御前崎に寄り道Surfin' そして孫のために…

【19 Grommet Simple Retro Fish 5'11"】今日は「関東に魂を売ってはいない」ことを証明するために大阪の家に帰るので、御前崎にて寄り道サーフィン。
メインは腰~胸くらいはあるけど、とんでもないサイドオンショアで、とてもじゃないけど波乗り楽しむようなコンディションではない。
この静岡県御前崎から、愛知県伊良湖岬までの沖合、長さ約110kmの範囲は遠州灘と呼ばれている。(または遠江-とおとうみ-灘とも呼ばれる)
「灘」がなぜつくのかというと、この沿岸には直線状の砂丘・砂浜海岸が発達していて、避難港となるような港が少なく、そしてまさに今日のように冬型の気圧配置となると、北西~西の風がたいへん強く吹くことが多く、古くから海の難所とされていたからなのだ。


 で、まさに冬らしく西風吹き荒れる遠州灘には見切りを付け、駿河湾側の内海である須々木ポイントをチェック…、おーっいいや~ん!
サイズはもも、沖に沈んだテトラポッドの内側にいい感じの州が伸びており、そこにうねりが集まってくる感じの三角波、小さいながらもしっかりと張りながら広がっていくので、ライト&レフトともアクション入れながら走れる、いい波やね~んっヽo(=´∇`=)oノ♪


 小さいけどほんと楽しい波なのでもっと入っていたかったが、大阪の家に夕方までには帰らないといけないというミッションだったので(孫の顔が見られなくなる…)、1時間ちょっとでやむなく脱水した(そもそも朝4時に起きるつもりが目覚まし止めての二度寝で出遅れたのが最大の失敗だ)、ほんまもっと長いこと楽しみたかった波やった~(-_-;)
ところで、御前崎に着く前に、Y子に「御前崎に来てる?」ってLINEしたんやけど返事がなかった、だから須々木で一人で波乗りしていたんやけど、海から上がってスマホ見たらY子から「来てるで~」ってメッセが入っていた。
で、「もっと早く返事が欲しかった」と返信したら、Y子から速効で電話があって、「彼氏の部屋で惰眠を貪っていたとのこと、そろそろSurfingしようと思って出動しようとしていたとのこと、彼氏が仕事なので独りぼっちで波乗りしなくてはならないから寂しいな~って思っていたのにってこと、などなど…。
昔からレスが遅いY子、決断も遅い子なのだ(「子」は実態からかけ離れているか…汗)、後手後手にならない人生を是非とも歩んでもらいたい…さっさと仕事やめて、大阪の生活畳んで、彼氏のそばの御前崎に移住しろ~っ!!!って思う。


 大阪の家に無事到着して、そろそろ「はいはい」が出来そうになっている(ハイハイすると後ろに下がる段階)孫に、久々ご対面~ v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v
今回の帰阪ミッションは、「関東に魂を売ってはいない」ことを証明するためにというのは実は表向きの理由でしかなく、大きな声では言えないが、真のミッションは、
1.1年半経過して、持って行ったけど平塚の生活では必要なかったもの(サーフボード3枚をはじめ)、または持って行かなかったけど必要なものを、運搬すること。
2.孫の初節句を控えて、五月人形を孫に贈りたいので、どんなのがいいのか娘夫婦の意見を聞きながら、購入すること。
3.4月から長女が本格的に仕事復帰することから孫は保育園に預けられる、その送迎用の自転車を妻が娘にプレゼントするというので、その自転車を購入しに連れて行く。
という3つ、ただちょっと気になることがあって…3については「妻が娘にプレゼントする」ってことが前提のはずだったが、支払いは俺のクレジットカードだったということが、どうも納得できないねんってことが…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR