fc2ブログ

雇用調整助成金ってブラック企業は使わないからね~、でもうちに加盟している労組は、しっかりと労使で協議・対応していてくれてることが心強い!って思いながらの出勤前生コンset胸!


【🏄32 Firewire POTATONATOR 6'0】昨日の時点の感染者数を都道府県別に人口1万人あたりで見ると、一番多いのが東京(1.571人)、続いて、②福井(1.189)、③石川(1.059)、やばい、妻・長女・孫1号ら家族のいる④大阪(0.949)も1人を超えそうだ、⑤高知(0.85)、⑥京都(0.791)、⑦千葉(0.758)、⑧福岡(0.73)、⑨兵庫(0.7)、⑩神奈川(0.623)とうちとこも0.5人超えてしまった、⑪埼玉(0.565)、⑫岐阜(0.561)、⑬北海道(0.515)、そしてなんと次に次女と孫2号がいる⑭沖縄が0.497人!
そんな中、うちの労組連合会に加盟している各組合、特に貸切バスやタクシーの組合から、雇用調整助成金に関する問い合わせ、質問、具体的な対応についての相談が、どんどん増えている。

 雇用調整助成金のコロナに関する特例用のガイドブックが更新されたし(4月10日のはちょっとミスタイプが多かったが修正された版)、FAQも公表された。
「雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)令和2年4月13日現在」
「雇用調整助成金FAQ」

 2月終わりくらいから相談が始まって、3月の段階では、相談の窓口は、うちでは自分に一本化してきたが、最近ではとても自分一人では対応しきれないので、よほど深い対応以外では、オルグ担当の役員が誰でも対応出来るように、今、窓口を拡げられるようにしている最中。


 具体的な申請手続きに関しては、当然、労働組合の責任ではないのだが、休業させる対象労働者の選定、休業時に補償される休業手当額(労基法第26条では休業手当は「平均賃金の60%以上」であるけど、あくまでも以上が付いているので100%、いや、より以上であってもいいわけで)、労使協定の内容、などについてはしっかり労使で交渉して欲しい。
この制度はあくまでも事業者(会社)に支払われる助成金であって、休まされた労働者に支払われるお金ではない。
会社に「休め」と言われて賃金を補償してくれないという相談が、いろいろな相談窓口に殺到しているようだが、労働組合のある会社、ましてやうちに加盟している労組には、そんな悪徳なことはしない!(はず)
でも、経営が厳しい状況になっても、従業員をなんとか守りたいのだ、ってな経営者(会社)には、従業員(組合員)に充分な賃金補償(生活保障)をしていただいて、そしてうまくこの助成金を使って事業・経営を守って欲しいので、一生懸命、自分は相談に乗ります!対応します!
がんばりましょうね!!


 今日は、どうしても皆が集まらないとどうにもならない会議があって出勤、しかしながら役部員と担当部署の職員だけで必要最小限のメンバーで開催。
昨日、春の嵐を引き起こした低気圧が通過した出勤前、set胸ながら満潮なのでめっちゃインサイドで割れるほぼほぼダンパー、切れ間から乗れれば何とかなるか~、って切れ目ないやんっ💦💦

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR