fc2ブログ

🕕潮が少し引いてきて、ぎり割れだしたもも🌊 ⇒ 連合第93回メーデー中央大会 ⇒ 渋谷エクセルホテル東急&山家本店🍺 ⇒ 「新」国立競技場⚽️


【🏄11-43 CATCH SURF ODYSEA LOG 7'0"】5時🕔に起きてみたが潮が多くてまだ割れない…5時半に目覚ましを合わせなおして二度寝💤
5時半🕟、まだ割れていない、6時にセットしなおして三度寝…
6時🕕、もうだめだ、出掛ける都合もあるし、もう浜に行ってみる❕


 潮が少し引いてきて、ぎり割れだしてる、もも🌊
浜瀬海プロのスクールをしているところを避けて、壁のところで入るが、うねりが集まってくる三角波で、レギュラー・グーフィー共にそこそこ乗れる😛
ちなみにこの波の中にどなたかが埋もれています💣


 これからもっと引いてきてよくなるんやろうけど、中央メーデーに行かなくてはならないので、後ろ髪を思いっきり引かれつつ45分ほどの入水で脱水だ。


 新型コロナウイルス流行のため控えていたリアルの終会は3年ぶりの連合第93回メーデー中央大会@代々木公園。
しかし参加者は例年の8分の1ほどとなる5000人程度に制限しているし、結集デモは中止。
傘の花が咲いてしまって、うちのや、うちの仲間の桃太郎旗がよく見えない🌧️
芳野会長はあいさつでコロナ禍に加え、資源価格の高騰や円安で物価上昇が懸念される中、派遣など非正規雇用で働く人や女性、外国人労働者らが「大きな打撃を受けている」と指摘、格差是正が重要だとした。
集会には岸田文雄首相の代理で松野博一官房長官が出席、松野氏は「政府としても賃上げ税制の拡充など、企業が賃上げをしようと思える雰囲気を醸成していく」と強調したが、夏の参院選をにらみ連合との接近ぶりをアピール、野党を分断する思惑が透けて見えてきて、会場は「しらーっ」とした雰囲気が漂っていた。
また、原宿駅から会場までの路上で国民民主党が街頭演説とビラまきをしていたが、政府に擦り寄り、維新と手を結ぼうとしたような政党からビラを受け取る筋合いはない。
一方、立憲民主党も同様に街宣していたが、もちろんこちらからは満面の笑みでビラを受け取り、落合衆議院議員や塩村あやか参議院議員、山口拓都議会議員にはちゃんとご挨拶😊



 で、メーデー終わって、渋谷エクセルホテル東急で打ち上げやねんけど、ガンバ大阪の皆さんが食事来てて。
思わず、ユニ見せて、あとで応援行きます、ってパトちゃんらに声掛けたら「がんばりまーす」って😆
ホタテ貝のプランマンジェ鯛のマリネと新玉葱のムース添え、豪州産牛フィレ肉のロティとフォアグラ ポテトグラタンと空豆のピュレ赤ワインソース、パティシエからのデザート🍴
その後、メーデーのあとの恒例の「鳥竹総本店」に行ったら満席で、「山家 本店」にて3時間以上飲んでいたが、映えないんで写真は無し😁


 酔っ払り~んな俺は一人で大雨の中、「新」国立競技場へ。
前の国立競技場は、2014年1月13日に開催された第92回全国高校サッカー選手権の、ともに初優勝(県勢としても初優勝)を目指す富山県代表である富山第一と石川県代表の星稜決勝戦観戦が最初で最後だった。⇒高校サッカー決勝戦、最初で最後の国立競技場かな~。



 明治安田生命J1リーグ第10節のFC東京vsガンバ大阪(FC東京のホームゲーム)。
席はビジター席(ゴール裏)である1層南サイド117ブロック14列44番、ぎりぎり☔は回避できそうだ。



 国立競技場が改修されて以来、初めて行われるJ1リーグの一戦で、LEDムービングライトと約500発の花火による演出で盛り上げる。
FC東京は4試合無失点も3戦連続スコアレスドロー中、G大阪も3試合未勝利の中でこの試合を迎えた。
スタメンにはFC東京がディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑、松木玖生らを起用、対するG大阪は山見大登やレアンドロ・ペレイラ、齊藤未月らを送り出している。


 互いにいくつかのチャンスを得ていく序盤、7分には左サイドのアダイウトンがカウンターから長い距離を運んでパスを送る、ボックス左の安部柊斗が右足でシュートを浴びせたが枠を外れた。
その後、FC東京が支配率を高めてゴールに近づいていく一方、G大阪は要所で細かい繋ぎを見せながらも簡単にはシュートまで至らない。
スコアが動いたのは38分、FC東京ボールの右CKからエンリケ・トレヴィザンがヘディングシュートを放ったがバーに直撃、跳ね返りに反応したアダイウトンが抑えの利いた鋭いシュートを打ち込み、G大阪DFに当たりながらもネットに突き刺さった。
FC東京にとってはリーグ4試合ぶりの得点となっている。


 折り返して迎えた後半、ビハインドのG大阪はハーフタイム中に選手交代を敢行。坂本一彩に代えて中村仁郎と、18歳の選手同士を入れ替える。早々の49分にはボックス手前中央でこぼれ球に反応したダワンが強烈なシュートを放ったがバーに阻まれた。
追加点を目指すFC東京は63分に選手交代を敢行。アダイウトンに代えて負傷明けとなるレアンドロを送り出したが、レアンドロは今季、開幕戦以来の出場となる。
すると65分、センターサークル付近でボールを持ったレアンドロが巧みな身のこなしでボックス内に侵攻。最後は右脚を振り抜いてゴール左上隅を射抜き、貴重な追加点をマークする。
G大阪は70分に柳澤亘に代えてパトリックを投入するなど打てる手を打っていくがFC東京も落ち着いて対応、反対に76分には最前線の永井が猛プレスにより三浦弦太からボールを奪取し、G大阪DFが居ない状況のボックス内でGK一森純を引き付けた永井が横パスを選択、レアンドロが難なく押し込んだが、VARオンフィールドレビューにより永井のファウルが取られて得点は認められない。
決定的な3点目を与えなかったG大阪だが反撃弾を浴びせることもできずに(良い形でのシュートは何本もあるがすべて枠をとらえない)試合が終了。
この結果、FC東京が4試合ぶりの白星かつ得点を記録したうえ、GKヤクブ・スウォヴィクは4試合連続のクリーンシートを記録したが、対するG大阪は連敗かつ4試合未勝利となっている😫
気温が低く身体は冷え切っていたが、試合結果で心まで冷え切ってしまったわ~😱

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR