fc2ブログ

WATER RAMPAGE BIG SPACE FISH 2021年モデル 6'2" 188cm×57.15cm×7.62cmをようやく手に入れた~🤣 目指せっ、卑怯なTakeoff❗❗😁


 WATER RAMPAGE BIG SPACE FISH 2021年モデル 6'2" 188cm×57.15cm×7.62cm

 2月に2021年モデルが明らかになったと同時に、ビラボンショールームこと「BILLABONG STORE OCEANSIDE 平塚」(平塚市千石河岸56-5 )のビラ子さんに、この板をオーダーしたが、何度かの「入荷したよ」「入荷するかも」詐欺を経て(笑)、本日、ようやく手中に収めた❗


 金曜に「一部、届くってー連絡きたー!だけど、また早まって言って開けてビックリ違ったらダメだから確認して確実に目で見たら連絡する‼️」
月曜に「この62!!!確保!!🙌🙌🙌🙌ネイビー来なかったから黒!になるけど🙇‍♂️🙇‍♂️」「まだ工場にあるからショールームに移動したら連絡するーーー!!!」「ショールームに持っていったー🙌わたし今日居ないけどー🙇‍♂️明日明後日は居るー!大変長らくお待たせしてすみませんー!🙇‍♂️」ってなやりとりがあって、いやはや、もしかしたら昨日の今日で再びの大どんでん返しがあるかもとドキドキしていたが、ちゃんと名前を書いてキープしてくれてたよ😅


【WATER RAMPAGE(ウォーターランページ) 日本正規品】
 流行やブランドに試合されず、海でのライフスタイルを誰しもがカジュアルに楽しむ為に開発された「WATER RAMPAGE」
ソフトな素材を用いたボードやフィンは、誰もが安心して楽しく遊ぶことが出来ます。
ドメスティックブランドだからこそ成し得る、EPSフォームのデンシティチューン、
レイヤーやマテリアルも調整し、日本の波質や日本人にあったボードデザインをコンピューターシェイプによってデザインされています。


【MSF-62モデル】
スペースフィッシュはパーフェクトなオールラウンドのショートボードでビーチブレイクに最適です。
幅広のフィッシュから影響を受けたアウトラインはヒザから頭サイズのどんなコンディションでも楽しくサーフィンできるでしょう。
とてもパドルが楽で、簡単にたくさん波を捕まえられ、ボトム形状の特別なデザインにより加速性にも優れた夢の様なボードに仕上がっています。
よりイージーに波をキャッチしたいサーファーには、6'2"も選択可能でパフォーマンス性を損なうことなく、クルーズできる。

ボードスペック
長さ 6'2"(188cm) 幅22 1/2"(57.15cm) 厚み3"(7.62cm)
フィンタイプ ソフトフィン、SETフィン 4フィン(4プラグ)、ボリューム 50L (リットル)、レベル 初級~上級者



 さて、問題です、この写真と…、次の写真との違いを3つと、両方に共通したところからの大きな決断を見つけてください。


 答え~🤣
この「BIG SPACE FISH」に付属のフィン、ソフトフィンってなっていたのに、FCSⅡのフィンを渡されたが、部屋に帰ってきて装着するも、どう考えても入らない…
狡いことを考えたら、高価なこのFCSⅡは貰っておいて、手持ちの旧のFCSのQuadを装着しても良いのかもってほんの一瞬だけ企んだが、いやいや、ビラ子さんを困らせたらいけないなって思って、電話したら、やはり渡すFinを間違っていた模様。
まだ🍺飲んでなかったので、再びバイクでショールームに走って、そもそもの付属ソフトフィンを受け取ったら、なんと、おまけにめっちゃ冷えたサッポロ黒ラベルと柿ピーがもれなく付いてきた(爆)


 そして大きな決断とは、FIREWIRE Slater Designs Sci-Fi 2.0 を買うことにしたこと。
その証拠で、「FCS2 FW FIREWIRE PERFORMANCE CORE TRI-QUAD FINS / FCSII」のLargeを先行購入してしまった。
今、FCS2は入荷がめっちゃ厳しくて、今ある在庫が売れてしまったら、次の入荷状況が予測出来ないと言うことからだ❗❓
ちなみに、この「Sci-Fi 2.0」の購入に関して、ちょっと今日の時点でまだ悩んでいることがあって、そのことはまた後日に書く。

 さてさて、今日のうちの海は、強烈な南風で大クローズアウトながら、今夜、日付が変わる頃からオフショアに代わる模様なので、この「WATER RAMPAGE BIG SPACE FISH 6'2"」の進水式を明日の朝に出来るかな?
目指せっ、卑怯なTakeoff❗❗😁

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR