大阪で一番おいしいお好み焼きを食べさせる店は絶対にこの「笛」


 5月4日、大阪は京橋在住の友人2人と、お好み焼・鉄板焼「笛」(大阪市都島区東野田町5丁目2-7 06-6351-5616)に、2012/11/13以来、約1年半ぶりに行ってきた!
自分としては、大阪で一番おいしいお好み焼きを食べさせる店は絶対にこの「笛」だと思っている。
ここ、お好み焼き屋さんながら、酒の肴メニューが豊富なのもすばらしく良くって、まず最初に是非食べていただきたいのは、この「すじポンズ」450円、丁寧に下ごしらえしてあってすこぶる柔らかく臭みのくの字もない牛すじを、ポン酢と紅葉おろしとネギで食べる、これだけで生ビール3杯くらいいけてしまう♪(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) ノムゾォー!!


 「粉ものを早く食べたい!」と逸る気持ちを抑えつつ、2品目は「下足しお」350円、こりこりぽりぽり頬張りながらグビグビと杯を重ねながら、そろそろガツンとソースを味わいたくなったので、次は「とん平」600円、とん平とは豚平焼とも言い、笛のとん平は肉厚の豚肉をたまごで巻いたもの、続いて鉄板焼き屋にも関わらずなぜか名物料理の一つになっている「焼き餃子」400円(やったかな?)、この餃子ほんまに侮ってはならない、餡がふっくらとしていてボリューム満点で肉汁じゅわ~でこれまたビールがやばいほどすすむ~( ^_^)/□☆□\(^_^ )
再びさっぱりメニューでお口の中をリセットしておく、宮崎地鶏のたたき600円(やったかな?)とトーフサラダ550円、本日一緒に食事しているのは「Miss京橋商店街」の2人(Miss=ざっくりやけど、京橋商店街=ま、そんなもんで)なので、こういうのも食べておくのだ。


 「そろそろお好み焼きを1枚食べたい、もう我慢ならん!」と暴れ出した女性が約1名、大阪では「牛すじ」というのは食文化の一つだという説もあって、ここで再びスジにこだわって「牛すじ玉 」750円 をトッピングなしの直球勝負で食す、ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ~これ、これやねん!
普通に焼きそばに行くか、少し変化球にするか悩みながら、女性が大好きな「オムそば」800円、焼きそばをオムレツのように薄焼きの卵多めの生地でロールしたもので、さっぱり味ながらずしーんとお腹に来るボリューミーな一品。
これでそろそろ終わりにしようかと迷いながら、食いしん坊万歳、ラストスパートに備えてお口の中をさっぱりさせつつも酒量がついつい増えてしまう「うめくらげ」350円。
そろそろ終盤戦、お腹の張り具合を考えると、メニューは厳選しなくては、あと1品でギブアップしてしまうぞ、不安に思いつつ選択したのは、お好み焼き通を極めた通が意外と好むお好み焼き「いかぶた玉」850円、これにトッピングは「もっちーず」+450円、薄いお餅と薄切りチーズが、お好み焼きの上でとろ~りとろとろ。
この選択が大失敗、薄い薄いお餅だといえ、お餅はお餅、胃袋完全にオーバーブローさせてしまった!(__*)
なんとか最後はイカ平まで行き着きたかったのだけど、「もう無理!満腹!」
しかし餅のトッピングは初めて食したが、これは余所よりふわふわである笛のお好み焼きが、ひときわ浮遊感あふれる食感になって新鮮で、ソーズ・マヨネーズの載ったチーズの部分とお好み焼きの生地との間でいい感じのクッションとなって、お口の中でじわ~っと味が混ざり合う感覚が面白い、これはいけるぞ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR