大雨の中、試写会鑑賞後に沖縄料理58(東京都渋谷区道玄坂2-25-6 ホリウチビルB1 050-5798-6373)へ。
日本の水って全国的に軟水だけど、関東の水は沖縄と同じで硬水だと知って以来、じゃあ沖縄料理、東京なら沖縄と同じような味が出せるのでは無いかと、そうだとすればだから美味しいのでは無いかと、そう仮説を立てたので、一度、沖縄料理をこっちで食べてみたかったのだ。
で、友人を誘って行ってみた昨夜の沖縄料理のお店、店名の「58」の意味がわからず、「もんぱちに掛けてるのかな~」なんて思っていたが、お店のなかで突然意味が思いついた、「Rout58やん!」ってなことはどうでもいいねんけど。
お通しの揚げ沖縄そば(ポリポリと香ばしくてビールが進む)と海ぶどう(毎日空輸、うん、たしかに大粒で新鮮だった)、手作りジーマミ豆腐(甘さ抑えめ、香り良し)とあしびな~サラダ(日替わりサラダだそうで、本日は島豆腐添えてます)、フーちゃんぷる(沖縄産麩使用で自分好みの卵をくぐらした調理法)、 ラフテー(これがちょっと残念だった、お肉自体に臭みがあった)、ミミガー梅肉(これは前菜のタイミングで注文すべきだった)と唐芙蓉(島豆腐を泡盛と紅麹で発酵の珍味)、写真が無いけどゴーヤチャンプルー。
「関東は硬水だから沖縄料理が美味い説」、この店、「美味い」という評価までにはいかないけど、少なくても硬水のせいでかどうかわからんが、味が曖昧でぼんやりした感で、これがなんか沖縄で食べるのと同じみたい。
大阪で食べる沖縄料理は味がしっかり出てしまってなんか沖縄で食べるのと違うって思っていたから、「関東は硬水だから沖縄料理が合う説」に趣旨を転換して、もうちょっとフィールドワークによりデータを集めていきたい、と思った。
お店でばったりふくふくしまのりせんせーに会って、ご挨拶するねーさん(笑)


 昨夜は山手線は東海道線接続最終ぎりぎりやって、東海道線は最終電車1本前、やから部屋に着いたのは深夜1時を回ってた、やもんで当然のごとく朝寝坊、でもいいねん、今朝は干潮が13時15分やから~。
起きたときに見た波情報では湘南全体のアベレージはすね~ひざ~もも、やっぱ干潮前後を狙った方がいいようだ、と侘しい単身赴任者は炊事洗濯お掃除とのんびり家事をしてから浜に行ったのだけど…。
柳島、なんでーっぜんぜん波あるや~ん~っ(*゜ロ゜)!


 コンスタントに胸、波数もそこそこでゲッティングアウトではミドルで時々はまる~、風が吹き出した頃だったようで、どんどんザワザワしてしまい、そしてカレントもけっこう強くて面は良くないし、ワイド気味やけど、うねりはしっかりしていてパワーもあるので、いいところから乗ればいい波やで~!(@^▽^@)
風が吹き出す前、もっと早く浜に来るべきやったんや~、なんせどんどん面が悪くなってきたし、そして今の柳島は潮が引きすぎるとあかんし。
でもいい波やったし、レギュラーでいいのん多く乗れたし、にこにこと部屋に帰っての昼飯では、ついついぷしゅーっしちまったや~んっ!☆□\(^_^ )
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR