fc2ブログ

おでん / 「関東炊き/関東煮」(かんとだき)


 こないだおでん屋で飲んでて、大阪と関東のおでんの違いについて話題になった。
まず呼び方、大阪では「関東炊き/関東煮」(かんとだき)と呼んでいた。(かんとだきの由来はこの記事で、諸説あるようだ⇒「関西ではなぜおでんを「関東煮」と呼ぶのか? 関東とタネや味付け違うのに」)
しかし最近では、大阪でもおでんの方が普通かも知れない、いつからそうなったんやろう。
出汁は、うどんと同じように違う気がする、大阪ではうどん出汁とおでん出汁は同じもので、昆布が主体の薄口醤油でとっても澄んでる。
牛すじやたこが出汁のこくを作るという感じで、出汁の風味がじんわりしゅんだ大根が最高っ、そして出汁だけを飲んでも楽しめる!

 具は、基本的には同じやろ、大根、ゆで卵、昆布巻、コンニャク、しらたき、ちくわ、厚揚げ、がんも(ひろうす)、巾着。
牛すじ、じゃがいも、タコ、ごぼ天は必須やが、これは大阪以外の地域と少し違うらしい。
丸天、つみれなど練り物系や焼き豆腐はかさ上げに使われる場合がある(我が嫁は手抜きの時にそれで誤魔化す)。
ウィンナー、ロールキャベツは子どもが喜ぶ。
タケノコやぎんなんが入っていると、なんか高級感漂い、豪勢な気がしてしまう。
そういえば昔は、必ず鯨のコロが入っていたなあ、でも今時そんな高級食材はないな、昔は安い安いタンパク源やったのに。

 ちなみにちくわぶとはんぺんは絶対にない!
関東で始めてはんぺんを見たときは「スポンジがなんで浮いているのやろう?」って思った。ちくわぶはちくわと思って食べたらなんの味もしないことに驚いた。
浅田次郎がエッセイで、おでん最強の具材であるちくわぶのことを大阪のタクシーの運転手さんに話したら知らないと言われて、いろいろなコンビニ寄りまくって「これがちくわぶだ!」って見せようと思ったらどこにも無かった、大阪のおでんに入っていないのだってことを知って、信じられなくて煩悶したというが、大阪人、そんなん食べへんし。
「ちくわぶ奇譚」で、「個人的嗜好からすると、おでんの三大具は「がんもどき」「たまご」「ちくわぶ」であり、ことに「ちくわぶ」はそれだけのおでんでもよかろうと思うほどの好物である。あのブヨブヨとした食感、くずれているようで芯のある、一本独鈷の渡世人のような味わいがたまらぬ。おでん種のほかにはてんで見かけぬという、一途さもまた魅力である。(中略)関西出張のたびに東京人の味覚は貧しいと思うのだが、ちくわぶばかりは全国区になってほしいと切に願う。」パリわずらい 江戸わずらい (小学館文庫))って書いてるが、それはまずないな!(笑)

 「おでん」は元々、田楽を意味する女房言葉である。田楽、もしくは味噌田楽は室町時代に出現した料理で、種を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、種を茹でた「煮込み田楽」があった。江戸時代になって「おでん」は「煮込み田楽」を指すようになり、「田楽」は「焼き田楽」を指すようになった。


 梅田の「常夜燈」っておでん屋さんで〆で食べて以来、大好きになった、ご飯の上に塩昆布をのっけてそこにおでん出汁を変えて食べるってやつ!
そういえば、関東の人は、おでんは「鍋物」のカテゴリーになるってのも驚いたんやわ!


 さて、大阪に帰ります。
次女と孫2号が沖縄から帰ってきてるねん🤣
今日の飛行機で帰ってくるのだと思ってフライト大丈夫かと心配していたら、昨夜のうちに帰ってきていたとのこと、な~んや😊
久しぶりにリアル孫2号に会える♪
そうだ、妻に「かんとだき」作って貰おうっと♪

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR