「かながわの名産100選」小田原・三浦のいかの塩辛


 神奈川県の伝統と風土に培われた、物産(工芸品、加工食品、農林水産品等)の中から県民の皆様からの推薦を受けて、かながわの名産と呼ぶに相応しい100の品目を選定したものを、「かながわの名産100選」と銘打っているそうで、そのなかの加工食品のカテゴリーの№17が「小田原・三浦のいかの塩辛」。
「小田原・三浦のいかの塩辛は、麹と合わせた塩辛は小田原独特のもので、やわらかな口当たりが特徴。三浦の塩辛は最高級の白づくりでいか肝と天然塩だけを使用した塩辛。糀に百五十年を生きる秘伝の味がある。」だとのこと。


 あまり行ったことがない平塚駅北口の西側にあるスーパーに寄ったら、この「かねきち糀漬けいかの塩辛」が、「お願い、あたしを買って」と妖しく魅力的に艶やかに俺を誘ってきた。
自分は「だめだ…」とその場を立ち去ろうとしたけど、しかし身体は何かに絡め取られたように釘付けになってしまった。
そして心の抵抗とはうらはらに、どぎまぎと「はうまっち…?」

 イカの塩辛って、「辛くて生臭くて」が美味さの肝だと思っているが、この糀漬けいかの塩辛ってのは、辛くないし生臭さがなくて、ある意味、「いかがなものや?あかんやろ!」やねんけど、それはそれ、これはこれ、まったく別物な塩辛やと思うべき。
ご飯がすすむ~、酒がすすむ~( ^_^)/□☆□\(^_^ )♪
明日は大阪に仕事の関係で戻るので、妻や娘に買って帰って、感想を聞いてみよう、きっと絶賛だと確信を持っている!(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR