結婚30周年(真珠婚式)のことと孫初動物園のこと


 30年前の結婚式の時の写真、笑うなよ~、二人とも今の75%の体重の頃やから~(ーー;)

結婚30周年を迎えた記念日を「真珠婚」という。これは結婚1年目の「紙婚式」に始まり、25年目の「銀婚式」、50年目の「金婚式」につながる長い道のりの一里塚ではあるが、とても大切で意味のある記念日だと思う。海の中でゆっくりと時間をかけながら、年輪のように真珠層を重ねて誕生する真珠。この真珠のように、30年という夫婦の年輪を美しく重ね、いつまでも若々しく、健康長寿で暮らすことを願うのが「真珠婚」。今まで、ゆっくりと、2人で話す時間も無かったかも知れないが、子どもも独立し、少し余裕のできる時期、また、新婚当時のように夫婦が水入らずで第2の人生をスタートさせるための「真珠婚」を祝うことは時期的にも最適であり、日本では徐々に定着しつつある。
↑ これって 鳥羽市観光協会のコピーやねんけど、真珠婚は世界共通ながら、日本人的に言い得て妙やと思う。


 結婚25周年の銀婚式の時「a silver wedding anniversary」には結婚式を挙げた教会を二人で訪ねた。
結婚式を挙げた日は4月29日だが今年は連合の中央メーデーのために帰阪できなかったので、入籍した日であり自分の誕生日の5月1日に、妻と2人で食事に行くことにした(娘たちを誘ったが「二人で行き」って断られたのだ)。
行ったお店は、ご近所の「Trattoriada o Naoshi」、ずいぶん前のある日、うちの駅にはそぐわないお店が出来たな~と思いつつ、すごく気になっていたが行けてなかったイタリアンレストラン。
まずは「イタリア産生ハムとむにゃむにゃとなんたるかのオムレツ風な前菜」です(?)からの「ホカッチャ」に赤ワインはフルボトル~いっとく~っ♪、タマネギベースのドレッシングがとんでもなく美味しかって野菜がしっかり味を主張していた「海の幸と角切り野菜のサラダ」、ちょっと見た目悪いが味は美しい「桜エビとレンズ豆のスープ」、そして美味しさに感動してしまって涙ちょちょぎれた「熊本雲仙産フルーツトマトと北海道モッツァレラチーズのリングイネ」、さらに真珠婚までおつきあいな熟成培養餌付け効いたうちの食えない妻、ちゃんと真珠婚式記念のプレゼントしたよ、○○に真珠なんてぜったいにいわへんで~(^0^;)。


 メインは、「兵庫産天然スズキのグリル」と「鳥取黒毛和牛A5ウデ肉(クリ)のタリアータ」。
電話で予約したときにお店の人から「何かのアニバーサリーですか」と聞かれたので「入籍日なのです」と答えた、すると「御入籍おめでとう」という趣旨のデザートが~っσ(^◇^;)
ご夫婦だけで切り盛りしているレストランなんだが、いざやって来たうちの夫婦を見て、「今日が入籍日」か「入籍日のアニバーサリー」なのか議論になったようだが、奥様の意見が通ったようで、「入籍おめでとう」ということになったようだ、どこも一緒やね~、最終的には妻が勝つ~、良い感じで記念日を大笑いで彩っていただきました(^0^)
妻からはお誕生日祝いでネクタイをもらった、今時のネクタイって、大剣と小剣の柄が切り替わっているんや~、細かいおしゃれ!
やねんけど、残念ながら今日からスーパークールビズでネクタイ着用しないシーズンに…。
そやけどうちの職場の女子職員さんに妻への真珠婚をちなんだプレゼントについて相談に載ってもらったってことがあったから、そのお話しの続きで「妻からはこんなのもらった」って報告を兼ねてあえてこのネクタイ締めて一度は出勤しようと思う。


 んで、本日は孫の初動物園、象さん、キリンさん、シマウマさんにライオンさん…しかしもっとも興奮したのはお弁当の時間だった~、最後には電池切れ~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR