ほんまにご苦労様でした エスティマ!


 長女が公立高校に進学してくれたので、第一希望のトヨタ・エスティマ2.4Gを購入、2001年4月8日に納車だった。(私学進学だったらもうちょっと小さい車になっていた)
それから13年、日本全国、北は岩手県花巻から南は鹿児島長島まであっちゃこっちゃへ、俺と俺の家族と俺の友達を、元気に、一言の文句も言わず、ほんとにトラブルもなく、連れて行ってくれたエスティマ。
フルモデルチェンジされて、4代目エスティマが発売されたら買い換えようと思いながら、いまだモデルチェンジされないので、ずっとそのまま乗り続けていた。(今年もまだモデルチェンジの予定は無いらしい)


 2011/07/24に30万km到達、年間3万km走行がアヴェレージだったが、2012年10月に東京勤務で平塚在住となったことで、ちょっと買い物行くのと、たまに大阪に帰るのと、ってなくらいで、ここではちっとも車を使わなくなって、最終的な総走行距離は363,104km。
まもなくの4月5日に、車検が切れることをきっかけとして廃車した。

 一番上の写真は13年前に納車されたときのもの(もう、ナンバープレートを隠す必要は無い)、外装的には、サーフボードキャリアとルーフボックスと(娘たちは棺桶みたいな箱が付いていてかっこ悪いと嫌っていた)アルミホイールが装着されたくらい。


 その後、あらとが中心となってみんなで車のデザインをいろいろと変形してくれたし(トドメは娘婿)、車内にもみんなのヨダレ・汗・体臭、たばこによる焦げやいろんなもので付けてくれた傷や壊された部品…この写真は本日廃車の時の写真、さすがにボロボロだ。
「ドラえもんのポケットのような車」と皆に呼ばれていたほど、サーフィン旅を楽しむために(BBQsetや野外宴会のための調理器具・食器類・遊び道具やサーフィンに必要な様々なアイテム)、または何かが合ったときのためのもの(救急setからサバイバルsetに工具類)などなど必要と思われるものが、てんこ盛り積み込んでいたので、それらを車から全部降ろしたらたいへんな量だった。

 当面、車のない生活を送ってみる。(125ccのバイクはある)
駐車場代月1万円、自賠責+任意保険が月換算7500円、自動車税+重量税が月換算5325円、車検代を月割りにしたら4000円+αの日常整備費用が、基本的な維持費で、これが丸々浮いてくる。
大きな荷物を運びたいときとか、車が便利な旅行なんかの際には月々3万円弱くらいは、タクシーかレンタカー代に費やしてもいいという計算になる。(自分の場合は車両購入代金の償却分は入れていない)

 でも、みなさん、車でサーフィントリップ行くときには、わたしも海に連れてって~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR