チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 イギリス的コメディってどうも笑えない…


【8 うち試写会0】うちの加盟労組、会社が事業再編するってことで、今後の交渉対策などを協議するためにオルグ。
兵庫県豊岡市やねんけど、城崎温泉に出張または遊びに行くときには何度も何度も通過しているが、そういえば滞在するのは初めてだった、新鮮。

 うさんくさいちょびヒゲをたくわえたうんちく好きな美術商チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)は、イギリスの諜報機関MI5に依頼されたゴヤの名画の捜索に乗り出す。屈強な用心棒ジョック(ポール・ベタニー)と共に盗まれた名画の行方を追うが、その絵にはとんでもない財宝の秘密が隠されていることがわかり、マフィアや国際テロリストも絡む大争奪戦となる。

 キリル・ボンフィリオリの小説「チャーリー・モルデカイ」シリーズを、ジョニー・デップ主演で映画化。
ノリとしては’イギリス的50~60年代のオシャレ系スパイまたは泥棒のコメディサスペンス。
イギリス的パロディって、自分はそもそもすごく苦手やねんけど、それにも増して、作り手はかなり難しいコメディ路線を狙っていて、そうとう、難解な笑いになっている。


 チャーリー・モルデカイを演じるジョニー・デップに、用心棒ジョックを演じるポール・ベタニー、その他イギリス的に豪華なキャストは、み~んなしっかりキャラの立った役を演じながら、しかしまったく笑えず、呆れるほどスベりっぱなしってなったと思う。
しかしサスペンス的な要素は、さすがに原作がしっかりしているだけに面白かったのに、だからギャグがあかんのがもったいない。


 髭アレルギーなチャーリー・モルデカイの妻ジョアンナを演じるグウィネス・パルトローは、なんと42歳!
2013年に米People誌が選ぶ「最も美しい人2013年版」(Most Beautiful 2013)でトップに輝いたってな、程良く崩れた美しさは半端ない!

 海外では批評的にも興行的にも大惨敗だったそうだが、おそらく日本でも…(;゜ロ゜)
ジョニデの新境地として、続編もあるらしいけどね~(__*)アカンチャウ?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR