fc2ブログ

15時17分、パリ行き 事件の当事者を主人公としてまさか出演させているとは!?


【7 うち試写会1】昨冬の働き方改革の同一労働についての講演が、どういうわけかシリーズ化してて、本日その続きとして、労働基準法などの働き方に関する改正案はどんなものかってことについて、講演させて貰った。
伝えたいことは山盛り、で、盛りすぎ&時間配分悪しの時間切れで、伝えたいことすべてを伝えきれなかった、ごめんなさい。
悪い癖や…と自己嫌悪はいつものことってのが、もっと悪い。

 2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

 クリント・イーストウッド監督が、2015年8月に高速鉄道で起きた無差別テロ事件を映画化、列車に乗り合わせていた3人のアメリカ人青年がテロリストに立ち向かう姿を描くとう映画。
英題は「THE 15:17 TO PARIS」、事件の当事者であるアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーンを主演俳優に起用し、当時列車に居合わせた乗客も出演、撮影も実際に事件が起きた場所で行われたという。


 3人の子ども頃の、出会いと成長と友情の過程を描く場面と、そして事件の場面が交錯する展開で、ちょっと複雑な描き方なこの映画。
見終わってから気付いたが、実は事件の場面に割いた時間はとても短い。
きっとイーストウッドがスポットを当てたのは、そこにいたるまでの彼らの歩みのようだ。


 「ごく普通の人々に捧げた物語」とはイーストウッドの弁で、87歳の名匠は実にさらさらと撮っている。
結局、今作の狙いは、どこにでもいる人間が日常を送るなかで、想定外の大事件に遭遇した瞬間の対応を描くことであり、その助走でもある穏やかな日々のシーンにこそ、イーストウッドの思いが込められているのだろう。
実話の映画化は数多いが、本人たちが本人役で主演した映画は本作くらいだろう。
しかし、自分は、鑑賞している時には、そのことを知らなかったもんで、なんて演技が下手な役者なんやろうって思ってたが…(汗)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR