fc2ブログ

録画したテレビ放映の映画とか、NET配信の映画とかも、老後のために記録しておこうかな(2023年8月7日~10月9日)


カールじいさんの空飛ぶ家 2009年 TV(亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさん。エリーの生前、幼なじみだった2人は世界中を飛び回る冒険家チャールズ・マンツにあこがれ、いつか南米の秘境「パラダイスの滝」に行こうという約束をしていた。そして、周囲の再開発で静かな生活が失われそうになったある日、カールはエリーとの約束を果たそうと、パラダイスの滝を目指して人生最後の大冒険に出ることを決意。家に大量の風船をつけて大空へと飛び立つ。) 前半部分の印象が強かったけど、改めて観てみると、後半部がこの物語の本質だったのか~。

映画 ネメシス 黄金螺旋の謎 2023年 JAL(探偵事務所ネメシスに、誘拐されたペットの犬を奪い返してほしいとの依頼が飛び込んでくる。かつてない超高額な報酬を前に、早速調査を開始したアンナと風真だったが、「窓」と名乗る正体不明の男が現れてから、大切な仲間たちが次々と生命の危機にさらされていく。) ドラマシリーズは全話観たが、もひとつ入り込めなかったのが正直なところ。で、じゃあ映画版を観たところで、それはやっぱそうやな。でもすずちゃんらしくないこの広瀬すずちゃんはやっぱ可愛すぎるけど。ドラマもそれだけが理由で見ていた気がする。

ルパン三世 2014年 TV(世紀の大泥棒、ルパン三世と仲間たちは、“その所有者は世界を統べる”と言われる宝物、クリムゾンハート・オブ・クレオパトラに狙いをつける。鉄壁のセキュリティを誇る超巨大要塞型金庫“ナヴァロンの箱舟”に収められている宝物を盗み出そうとするが、軍隊レベルの強敵や、宿敵である銭形警部が立ちはだかる。) 半年前に録画してあるのを観たのに、それを忘れてまた録画してみてしまった。「老後のために記録」どころか明日のための記録になってしまっている…😱


大怪獣ガメラ 1965年 TV(大映が初挑戦した怪獣映画「ガメラ」シリーズの記念すべき第一作!北極の地下で冬眠していたガメラが原爆実験の衝撃で蘇える。のエネルギー源である炎を求めて発電所に向かう。 それに対して世界中の科学者がガメラ地球から守るためのある計画を実行するが…。) 俺の産まれた年の映画だったのか~。自分は小さい頃、ゴジラよりガメラ派やってんなぁ。

ドライビング Miss デイジー 1989年 TV(有色人種に対する差別が当たり前だった1948年、ジョージア州アトランタ。元教師である老いた未亡人デイジーが自分で運転する自動車で事故を起こしかけたため、その息子ブーリーはホークというアフリカ系の運転手を雇う。老いたのを認めたくないデイジーは最初ホークを疎んじたが、ホークの誠実な人柄に気付いていくうち、2人の間のわだかまりは小さくなっていき、それから25年間、2人は友情の関係を続けていく……。) アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いたヒューマンドラマの秀作。年老いたユダヤ人女性とその運転手である黒人男性が織り成す25年間の交流というか駆け引きが沁みる。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 2018年 TV(見るもの全てが魔法にかかる−−6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を見つめ、「世界最大の夢の国」フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルで、その日の暮らしの生活を送っている。 シングルマザーで職なしのヘイリーは厳しい現実に苦しむも、ムーニーから見た世界はいつもキラキラと輝いていて、モーテルで子供たちと冒険に満ちたでも、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続いていると思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—) カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ、深いぞ!


ルパン三世 VS 名探偵コナン 2009年 TV(ヴェスパニア王国のサクラ女王とその息子・ジル王子が猟銃事故で死亡し、その悲劇的なニュースが世界を駆けめぐった。サクラ女王の長女・ミラ王女が次期女王の座につくことになったが、その王位継承をめぐって争いが起きる。その争いにコナンと蘭が巻き込まれてしまった。ミラ王女に容姿がそっくりな蘭が、ミラ王女の身代わりとしてヴェスパニア王国に連れ去られてしまったのだ。ちょうどその頃、ルパンはヴェスパニア王国に伝わる“クイーンクラウン”を盗む計画を立てていた……。それぞれの想いを胸にヴェスパニア王国へやってきたルパンとコナン。果たしてルパンはお宝を手にいれることができるのか?またお宝“クイーンクラウン”の隠された秘密とは一体?そして、コナンは一連の事件の裏にある大きな陰謀を暴き、真犯人を見つけ出すことができるか?) ははは~、ルパン一家とコナン君らが一緒に活躍してるねんけど~😊単純におもろい❗

シャーロットのおくりもの スペシャル・コレクターズ・エディション 2006年 TV(農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとして食卓に乗る運命にあることを知る。脅えるウィルバーを、納屋に住むクモのシャーロットが励ますが……。) 原作が良いから良い映画ながら、吹き替えの台本が酷いなぁ、声優はいいのに…。

アイ・アム・ディナ 2002年 amazon(1860年代のノルウェー北部の氷河にあった村で、裕福な家に生まれた少女ディナ。多感で誰の指示にも従わず、無性化していく中で、父の友人ジェイコブが推薦した家庭教師のロックによりチェロを学び、合理性をどんどんしていく。の激しい女性に成長。 でも友人は幼馴染の使用人のトーマスだけ。父に負けられ、さらなる喪失感に苦しむディナは、彼女の美しい外見に惹かれた父親ほど年上の裕福なジェイコブとの結婚を強いられる。) ラスト10分くらい前に、字幕なしで見ていたことに気付いた…。が、なんとなくわかったのが不思議。⬅ほんとうか?


ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー 2023年 JAL(ニューヨークのブルックリンに暮らす配管工のマリオと弟のルイージは、水道管の修理中に謎のパイプを通じて不思議な世界に迷い込んでしまう。キノコ王国にたどり着いたマリオは、離れ離れになったルイージを捜すことを決意。一方、ルイージは闇の国を支配するクッパに捕らえられていた。マリオはキノコ王国の統治者ピーチ姫の訓練を受け、才能を開花させていく。) やっぱでかい画面で見ないとこの作品の良さは伝わらないなぁ。

そして、バトンは渡された 2021年 Netflix(血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子。現在は料理上手な義理の父・森宮さんと2人で暮らす彼女は、将来のことや友だちのことなど様々な悩みを抱えながら、卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を猛特訓する日々を送っていた。一方、夫を何度も変えながら自由奔放に生きる梨花は、泣き虫な娘みぃたんに精いっぱいの愛情を注いでいたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまう。) 役者の個性がみんな強すぎて、物語の良さが薄まってしまってるがな~。そしてラストを変えてしまったのもちょっとなぁ。

ガメラ 大怪獣空中決戦 1995年 TV(太平洋上で巨大漂流環礁が発見された。同じ頃、九州の姫神島で住民が消失する事件が発生。住民は消える直前の無線で、鳥の存在を訴えていた。調査のため島を訪れた鳥類学者・長峰の前に、巨大な怪鳥が姿を現す。一方、海上保安庁の米森と保険会社の草薙は、環礁上で発見された石版の碑文を解読。その結果、環礁はガメラ、怪鳥はギャオスという古代怪獣であることが判明する。全国民が震撼する中、2大怪獣の戦いは九州から東京へと舞台を移し、壮絶な空中バトルが幕を開ける。) ギャオスを、モスラ的な意味を付けたことが、大映vs東映、的にいいのか?設定パクリやんか。


ヒットマン 2007年 TV(冷徹な暗殺者のエージェント47は、標的であるロシア大統領を射殺するが、何者かの密告で、インターポールとロシア連邦保安庁の双方から追われる身に。一体、誰が自分を陥れたのか? 真犯人を探る47は、事件の鍵を握る美しい娼婦ニカと出会う。) なんか妙に華麗でスピーディーなスタイリッシュで、なんかめっちゃかっこいいやんか~!

サイダーのように言葉が湧き上がる 2020年 TV(俳句以外では思ったことをなかなか口に出せない少年チェリーは、ヘッドホンで外部との接触を遮断して生きている。ある日彼は、見た目のコンプレックスをマスクで隠す少女スマイルとショッピングモールで出会い、SNSを通じて少しずつ言葉を交わすように。そんな中、バイト先で出会った老人フジヤマが思い出のレコードを探し回る理由を知った2人は、フジヤマの願いをかなえるためレコード探しを手伝うことに。) 若いな~ってな青くて危ういだけじゃなくて、深くてなかなかウィットも溢れる優しい物語で、意外にもおっちゃんはまったわ~。いや、老人フジヤマに感情移入したからか💦

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 1967年 TV(富士火山帯の活動が活発化し、富士山が噴火した。その噴火に導かれてガメラが現れる。ガメラは溶岩を求めて火口の中に消えて行った。富士山噴火の調査団を乗せたヘリコプターが山中から発射された謎の光線によって墜落した。新聞記者とともに事故現場に行った英一は、コウモリのような翼を持った怪獣の出現に遭遇する。) 幼稚園くらいの頃、ゴジラとは上手くやれない気がするけど、ガメラとなら仲良く出来そうな気がして、いつになったらガメラが会いに来てくれるかとずっと思っていたが、この映画のせいだったのか😂


アトミック・ブロンド 2017年 TV(冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失してしまう。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。) 物語もアクションもキャストもいいのに、いまいちB級っぽいのはなんでやろ…。

ブリグズビー・ベア 2017年 TV(外の世界から隔絶された小さなシェルターで、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、現在はその世界の研究に没頭する日々を送っていた。そんなある日、シェルターに警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。これまでジェームスが両親だと思っていた男女は、実は誘拐犯だったのだ。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが……。) こんな映画だとはつゆほども思わなかったが、意外と深くて刺さる掘り出し物の作品だった!

ワールド・トレード・センター 2006年 TV(2001年9月11日。ニューヨークは、いつもと同じ朝を迎えていた。港湾局警察に勤めるベテラン巡査部長のジョン・マクローリンや、同じく港湾局警察に勤めるウィル・ヒメノをはじめ、警察官たちも普通に業務を開始した。だが、午前8時40分過ぎ、突如、タワー1(北棟)に、アメリカン航空11便が激突した。続いてタワー2(南棟)にもユナイテッド航空175便が激突。アメリカ国民だけでなく世界中の人が我が目を疑った。ジョンたちは、上層階に取り残された人々を避難誘導すべく、さらなる恐怖が迫っているとも知らずに部下たちと共にタワーへ向かった。) こういうのってどこを切り取っても泣く映画になるのだけど…。でも、やっぱ泣けた…😭


ガメラ対宇宙怪獣バイラス 1968年 TV(宇宙の彼方から植民地とする星を求めてやって来たバイラス人は、地球をその目標にした。しかし、バイラス人の宇宙船1号機は地球を目前にして、突如現れたガメラに破壊された。続いて派遣された2号機は、ガメラの過去の戦歴を調べ、ガメラが子供の味方であることを知る。) ガメラシリーズ4作目ながら、これはかなりの低予算で作られ、しかもアメリカテレビ放映契約を締結したことによってかなり制約があったことを今さら知った。実際、前3作に比べて3分の1の予算だったそうだ。茅ヶ崎ロケでは当時上原謙・加山雄三親子が経営していたパシフィックパークホテルが映っているというのはトリビア。「大映新人三人娘」の八重垣路子、渥美マリ、八代順子が出ていて可愛かったがその後は鳴かず飛ばずだったようだ。

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒 1999年 TV(1999年。地球は異常事態に見舞われていた。人を喰う巨大怪鳥ギャオスが、世界各地で大量発生し、被害が急速に拡大していた。女性鳥類学者の長峰真弓は、4年前に人類を恐怖に陥れたギャオスに遭遇して以来、その災禍をくい止めるため、生態研究をすすめていた。しかし、謎は深まるばかりだった。) 冒頭のシーンでギャオスとガメラが渋谷に降臨してしまったら死傷者が15000人…ってのは過小な気もしつつ、そらそうやわなぁ、あんなん災害やん。ガメラもこの頃の描き方になるととってもエヴァンゲリオンでちょっと引いた…。

ブラッド・ワーク  2002年 TV(連続殺人犯の追跡中に心臓発作で倒れたFBI心理分析官の男性。移植手術後に退職し、クルーザーで隠居生活を送っていた彼だったが、ある日、見知らぬ女性がやってきて、彼女の姉を殺した犯人を探す依頼をする。その殺された女性は、彼が移植を受けた心臓の従来の持ち主だった。) クリントイーストウッドがギリ若い(笑)しかしとんでもないサスペンスだ。さすがの監督、さすがの役者!


ガメラ対大悪獣ギロン 1969年 TV(冒険好きの少年明夫とトムは、不時着した無人宇宙船に乗り込み、太陽を挟んで地球と反対側にある第10惑星に連れ去られてしまう。彼らを迎えた第10惑星人は一見友好的に見えたが、やがて本性を現わし、地球侵略のため少年たちの脳を食べて情報を得ようとする。そこへ地球からガメラが飛来、明夫たちは危ないところを救われる。だが、第10惑星人が繰り出した大悪獣ギロンの猛攻で、さしものガメラも深手を負ってしまい……。) 思い出した!子ども頃一番好きな怪獣は大悪獣ギロンやった!

追憶の森 2016年 TV(富士山の北西に広がる青木ヶ原樹海。そこを人生の終着点にしようと決めて日本にやって来たアメリカ人アーサー(マシュー・マコノヒー)は、原生林が鬱蒼と生い茂る森の中で、出口を求めてさまよう日本人タクミ(渡辺 謙)と出会う。怪我を負い、寒さに震えているタクミをアーサーは放っておくことができず、一緒に出口を探して歩き始める。しかし、まるで森の魔力に囚われてしまったかのように道はどれも行き止まりで、方向感覚を失った2人は厳しい自然との闘いを強いられる。その過酷な状況下、運命共同体となったタクミに心を開いていくアーサー。やがて彼は、樹海への旅を決意させたある出来事を語り始める…。) 日米合作で無くてよかった…自殺の名所と言われる富士山青木ヶ原樹海を舞台にしているが、軸となる夫婦のお話は素敵なのに、しかし、死に場所をなんで日本を選ぶねんってところで大ブーイング。

ロゼッタ 1999年 TV(トレーラーハウスで母親と二人暮らしをしているロゼッタは、ある日働いていた工場を突然クビになってしまう。彼女は持病の腹痛と戦いながら必死で生活しようとするが、なかなか思うようにいかない。) 、1999年のカンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞し、更に主演のエミリー・ドゥケンヌが女優賞を勝ち取ったらしいが、納得。ロゼッタが売春や生活保護を拒むのは、彼女がただ単に生存することではなく、一個の人間として生きることに意味を見出しているがゆえだと思うが…。こんな貧困の問題は他所の国の話しではなく、今の日本でも、三食を食べられない子どもが増えていて、国が(自民党政権)放置しているから、見るに見かねて、全国に7,363箇所(2023年2月 確定値)も営まれている状況なのだが…。どうやったら、変わるのかってのは簡単だ。みんなが投票に行って、自民・公明・維新・国民の自国維公以外に投票すればいいねん❗


ロミオ・マスト・ダイ 2000年 TV(オークランドで黒人系ギャングと中国系マフィアの抗争が激化し、中国系組織のボスの息子ポーが殺される。元刑事で香港の刑務所に服役していたハンは、弟ポーの死を知って脱獄を決行する。すぐさま渡米したハンは単独で事件の真相を探るが、謎は深まるばかり。そんな彼の協力者として現れたのが、黒人組織のボスの娘トリシュ。両組織の無意味な抗争に終止符を打つため、ハンと行動を共にする。) とにかくジェット・リーが格好良すぎて、アリーヤが可愛すぎる💖アメリカ映画ながらお話はとっても香港的ww

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 2007年 TV(両親の訃報を受け、東京から山間の田舎に戻った姉・香澄。家には母の連れ子だった兄・穴道、その嫁・待子、そして内向的な妹・清深がいた。女優を目指し、家族の反対を押し切って上京したものの、その超ゴーマンな性格が災いし、女優活動も頭打ち。そんな姉の帰省により、沈殿していた姉妹の関係は一気に爆発炎上、周囲の人々もその渦の中へと巻き込まれていく。) 普通に見える家族でも、家の中には異常な事態が起きているてのはどこの家庭でもありえることだと思うけど、しかしこの家庭はブラックすぎて笑える…💦オタクながら実はとってもしたたかな妹役の佐津川愛美が怪演❗

北斗の拳 1995年 TV(南斗聖拳の達人・シンによって、父にして北斗神拳のマスターであるリュウケンを殺されたばかりか、最愛の人・ユリアを攫われてしまったケンシロウは、一人絶望の荒野をさまよっていた。同じ頃、シンが統治するサザンクロスの町から派遣されたクロスマンと呼ばれる軍隊が、パラダイスバレーの人々を苦しめていた。住民が守る汚染されていない水をめぐって、殺戮を繰り返すクロスマン。今や住民の怒りは頂点に達していた。だが、殆ど武器を持たないパラダイスバレーの人々にとって、彼らに対抗する術は無いにも等しかった。) 原作に忠実であって欲しいってポイントをわざとなのかめっちゃ外していて「なんでやんっ💢」ながら、しかし何となくそれっぽすぎるのがもっと腹が立つ😠ユリヤがまさかの鷲尾いさ子、まぢかっ😍


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR