fc2ブログ

波がないので大山山頂 1252m!大山阿夫利神社頂上本社の御朱印をいただいた!!


 🌊小っちゃかった昨日より、今朝はさらにうねりが弱まり、そしてオフショアもやや強くて、波ない、波乗り無理っ!
で、今日も波乗り行こうって約束していた平塚市民のさとちゃんに先日、「大山登ったことありますか?」って聞かれて「大山阿夫利神社下社までは行ったことがあるねんけどそん時に山頂まで行けるねんや~ってのは思ったけど登れへんかってん」って言うと、「今度行こうよ、綺麗だよ」って言われたことを思いだしたので、「今日、行こうや!」って熱烈要望したら、「今日は海のつもりだったのになんで山~😫心の準備が…」ってめっちゃ嫌がられたけど、押し切ったった~( ̄∇ ̄)



 「湖で無くてよかった~な平塚、んでなんでか落語でも有名でミシュラン☆な大山詣りな一人旅」で書いたが、2016年12月11日ぶりの大山。
前回はバイクで行って、足下はクロックスで、日暮れまでの時間を考えても微妙やったので登らなかったんで、今度こその大山山頂アタックや!
参詣道の入り口の市営の駐車場は満車だったので、同じ値段の民間駐車場に車を駐めて、20分ほど門前街を登っていくと、ケーブカー乗り場、俺的にはここから男坂or女坂をこ登るとこからスタートしたかったけど、門前町の登りですでに機嫌が悪くなっているバディは、きっぱりとケーブルカーの切符売り場へ💦


 「延喜式神名帳」に小社と記載された相模国の延喜式内社十三社の内の一社で、旧社格では県社に列しているという大山阿夫利神社下社にお参りしてから、丹沢表尾根の東端にあり、富士山のような三角形の美しい山容から、古くから庶民の山岳信仰の対象とされた(大山信仰)大山の登山口へ。



 登山口で入山料がわりのような「道中安全」の御守りを拝受してから登り始める、ここの標高は約700m。
いきなり「げっ」ってな石段があって、きっとここで登れる人と登れない人を選別するんやろう、ここだけやろうと高をくくっていたが…😊



 なんやねん、この急勾配はっ💦
1600mの距離、高低差523m、なんと19度、ずっとランジ、石段などで整備されているように見えるがほぼほぼよじ登るような急斜面、特に前半がきっつい🤣
って笑ってる余裕なんてないねんけどっ😫
約85分かかって、さとちゃんがめっちゃ機嫌悪くて超怖かったので、適度な距離感で触らぬ神に祟りなしで、ぜーぜーなんとか登り切った~!
大山阿夫利神社頂上本社に辿り着いた~😂


 山頂、標高1,252m。
海に波が無いからって、なんでこんな高いところにいてるんやろ~ってのがほんま謎…。



 水はたっぷり持ってきたけどおにぎりなど食料を一切持ってこなかった、途中で正午を迎え、食料がないことを痛切に後悔していたが、山頂に着いたら売店があって豚汁を食することが出来た、まじあほやった~、これがなかったら遭難していた!
バンビちゃんと母鹿の親子に遭遇、「あ、こないだ鹿の肉を食べるねん、って言ってたよね、ありえないです!💢」って怒られたりしつつ、さ~って下山。
見晴台経由で降りるという選択肢があるが、距離がかなりありそうなので、さとちゃんは来たコースで降りたいという。
たしかにそっちのコースは90分掛かるようだし、登ってきたコースを降りればおそらく半分くらいで降りれるかなと思って、俺も承諾したが、これも大きな間違いだったのかも。
とにかく足下が悪くて、急斜面で、危なくて危なくてめっちゃ慎重に降りんとあかんで、重力に身を任せたら、落下するやんか~😅
「さと、足が笑ってま~す😫」って、笑うんわ膝やろ~ぎゃははははは~😂



 登りとは違ったしんどさを克服してなんとか下りきった、登りが85分ながら、なんと下りも60分ほど掛かっているってのには驚きや、それほど難しかってんな!
ほんで、🍺飲むわな~足が笑うわ~、ちゃう、のど元が笑うわ~😂
さとちゃんは「帰りは登山道を下るので往きのケーブルカーは片道だよ」って言ってたのに、なぜか復路の切符をさも当然かのように持ってるのはなんでや?


 いただきました、大山阿夫利神社頂上本社の御朱印、山頂の社務所に神社の方がおられて、山頂で御朱印を描いて貰った~、すげ~っ!



 平塚地元の映画館が再開しているし、久しぶりに映画館で映画が観たいって思っていたが、この状態ではねること必至。
今夜は本日消耗しすぎたエネルギーと、明日からの仕事のエネルギー充填のために「うな勝」、肝焼き・う巻き・骨せんべいと食べていくと、鰻重はもう無理なんで、仕上げは鰻丼で。(御飯を残してしまったが)
さ~って、次はどこ登って御朱印貰おうか?エベレスト?K2?富士山?天保山?

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR