畳と女房とサーフボードは新しい方がいい!(うそです!)Vol.2

 「畳と女房とサーフボードは新しい方がいい!」なんてほんとに思ってへんから、ネタやから。

 って前置きをしてから…。
Firewire POTATONATOR 6'0"×21"×2 5/8"をオーダーしたのが3月の中旬、出来上がって受け取ったのが5月11日(日)、「いよいよ進水式だ!」とデッキパッチを貼ってフィンをセットしようとしたら、FCSのプラグに不具合が見つかったのが5月16日(金)、翌日にFirewire Japanに持って行った。
ファクトリーにてFCSプラグのねじ山の修復を試みたが上手くいかなかったようで、結局、再オーダーとなってしまい、その板が昨日ようやくFirewire Japanに入荷した。


 明日からの休暇に間に合った、ぎりぎり。
間に合わなかったら、新しいFCSプラグを埋め直した最初に納品された板をとりあえず使っておいてくれたらいいと言うことだったが、その埋め直しの板が仕上がったのが、こないだの土曜で、新しく作った板が届くのが昨日と言うことだったので、修理した板を借りることなく間に合った。
ちょうどトリップだからということで、入荷した梱包のままで受け取ったが、これでは自分のボードケースに収まらなかった。
この梱包を維持したまま、苦労してステッカーを1枚張り、サービス(最初の板に新品のデッキパッチを貼ったがそれは無駄になったのでサービスというより代替かな。)となったデッキパッチを装着したのに…ゴミが増えただけとなった(苦笑)


 「明るい色のデッキパッチを」というテーマでこのデッキパッチを選択したが、よく見ると思いっきり湘南ベルマーレやんっ(゜▽゜*)
「こりゃいかん」と、ガンバ大阪のステッカーで武装したが…。
これでますます平塚の海ではアウェー感増殖するかもと言うことに貼ってから気付いてしまった…(__*)

 進水式は明日の予定です。

 ところでザックJapan、残念だった。
そもそも1勝1分1敗という奇跡を起こせば決勝トーナメント、って作戦やったけど、奇跡は起こらなかった(逆にギリシャがしっかりとそれをやった)。
調子を落としている本田、香川、長谷部を使わざるをえないという日本の状況では無論奇跡を呼び込めなかった、辛い現実。
アジア勢では、そうとういいサッカーをしていたオーストラリアは組み合わせに泣いた、実力を120%くらい発揮しているイランは第3戦の結果次第で可能性を残している、日本以上にポンコツな韓国も予選リーグ敗退が濃厚。
W杯本番にピークを持って来れない限り、世界は厳しいな、やはり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR