fc2ブログ

望み 少年犯罪に巻き込まれた息子を持つ両親の真逆の望み、どうしようもなく救いがない家族の物語。


【🎦32 うち試写会1】 一級建築士として活躍する石川一登(堤真一)は、誰もがうらやむような裕福な生活を送っていたが、高校生の息子が無断外泊したまま帰ってこなくなってしまう。その行方を捜すうちに、彼が同級生の殺人事件に関わっていたのではないかという疑いが浮上してくる。たとえ被害者であろうとも息子の無実を信じたい一登、犯人であっても生きていてほしいと願う妻の貴代美(石田ゆり子)。二人の思いが交錯する中、事態は思わぬ方向へと突き進んでいく。

 雫井脩介の小説「望み」を原作にしたサスペンスドラマ、幸せな生活を送っていたはずの夫婦が、息子が同級生の殺人事件への関与が疑われたことで窮地に立たされていくという映画。
少年犯罪に巻き込まれた息子を持つ両親の真逆の望み、息子の無実を信じたい父の一登、たとえ殺人者であろうとも生きて罪を償ってほしいと願う母の貴代美の思いが交錯する。


 そのどちらも理解できる、しかもどちらが叶ったとしても悲劇的な結果が待っている。
自分は、このシチュエーションを自分の孫に置き換えて観ていたが、言うまでも無く、どんどん重苦しい気持ちに追い込まれる。
どちらであって、決して幸せな結末とならない結果を受け入れいるしかない、どうしようもなく救いがない家族の物語。


 行方不明となった岡田健史演じる規士への深い愛を感じさせられる、本当の家族のように見えてくる素晴らしい役者の演技が見所。
家族を演じる石川一登役の堤真一と石川貴代美役の石田ゆり子は、ま、実力通りなんやけど、なんと言っても雅を演じる清原果耶の演技が光る。
メディアの在り方、周りの人々の態度の変化などを通して描く、何が正義で、何が正しいのか、勝手に正義だ正しいのだと思い込んでる現代の象徴のような様の方が、よっぽど救いがないのだと感じる。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR