fc2ブログ

風、ビーチク、午後の予定を考えたら早起き波乗りのつもりが思いっきり寝坊してしまった~😱 ぐっちゃぐちゃ~な胸肩🌊 で、Jリーグ開幕戦はガンバ勝利(o゜▽゜)💕We're GAMBA❗❗やった~っ❗❗


【🏄11 Firewire POTATONATOR 6'0】【💪NAS8-12 SmithBenchPress70kg SmithInclineWideGripBenchPress50kg DFry16kg SitUp SideBent】 朝は風が弱まる、ビーチクリンがある(第4日曜に平塚にいるときは参加したい)、Jリーグのガンバ開幕戦はアウェーFマリノスで日産スタジアムに行かなくてはならない、となると早起きしなくてはいけないはずが、思いっきり寝坊してしまった~😱
え~、もう風ビュービューで、昨日の夕方とコンディション変わらんや~ん、潮は昨日夕方より引いているのが少し救いながら~💦


 🌊は胸~肩、ながら風に煽られて面はぐっちゃぐちゃ~うねりはゆ~らゆら~。
アウトで割れる大きめと、割れそうで割れなくてミドル~インサイドでどかっ掘れする波で、できればアウトの緩い斜面からテイクオフしてミドルを上手く繋いでいきたいが、ポジションキープ出来ないねんけど~😫


 最初はアウトから狙ったが、乗っても途中で終わってしまう波しか乗れないし、寝坊のせいで時間もないし、ミドルの波を選ぶことに方針転換して、最後の1本、めっちゃ形が良くてどんどんフェイスが開くのに乗れて、そのままショアブレイクまで乗り切って着岸出来たので、これで「マンライ」ってことで脱水、1時間も入ってなかったが由としておく🎶



 さ~ていよいよ開幕を迎えた2020明治安田生命J1リーグ⚽️、ガンバ大阪の開幕戦は前年王者の横浜F・マリノスとアウェイでの対戦。
ここのスタジアムは、レッズやフロンターレと違って、アウェーに優しくて席はたっぷり用意してくれているので慌てて席取りしなくてもいいので、スタジアムに着いてまずは腹ごしらえ。
いろいろ探査して決めたのは、マリノストップチームの練習後の昼食を提供しているというレストランsMiLe tableってとこのキッチンカーで「ハンバーグロコモコ240g」1300円を選択、値段的には「え~!?」って思ったが、CPは仕方ないとして、味はなかなか良かった。
新型コロナウィルスの感染懸念もあるのだろう、自粛ってムードもあるし、ここの収容人員の約半分、Jリーグ開幕戦とは思えないほど空席が目立つが、それはしかたないな。
しかし、ガンバサポ席は気合充分、めちゃくちゃ盛り上がってるで!


 さて、この試合で宮本監督は、残念ながら敗戦となったルヴァンカップ柏戦からスタメンを2人入れ替え、横浜FM対策として4バックを選択、昌子が入ったら4バックもありと思っていたが、今日は彼はベンチ入りもしていない、大丈夫か!?
オ・ジェソクが右サイドバックに、そして遠藤がアンカーの位置に入り、遠藤は21年連続の開幕スタメンで、そして楢崎正剛のJ1最多記録に並ぶ631試合目の出場へ、すげ~っ、おめでとう🎊
日産スタジアムに34,521名の観衆を集めた注目の一戦は14:03にキックオフ、1分、宇佐美の落としたボールを倉田がダイレクトで狙う、シュートは枠外に外れるも、ガンバがこの試合のファーストシュートを放つ。
3分には倉田のスルーパスに抜け出した宇佐美が左足で狙うも相手GKが左足でセーブ、これも惜しくもゴールとはならないが、ガンバが積極的な試合への入りを見せる。


 6分、相手DFに高い位置からハイプレスをかけるとGKのミスを誘い矢島がボール奪取、これを最後は倉田が押し込みガンバが先制!
欲しかった先制点を奪ったのはガンバ!
その後は横浜FMも前線のスピードを生かした素早い攻撃で反撃を食らう、15分にはゴール前でFKのチャンスを得ると、ティーラトンが左足で直接狙ったシュートは枠外へ外れ難を逃れる。
しかし23分にはガンバにもセットプレーからチャンス、左サイドのCKを宇佐美が蹴ると、キムヨングォンが頭であわせるもこれは惜しくもポストに阻まれゴールとはならず、さらに33分には井手口が相手GKが前に出ていたところを遠目の位置から狙うも朴も必死に戻りセーブ。
お互いにゴールに迫る場面を作りながら一進一退の攻防を見せるが、次のゴールもガンバに生まれる。
34分東口が前線へフィードを送ると、これが相手DFラインの裏に、ハイラインの裏を取り、倉田が抜け出すとゴール前にマイナスのパス、これを走り込んだ矢島がゴールに流し込む。
オフサイドの判定を巡りVARのチェックが入るが、得点が認められガンバが2-0とリードを広げる。(あれ?宇佐美だと思っていた、このゴール💦)
このまま前半が終了し、2-0とガンバがリードして後半へ。



 後がない横浜FMは後半開始早々に決定機を作り出すが、46分のオナイウ阿道のシュートは枠外に外れ、72分にマルコスジュニオールがフリーで放ったシュートは東口がセーブし何とか耐えるガンバ。
しかし74分マルコスジュニオールがゴール中央でパスを受けると、反転し左足でシュート、これがゴール左隅に吸い込まれ2-1。横浜FMが1点を返す。
その後も同点に追いつきたい横浜FMは積極的に攻撃を展開、対するガンバは、75分に矢島に代えアデミウソン、82分に倉田に代え福田、
90分には疲れの見える宇佐美に代え渡邉を投入し逃げ切り体制へ。
アディショナルタイムにもピンチを迎えるも最後まで集中を切らせることなく守り切ったガンバ。
そのまま試合終了の笛が鳴り、相当手強いと思っていた前年王者の横浜FMに対し2-1で勝利、9年振りとなる開幕戦勝利を挙げることができた~We're GAMBA❗❗やった~っ❗❗😃
宇佐美の守備の意識が昨年以上に高く、ハイラインでの守備が強くそして4バックが充分に機能していており守備への安心感があったながら、しかし4バックの割にはサイドの上がりがなかなか出来ずってところが気になりつつ、高い位置でボールを奪ってからの攻撃にはアイデアがあって期待が出来るという感想。
今年は各ポジションの選手層も厚いし、ここ数年以上にガンバらしい攻撃的なサッカーで、なんかめっちゃ期待出来そうなわくわく感がある試合やったわ~(o゜▽゜)💕

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR