fc2ブログ

今年2回目の四万十Day3 下の加江🌊⇒庄寿庵🍜⇒海洋堂かっぱ館⇒酷道よさく😱⇒たにぐち🍣


【🏄11-112 WATER RAMPAGE ARROW 6'2"】【25🏃Run3-43 5.56km 34:33 四万十川~後川】 昨日までとうって変わって大荒天☔な四万十Day3。
天気予報の通り南東の風が吹き荒れていて、浜に行くまでもなく風クローズってのはわかりきっている。
こうなると使えるのは下の加江になってしまうなぁ。(布もあったかも知れないが初心者に近い友人のことを思うとこっちだ)


 波はももながら、めっちゃたまに腰近い波があって、そいつならグーフィーがちょっと走れる。
運が良ければその腰近いのはレギュラーも走れたりする。
ってな訳でぜんぜんあかんわな~と諦めつつ入水したもののそれなりに波乗りにはなった😁
今日はタッパ&トランクスで入ったが、それでもちょっと肌寒さを感じたってことで秋が確実に到来っやわ~🍁



 お昼は中村を挟んでまったく反対方向に走って🚗「庄寿庵」🍜(高知県高知市北高見町255−1)にて、今日はこれしか食べる選択肢はないって思いっきりロックオンしていた特カツ丼🐷
そして南国製菓 四万十郷 水車亭(みずぐるまや 高知県高岡郡四万十町古市町3−30)と道の駅あぐり窪川(高知県高岡郡四万十町平串284−1)を経由して、四万十川上流の打井川は、今もカッパがすんでいるとのうわさがある山奥の清流なんだが、そのほとりにある海洋堂かっぱ館(高知県高岡郡 四万十町打井川685)へ。


 「四万十川カッパ造形大賞」応募作品など、館内外に常時500点以上ものカッパの造形を展示していて、館内・館外の至るところにカッパがいっぱいおるねん…😅


 山奥のへんぴなところにある奇想天外なミュージアムすぎて、なんでここに来てみたいと思った自分の神経を疑いそうになる…😓



 入場する際に「どこから来たのですか?」と尋ねられ「神奈川やねん」って答えたら「かっかっ神奈川っ💦どんだけ河童好きなんですか~っ❓💦💦」と相当驚かれてしまって、ますます自分の物好きさの神経に疑問が募る…。



 メインの展示館の横には、1891年に梼原町に建てられた築125年の茅葺き屋根の古民家が移築されていて「四万十かっぱ塾」と名付けられたこの古民家には囲炉裏があり、ほんで河童が生意気にも飲んだくれてとる🍶
俺も仲間に入れやがれ~って叫びたいが運転があるので自主規制…😞
普通の人なら当然「海洋堂ホビー館」に行くのだが、今日はとにかく自分の物好きさを十分に封じ込めておきたいので四万十に戻ることにするが、またカーナビにやられた~😱
通称「酷道ヨサク」、四国随一のボロ道、酷道の中でもトップクラスに酷い国道439号に導かれてしまってまんまと突入してしまったのだ~💦💦💦
路面はボロボロ、一度ツッコんだら引き返せない、対向車が来たら終わり…。
杓子峠までは延々登りで、高度が上がってくるにつれ雲の中に入っているようで視界も悪い。
どこまで登るねんってときどきふと集中力が遠のくなか、ようやく峠を越えたと思ったら、左側の断崖にガードレースがなく、しかも路肩がボロボロでそして落ち葉や枝や落石の岩がゴロゴロしている下り道が延々と続く…まぢか…。
酷道愛好家らのあいだでは日本三大酷道のひとつに数えられているというが、勘弁してくれよ…😭
対向車に2台に遭って、這々の体ですれ違い、そして高知県の道路管理の車が先行していてそれを追い越し、これで済んで、無事に走り抜けれて良かったよ。



 運転ふらふらでホテルに帰ってきたが、今日は精神的には運動十分ながら肉体的には運動不足ってことで、雨も上がったから軽くランニングした後、季節料理 たにぐち(高知県四万十市中村大橋通4丁目50)へ。
モイカの刺身、青さ海苔の天麩羅、川海老の唐揚げ、にぎり上🍣、たにぐちでは俺的には刺身とか食わずに、とにかく「にぎり寿司」の並と上を一人で食べれば、CP的にも味的にもお腹的にも満足度にしても一番🆗だと思っているが…😁
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR