ヘラクレス ファンタジジー映画だと想像していたが、単に力持ちの男のお話?


【46 うち試写会3】 人間と全能の神ゼウスの間に誕生した、半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。神さえも恐れおののく並外れたパワーを誇りながらも、人間の心も兼ね備えた彼は、強さと優しさに満ちた者として名をはせていた。だが、わが子の命を奪ったことで罪の意識に押しつぶされそうになる。悩み苦しみ抜いた果てに、彼は12の試練を自らに課して救いを得ようとする。多頭の蛇ヒュドラ、不死身のライオン、巨大なイノシシであるエリュマントスといった魔物や悪を成敗していくヘラクレスだったが……。

 ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー、全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追うという映画。
全能の神ゼウスと人間の女性アルクメネの子であるヘラクレス、HERCULESって綴りだが、この映画で知ったが英語の発音では「ヘラキュリース」、「ハーキュリース」と発音する言語もある、ちなみに星座名ではヘルクレス座。


 観るまではファンタジジー映画だと想像していた、しかし神話を神話として語らず、人間物語として描いたオードソックスな合戦スペクタクル映画だった。
ヘラクレスの12の試練は冒頭の部分で意外な展開で(意外な伏線で)駆け足に描写し、物語は現実的な戦争がメインだったのだ。
ヘラクレス像を、いい意味で斬新な切り口で描かれているのが、きっと賛否両論ありそうだけど、自分的にはすんなり受け入れることが出来た。


 この映画、ストーリーや出来映え以上にもっともっと注目すべきは、4人のヨーロッパ美女の共演~(*^O^*)
ヘラクレス率いる傭兵軍団の紅一点アタランテを演じるノルウェー出身のイングリッド・ボルゾ・ベルダル、トルキア国エウリュステウス王の娘ユージニアを演じるスペイン女優のレベッカ・ファーガソン、ヘラクレスの亡き妻メガラーを演じるサッカーポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドの彼女イリーナ・シェイク…3人とも、すっげー綺麗なんやけど。
しかし自分的には、アテネの王女アルクメネを演じる、本作でハリウッドデビューであり、なんと日本でもグリコ・ドロリッチのCMに出演の経歴もあるという、ハンガリー出身バーバラ・パルヴィンがもっとも美しい!
しかし残念ながら出番は少なかった~(;ω;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR