昨夜はこけこっこの絨毯爆撃なハーレムnight♡

 前に、同僚とJRと京急の蒲田駅の間の繁華街を歩いているときに「この店、蒲田っぽくない店やね~ww」って笑いながら入ってみたら、なんと抜群に美味しくて、これは、できればメニューをたくさん制覇するために多人数で、あらためて来なくてはならないと決意していた、鶏料理専門店の鳥樹 蒲田店(東京都大田区蒲田5-18-11 03-3739-3955)。
昨夜、社労士仲間女子3人と自分の、ハーレム状態♡で、念願かなって再び行ってきた!
ちなみに昨夜の飲み会に至った経緯を説明しておくと、昨年、あの難関だった社労士試験で見事合格したAちゃんとKさんが、こないだの相馬塾をサボった自分に、「会えるかと思っていたのに来てくれなくて残念でした~」なんて可愛いこと(←お愛想かもしれんが…)言ってくれちゃってくれちゃったので、ついつい頭に乗って勘違いした自分が「しゃーないなー、そんなに俺に会いたいんやったら、あらためて飲もうか~」なんて調子乗っちゃって言っちゃって~、それなら「せっかくだから相馬塾のどなたかも交えませんか」って提案したら、彼女たち、間髪入れずに「M子先生がいい!」ってことになった。(Fさんを想定しての提案だったが、Fさんじゃなかった、ごめんね~、Fさ~ん、ざんね~んっww)
よし、蒲田地元のM子さんをお誘いするなら、「鳥樹で飲みましょう」がきっとキラーコンテンツになるよってことで、このお店を指定してお誘いしたのやけど、しめしめ、M子さん、まんまとそんなお誘いに応えてくれたので、昨夜の鳥樹ハーレム(?)nightと相成ったのだ~♪(*'▽'*)Thank youデス!


 今回は2階の掘りごたつのお座敷(めっちゃ狭い(^◇^;))、カウンターで板前さんの仕事を見ながら食べるのがおつやけど、今回は4人だからそれは辛抱や。
席に着くとまずは「お通し」。
このお店のお通しは基本的に納豆なんやけど、「どんだけ人間落ちたとしも、腐って臭うものだけは食わんっ!」というまっとうな自分は、人として納豆を回避、自分のお通しは、うずら卵の黄身を落とした大根おろしにしていただく(前回来たときは俺のしゃべりを聞いて気付いたのか「大阪の方のようですけど納豆大丈夫ですか」と尋ねてくれる気配りのおかげでお通しを選択できることを知ったのだ)。
続いて、サービスの鳥スープも出てきて、ほっこり気持ちとろけた。
さてさて、最初はお上品にお野菜からスタート、ささみの載っかった「鳥樹風サラダ」はドレッシングに胡麻を選択(中華風も選択できる、胡麻ドレッシングだとちょっと棒々鶏みたいになってしまった)、それから以前に食べてむちゃくちゃ珍味っぽくて美味しかった「ささみアボガド和え」、アボガドって万能食品やね~さっぱりしたささみにアボガドのインパクトが絶妙のコラボ。
さ~て、食べまくりモードスイッチオン!
「特大もも焼き」は食べやすくカットしてもらって、脂っこくなくてさっぱりしていて、とは言ってもかさかさってことでもなくて絶妙(骨に付いたお肉の部分は食いしん坊Aちゃんが、乙女な遠慮もなく大口開けてがっつりむさぼり食っていた~!)。


 「当店名物ももたたき」(メニューに当店名物って書いてある)は、一般的な刺身の湯引き的なのを想像していたが、ここのたたきは、表面はがっつり焼いてあって中がレア、宮崎のもも焼きのような感じ、刻みネギと絡めた甘辛い醤油ベースのたれで食す(このソースが美味い!)。
このお店をよく利用しているM子さんが「お腹いっぱいになってからの仕上げに食べると美味しさが半減するので先に食べてほしい」と薦めてくれたのが「ミニそぼろ丼」、白ご飯に鶏そぼろがたっぷり載っかっていてそこにうずら卵の黄身がトッピング、混ぜ混ぜして食ったらふわ~って口の中に旨味が広がって幸せな気分になる。
たしかにこのタイミングで食べたのは正しい、いい感じの箸休めになっている。
さらに「これに、最初に出てきた鳥スープをぶっかけたらさらに幸せになれますよ」とアドバイス、「御意m(__)m」ってことで、追加でスープをオーダー(2杯目は@100円)。
スープをひたひたに流し込んでお茶漬け風にして食ってみると…やべ~っ!昇天や~!(*^O^*)シアワセ~♥♥
店員さんが「にいちゃん、ねーちゃん、大きな声では言えねえが、裏メニューがありまっせ、いっときますか?いっしっし」とささやく…。
これが噂の裏メニューやそうや、残念ながら裏メニューパート2は品切れになっていたので、パート3(「せぎも」鳥の腎臓の串焼き)とパート4(「さえずり」鳥の食道の焼き物)をいただく、これがまたほんまにビールが進むねん~!☆□\(^_^ )プハー
またまた店員さんがこっそりとささやく…「おしんこが売れ残りそうなんですよ、協力してくれません?」、なんちゅう奨め方じゃ~っとバカうけしながらちゃんと協力をさせてもらいました、ぬか漬けキュウリ、箸休めに最適、お口の中さっぱり~、これでまだまだ食えるで~(^O^)v(それがお店の企み?)


 前に来たときに美味くて堪らんかったこれを絶対に外したらあかんでしょ~な「わさびの挟み焼き」、山葵の辛さがつーんとほのかに来るが、辛さが勝ちすぎることなくさっぱりとした鶏肉にはちょうどいいアクセントになっていてぱくぱく口に運んでしまう魅惑的な一品、あかん、またまたビールが進んでしまう…「にいちゃんビール追加!( ^_^)/□」
まだまだ食うで~、とここに来てまさかのもも肉の唐揚げ、外はパリパリ、中は実にジューシーながらレアに近い火の入り加減が絶妙で、脂っこさを感じない絶品、これなら幾つでも食えそうな気がしてしまう。(いやいやええ加減満腹のはずやろ)
さっぱりしたものに戻そうと「そぎ身のお造り」をオーダー、ほんのり桜色のみるからに新鮮そうな鶏のお刺身、山葵醤油で上品な味わいがうれしい~。
そして板わさならぬ「とりわさ」、湯通しした鶏肉をわさびでいただく、これがまたやばい、日本酒が欲しくて欲しくてたまらんなったが、この時間に日本酒やってしまうと帰りの電車で乗り過ごすこと必至なんで自粛。
これで〆やろ~と思っていたら、もう一品注文していたことを忘れていた、最後のとどめが鶏団子おろしポン酢、まだ食うのか~、さすが、食いしん坊な美魔女社労士の皆さん、やるね~(*´∀`*)スンマセンナマチュウモウイッパイ…

 いや~しかしほんまに満足でした~っ、こんだけ、鶏肉の波状攻撃、こけこっこの絨毯爆撃浴びながらちってもあきないねん!
是非、また行きたいこのお店、まだまだ制覇していないメニューが残っているのだ!
おっと、そういえば、社会保険労務士的な会話もたくさんしたのやけど、紙面の都合で泣くなく割愛しておきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR