fc2ブログ

1940年に「幻の東京五輪」

 7年後に東京オリンピック・パラリンピック開催されることが決まってしばらく経つけど、まだまだ盛り上がっているね~。
開会日が近づくにつれ、7年間もかけてどんどんあげあげ、もっともっと盛り上がっていくと思うと、「日本中、みんなアホになってまうんとちゃう?」という心配をしてしまいそうだ。(2002年のサッカー・ワールドカップの時はこんなでもなかったでしょ?)
とりあえず経済効果に期待しているのだけど、それは東京だけ出なくうまく日本全国に波及して欲しいなあ。

 ところで、今回の五輪招致について、欧米以外の有色人種国家であって、アジアにおいて行われる史上初めてオリンピック大会、そして紀元二千六百年記念行事として準備が進められていたが、けっきょく開催権を返上、実現には至らなかった、1940年の、幻の東京オリンピックの時と背景が似ているとつぶやく友人がいるのだ。

 中国や韓国など周辺国との関係が悪化しているような今の状況のなかで、そんな状況だからなのか、戦争放棄の9条や、その9条などを改正するための憲法96条の改正など憲法を改正しようとする動き、憲法を改正するまでもなくとりあえず解釈改憲によって集団的自衛権の行使が可能なようにしようなどなど、いつでも戦争が出来るという準備が進められているよう。
そして、景気を良くするためか国威発揚の必要があるのかオリンピックの誘致となったのか、って飛躍して考えているようです、その友人は。

 1940年の幻の東京オリンピックは、1937年の盧溝橋事件から拡大長期化した日中戦争、その戦争のために鉄鋼を中心とした戦略資材の調達、中国大陸における利権をめぐって日本と対立していた国々の開催反対圧力などがあって開催返上となったそうだ(代替の開催地はヘルシンキとなったのだけどこちらも第二次世界大戦勃発により開催が出来なかった)。

 今って「戦後」だよね、「戦前」でないよね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR