偉大なる、しゅららぼん 笑いどころ、あったっけ?


【16】本日はうちの産別の、中小・ハイタク労働組合の回答日。
いい回答が引き出せますように!
徹夜で本部に待機して、みなさんからの吉報をお待ちしております。

 琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。

 「鴨川ホルモー」で万城目学ワールドに心酔したのに、「プリンセストヨトミ」でむちゃくちゃガッカリした…今回は期待しないように、静かに鑑賞したけど…
っつ~か、あかんかったわ~、ちっとも笑えなかった~、ってかそもそも笑わそうと思っていたのか?
ボケはてんこ盛りだけど、ツッコまないから、ボケを回収できなくて、むちゃくちゃ消化不良、ツッコミどころすらない。
ストーリーは説明不足過ぎて、感情移入ができなくて、そして物語に引き込まれない。
おいおり、どないかしてくれよ、と思っていたらいつの間にやらお話しは佳境、笑えないコメディがいつのまにかファンタジー路線に展開していき、最後はむりやり「感動しろ!」と根拠もなく押しつけてくる…もうどうしようもない。


 この原作を含めて実は万城目学の本って読んだことないのだけど、絶対にこの映画って、原作を台無しにしていると断言できるって!
そうでないと、万城目学自体が終わってるってことになるやんか!(笑)


 日出淡十郎演じる濱田岳、日出涼介演じる岡田将生、棗広美演じる渡辺大、み~んな15才役ってのはどう考えてもあかんねんけど、深田恭子も20歳くらいの役でしょ?(;゚ロ゚)
役者さんたちにとっても絶対的に無茶ぶりされている感が滲み出ていて、なんか楽しんでいるようには見えなかったし…貫地谷しほりと浜村淳以外は。

 しかもこの映画、諸事情により俺としたことが「1800円」という通常料金で鑑賞してしまった。
俺って、実は、独身時代のデート以外で、通常料金で映画って観たことが無いと思うのだ。
だから余計に「金返せ~!」って怒っているのかもしれない…ε-(;ーωーA フゥ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR