fc2ブログ

今年2回目の四万十Day4 松山城🏯⇒鯛飯⇒道後温泉別館飛鳥乃湯泉♨⇒道後🍺



 今朝は6時頃の🌅前に波乗りしてホテルの朝ご飯までに帰ってくるという企みは、酔っぱらりんの寝坊助には不可能やった…😪
で、バスのお遍路団体客に負けずに一番に朝食を食べなくてはいけないのミッションは、7時オープンの朝食会場に6時45分に並びに行けたので🆗と思っていたらとっくにオープンしていて、ホテルを7時30分には出発することが出来た。
愛媛は松山まで🚗激走~カーナビをセットしたときは到着予定時刻は11時10分だったが、10時ちょうどくらいに松山城に到着してしまったわ😁
松山には何度も来ているのやけど、なぜか松山城に入ったことが無くて、本日、ようやく登城できた❗
松山城は、松山市の中心部、標高132mの勝山に築かれていて、山頂に本丸、裾野には史跡庭園となっている二之丸と、堀之内公園として親しまれている三之丸が広がり、関ヶ原の戦いで活躍した加藤嘉明が初代藩主となり、慶長7年(1602)から四半世紀もの歳月をかけて築城、日本における最後の天守建築(桃山文化様式)であり、現存する大天守は、黒船来航の前年である1852年に、石垣普請とともに再建工事が完了、「現存十二天守」の一つだ。
1923年(大正12年)、松山城(本丸)が旧藩主家の久松家へ払下となり、久松定謨(ひさまつさだこと)伯爵がそのまま松山市に寄贈、以降、松山市の所有となっている…ん?。


 ありゃ、うちの家紋と一緒やん😲
松山藩の松平家は、明治政府より旧姓である久松(家紋は星梅鉢)を名乗るように命じられたそうで、松山城には「丸に三つ葉葵」(通称:葵の御紋)と久松家の「星梅鉢」が残るという。
うちは、ひいじいちゃんまでが紀州藩の武士で、その系譜は三河に引くってことでは、やっぱこのおっちゃんは親戚なんか~(かなり遠そうながら)。



 えひめ愛顔の観光物産館で蛇口からみかんジュース体験をし、かどや(大街道店)で宇和島づくし鯛めし膳を食し、伊予鉄で道後温泉へ。
ちなみにここまでJALパックの「オプショナルプラン 期間限定びっくりオプション〔愛媛〕松山城と宇和島鯛めし&みかん蛇口体験」を購入し使ったので、松山城天守観覧券520円+松山城ロープウェイ520円+みかん蛇口体験100円+かどや「宇和島づくし鯛めし膳」2,500円=3640円分が1,600円で購入できてたってことで驚くほどの威力❗



 飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋で、道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができるという道後温泉別館飛鳥乃湯泉に入浴♨
2階大広間休憩室に案内されて、それから入浴し、浴衣に着替えて再び大広間に帰ってきたらお茶と茶菓子を供してくれる…しっかり汗を浴衣に吸わせてから着替えてから街をぶらり。
と言っても自分の目的地は道後麦酒館(愛媛県松山市道後湯之町20-13)で、道後ビールケルシュ(通称 坊っちゃんビール)と道後ビールアルト(通称 マドンナビール)をテイクアウト…ほんとは店内でつまみと共に飲んだくれたかったが、ちょうと店内飲食が終わっててテイクアウトのみの時間だったので。


 テイクアウトしたビールを持って、㈱谷本蒲鉾店 松山道後店(道後温泉本館前)でじゃこフライを買ってちびちびと🍺呑んどくわ~😁
ここまでがJALパックの「〔愛媛〕 お気軽人力車体験とゆったり飛鳥乃温泉」を購入し使ったので、1階浴室入浴・2階大広間休憩1,280円+道後ビール900円で2180円(人力車は乗らず)が1,000円ってことでこれもめっちゃお得だった❗
これまで、JALダイナミックパッケージのオプションってまったく使ったことが無かったけど、これはもっと追求しないとあかんってことをめっちゃ学習してしまった。
さらに、「麗らか四国特集パワーアップクーポン」ってのと「麗らか四国特集 四国旅ぱす」てのもオプション申し込みで自動的に貰っていたのに、これ、帰るときに「なんだろう」ってチェックしてみたら、見残しのグラスボートも無料で乗れたし、みのの道の駅ではお米が貰えたり、といろいろ特典があったようで、見事に後の祭りやったわ~😱
JALダイナミックパッケージ、恐るべし…。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR