fc2ブログ

名探偵ピカチュウ 孫1号(5歳児)と一緒に鑑賞したが、彼は大満足、ピカチューの立場もよく理解していた


【17 試写会4】【D6-34 Crunch LowRowM40,45,50,55kg LatPullDown55kg SitUp】 子供のころポケモンが好きだったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関する事件の捜査から戻らないままだった父親のハリーが、事故で亡くなったと同僚のヨシダ警部(渡辺謙)から知らされる。人間とポケモンが共存する街、ライムシティにある父親の部屋を訪れたティムは、人間の言葉を話す名探偵ピカチュウに遭遇。ピカチュウは、ハリーが生きていると確信していた。

 『ポケットモンスター』シリーズ初の実写作品となるアクションアドベンチャー、かつてポケモン好きだった青年が、父親を捜すために名探偵ピカチュウとコンビを組むという映画。
原題は「Pokémon Detective Pikachu」、オリジナルアニメの実写化ではなく、あくまで同名ゲームの実写映画化。
だもんで、ピカチューは訳あってとってもおっさんキャラ、しかしいくらおっさんでも「テッド」ほどお下品ブラックではなくて、ちゃんとピカチュー(笑)


 東京やロンドンをゴッタ煮した街並みに、ポケモンと人間が共存する世界を違和感なく再現していて、なんといってもポケモンたちそれぞれのマイペースぶりが楽しい。
ポケモンの世界観をしっかりと実現した映像美と特撮で、ちょうどうちの娘ら初期世代のハートは、がっつりつかめるかもしれない。
一応、ミューツーがキーとなるサスペンスなのだが、ターゲット層を鑑みると、謎解きの弱さは致し方ない。
孫1号(5歳児)と一緒に鑑賞したが、彼は大満足、ピカチューの立場もよく理解していた、だので大人も難しく考えないで、楽しみたい。


 登場したポケモンは、ピカチュウ、コダック、メタモン、ブルー、リザードン、カラカラ、ベロリンガ、ヒトカゲ、ゼニガメ、エイパム、キモリ、プリン、ルンパッパ、バリヤード、ドゴーム、カメックス、ゲンガー、コイキング→ギャラドス、イーブイ、フシギダネ、ネマシュ、ディアルガ、パルキア、ミュウツー、オーダイル、ゲッコウガ、ドダイトス。
うちの孫1号は、バリヤードの好演に絶賛拍手!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR