ラン・オールナイト 男のドラマや~


【26 うち試写会6】月曜は土日の波乗り疲れで、火曜は前日の濃厚な仕事疲れで、そして今朝は昨夜(今朝?)3時前まで飲んだくれていた影響で、台風7号の波が入っているにもかかわらず、朝、起きれなくって、出勤前Surfingなし。
今夜も遅くまで会議後の懇親会で飲まなくてはならないので、明日も無理かな…。

 ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐(ふくしゅう)に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが……。

 息子の命を守るため親友でもあるマフィアのボスの息子を殺害してしまったことから、復讐に燃えるボスに命を狙われる殺し屋の逃走劇を描くという映画。
タイトルの通り、一晩(正確には16時間)という時間軸の中で描かれているのだけど、その一晩に大きな意味が与えられた大人向けの本格派ハードボイルド。
緊張感あって大変おもしろかったフライト・ゲームでのジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンのコンビってことで期待を持って鑑賞したが、今作も緊張感途切れることなく、物語にぐいぐいと引き込まれておもしろかった。


 96時間では、高齢によるお疲れ感だらだらだったリーアム・ニーソンだが、今作ももう勘弁したってよって感じたけど、しかしそれはそれとして(笑)
カメラのアングルとかカット割りとかが凝っており、必要最小限の描写と台詞で濃密に描き切っていて、決して息子を犯罪者にしないという父の意志が妙味となり、男のドラマとしてお見事!


 子がどう思おうが、親にとってはどんなことがあっても子は子!
悪い関係になったままで、父を亡くした自分にとっても、そして自分自身も親であって、まさかこんなシチュエーションは起こりえないとしても、妙に感情移入してしまった…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR