FC2ブログ

ジオストーム ある意味、ディザスター映画の超進化形なのかも


【3】そしてようやく今年3本目の映画。

 天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。

 天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。
気象コントロール衛星の運用を巡る政治的陰謀サスペンスというところは「スペースノア」、世界各地で起きる異常気象スペクタクルは「デイ・アフター・トゥモロー」、そして「アルマゲドン」的な感動要素、最後は「ゼロ・グラビティ」も…、と、どこかで見たような展開だらけで、デジャヴ感ありあり(笑)


 展開はめっちゃくちゃ豪快、生卵がジューって目玉焼きになるような地面に人間が平気で立っていられるのか、とか、ビキニ姉ちゃんの超人的な足の速さとスタミナに驚かされたり、と突っ込みどころは満載ながら、圧倒的に大胆な描き方で、煙に巻かれる。
しかもこの映画、まさかの陰謀サスペンスにまで突入してしまうのがすごいっ!


 ある意味、ディザスター映画の超進化形なのかも。
ところで「アメリカが再び偉大になるために!」というどこかで聞いたような政治家の言葉に、今度は観ている自分が凍り付く…。
もしやこの映画、知性を欠いた為政者が陥れる世界の映し鏡なのかもしれない…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR