fc2ブログ

今回の福岡出張報告は是非また書くが、とりあえず、飲んだくれ記録で…



 一昨日はロンドンから、本日の「シンポジウム ​ギグエコノミーとライドシェアの正体~労働破壊の現実~」のために帰国しているMACさんと、山陰居酒屋かば品川店と、昨今の、ライドシェアなどギグエコノミーの国際的な動向や、日本国内の状況について、情報交換。
議論白熱に水を差すように(一服の清涼感のように?)、可愛い女の子が我々のテーブルに、てっきりたばこかレッドブルのキャンギャルかと思いきや、まさかの黄色、ウコンの販売やった!
でも、何でもいいの、メロメロになってるおっちゃんたちは、何だって買ってしまうんやから…(*^O^*)

 そしてそのシンポジウムのために、福岡で前泊、JALの早割より、ホテル&往復航空券の方が安かったので、せっかくやから前泊して、私鉄九州ハイタクのみなさんと飯でも食ってゆっくり議論したいなと思って。
何が食べたいって聞かれて、「もちろんもつ鍋!」って答えたら、なかなか予約が取れないという有名店「博多もつ鍋山中 赤坂店」(福岡県福岡市中央区赤坂1-9-1)に連れて行って貰った!
エントランスに入る前に「高校生未満の御子様の入店はお断りしております。」…、なに?子供のことやんね?学歴のことや無いやんね?
って恐る恐る店内に入ると、高級フレンチレストランか小洒落たシティホテルかバブル時代のディスコかいなってなロビーで、ビシッとしたスタッフに迎えられて、たじたじ…(「委員長、今回は俺の自腹支払いって言いましたやん、むちゃくちゃ高級店ちゃいますん…」って俺の心の中の声、ちょっと泣きそうになったが…)
席に案内されてメニューを開いてみたら、「普通やん!」って安堵する俺の財布…(~_~;)
もつ鍋は無難に「しょうゆ」を選択(1人前1700円)、おつまみには「からしめんたい」(辛さは控えめながら一粒一粒の味が感じられるような上品な味わい)、思わず日本酒が飲みたくなる「せんまい」、思わずビールが進む「牛ほほ肉甘煮」、突き出しは枝豆、仕上げはちゃんぽん麺!


 醤油味のスープはさっぱりとした味わいながら、モツのうまみがたっぷりと出たスープで、ついつい具をよそうたんびにスープを飲みまくってしまうほど美味しい!
味噌味も評判良いらしいし、本店では塩味もあるらしい、なかなか福岡に来る機会はないのやけど、今日の議論で、もっと自分をこき使ってくださいってことについて理解を得られたと思うので、私鉄九州ハイタクの運動が組合員にとって「前」に向くものとなることのために、もっと福岡に来たい!
で、そのついでに、こそっと「博多もつ鍋山中」の他の味のもつ鍋を食べたい!!



 今朝は、午前中、御朱印帳を持ってうろうろ、まずは西鉄に乗って太宰府天満宮、それからいくつかの神社をお詣り…。



 で、たまたま見つけたうどん屋さんに行ったが、まずは押さえておかなければならない情報。
博多駅前にある「承天寺」というお寺を、今から約770年前の鎌倉時代に「博多山笠」の創始者としても知られる聖一国師がひらいた臨済宗のお寺で「饂飩蕎麦発祥之碑」が建っている!(;゜ロ゜)
聖一国師は、当時の宋である中国に渡り修行され、禅の大法と、宋の文化を日本に持ち帰り伝えられたもので、その代表的なものとして「古文書・水磨の図(国宝・京都東福寺所蔵)」を残し、これにより、今日の製粉技術の根幹をなす粉挽きの技と、原点である麺・饅頭が伝承されたそうだ。
で、この「中世博多うどん 春月庵」は博多最古の製麺所がやってる饂飩屋さんらしい。


 食したのは、ごぼ天うどんにキツネのトッピングとかしわ飯のおにぎり、うっすら茶色で、どことなく風味があり腰がないうどんと、ちょっと塩辛いがしっかりと魚から取った出汁が、大阪人に好ましい
ランチタイムだけは3玉まで同値段で増量可だったようで、注文したときに「何玉ですか?」って聞かれたときにはシステムわからんかったから当たり前に「いえ、一玉で」って言ったが、皆さん、Maxの3玉オーダー、俺は食えんっ(^0^;)


 とにかく、今日のミッション、シンポジウム「ギグエコノミーとライドシェアの正体~労働破壊の現実~」を、九州労働弁護団・日本労働弁護団・交通の安全と労働を考える市民会議 www.forumtsl.org の共催で開催!@津久志会館!
120名の会場で、ほぼ満員、交通の安全と労働を考える市民会議 www.forumtsl.org 13回目のシンポジウムだが、九州、福岡で開催出来たことの意味が大きいねん。(←シンポの詳細は後日アップします)




 シンポジウムのスタッフの打ち上げは「博多水炊き 大和 」


 その後、皆さんと別れて身内飲みのつもりで、たまたま入ったお店にて、思いも掛けず、うちの大手の皆さんと遭遇してしまい焦った汗もかきつつ、しかしながら、「ええ仕事」になった良かった!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR