fc2ブログ

大阪都構想(ほんとは単に大阪市解体構想)再び否決っ!!


 昨日は「ホテルサンルートプラザ新宿」で、新型コロナ感染症拡大による企業の対応に関する社会保障・労働法制についてを講演、最近このテーマでの講演依頼がひっきりなし。




 大阪都構想の住民投票結果が気になっていたが、懇親会⇒二次会⇒三次会と飲んだくれた結果、部屋に戻ったとたん、瞬殺で(o_ _)ozzz
朝起きて、ニュースをチェック、都構想は再び否決されたことを知って、大いに安堵、大阪市民、正しい判断をしてくれた!
「維新の会」は、この10年で2回の住民投票で多額の税金を費やし、このバカな都構想に大阪府・大阪市の人員や税金を無駄に浪費し続け、府民・市民を分断してきた。
やっとけりが付いた、次はIR(カジノ)と万博をつぶさなきゃ!




大阪都構想関連に公金100億円超 府市13年以降に 人件費や選挙など 毎日新聞 11/1(日) 22:40配信
 地域政党「大阪維新の会」は2010年に結党して以降、党最大の公約に掲げた「大阪都構想」の実現を目指してきた。制度設計を担う大阪府と大阪市の共同部署「大都市局」が設置された13年4月以降、都構想関連の事務には少なくとも100億円を超える府市の公金がつぎ込まれ、多くの職員も投入された。
都構想の法的根拠となる大都市地域特別区設置法(大都市法)が12年9月に施行され、府市は翌13年2月に制度案を協議する法定協議会を設置。4月には約100人の職員を集めて大都市局が発足した。
 14年2月には、当時の橋下徹市長が都構想の議論が行き詰まったとして、「法定協の反対派メンバーの交代」などを公約に掲げて出直し市長選を仕掛けた。橋下氏は3月に再選され、15年5月の住民投票にこぎつけたが、反対70万5585票、賛成69万4844票の1万票差で否決され、政界引退に追い込まれた。大都市局も6月に廃止された。
 しかし5カ月後、都構想への再挑戦を掲げた知事・市長のダブル選で勝利。知事に松井一郎氏、市長に吉村洋文氏が当選した。16年4月に再び府市にまたがる「副首都推進局」が設置され、最大約100人の職員が毎年投入された。大都市局と副首都推進局の総人件費は計約68億円に上る。
 維新は19年3月に法定協での議論が再び決裂すると、知事と市長の立場を入れ替えたダブル選で圧勝し、2度目の住民投票にこぎつけた。大都市局が設置された13年以降、首長選は14年の出直し市長選を含めて3回実施され、計約18億円が費やされた。
 また住民投票関連の経費を巡っては、5年前が約8億1000万円。今回は住民説明会が8回のみで39回実施された前回より大幅に減ったが、新型コロナウイルス対策などで経費がかさみ約10億7000万円が予算計上されている。





 ところで今夜は、アトレ品川の「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」⇒ディープ港南口ゾーンの「いぶりや」やって。
「都構想反対決定ばんざ~い」の祝勝会!
ってわけではなかったけど、とにかく、へべれけのよっぱらり~ん🤣

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR