fc2ブログ

シェイプ・オブ・ウォーター しかし自分にはこの作品のよさが、いまいち分からなかった


【9 うち試写会1】行政府が立法府を、意図的に、騙すなんて言うことが(隠すではなくて)、まさか、この国であるなどと、夢にも思わなかった…。(その行政の長は麻生大臣で、行政府の長は安倍総理なんだが…)

 1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。

 ギレルモ・デル・トロ監督が異種間の愛を描き、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー、米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせるという映画。
人魚姫の逆バージョンっぽい、美女と野獣っぽい、という映画で、第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)、美術賞を受賞した。


 かなりな、エロいシーンや、ぐろいシーンがあるので、ファンタジーラブストーリーだけどR15指定、もしかしたらR18だったかもというきわどさ。
評判がすこぶるいい映画だが(大きな賞もたくさん獲ってるし)、しかし自分にはこの作品のよさが、いまいち分からなかった。
もっとも気になったのが、「ヒロインがなぜ恋におちたのか」というところに説得力がないことなのかも知れない。


 しかしこの作品は、人種差別を助長し、分断が広がるトランプ政権にノーをつきつけたという意味だとすれば、その通りだろうし、オスカー受賞は、多様性やマイノリティ賛を謳う映画人の熱が本当に高揚している結果だったとしたら納得だ。
ところで、イライザを演じたサリー・ホーキンスって、とても綺麗な人なのに、そうでないように見せる役作りと演技が、とても驚いた。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR