fc2ブログ

羊の木 松田龍平の怪演がぜんぶ持ってた~


【2】1月はむちゃくちゃ忙しい上に毎週末大阪に帰っていたし、その忙しさをついてどうしても観たいという映画もなかったので、今頃になってようやく2本目の劇場鑑賞。

 刑期を終えた元受刑者を自治体が受け入れる新仮釈放制度により、閑散とした港町・魚深市に男女6人が移住してくる。市役所職員の月末一(錦戸亮)は彼らの受け入れ担当を命じられるが、移住者たちの過去を住民たちに知られてはならないという決まりがあった。やがて、全員に殺人歴がある犯罪者を受け入れた町と人々の日常に、少しずつ狂いが生じていき……。

 山上たつひこといがらしみきおによる、第18回文化庁メディア芸術祭優秀賞(マンガ部門)に輝いた問題作「羊の木 (イブニングKC)」を、アレンジを加え実写映画化。殺人歴のある元受刑者の移住を受け入れた町を舞台に、移住者の素性を知らされていない町の人々の日常がゆがんでいくさまを描くという映画。
北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平が演じる6人の元殺人犯が日常生活を送る描写、一見、淡々と、平静を保っているようで、時折ちらつく彼らそれぞれの素顔が緊迫感を増長する…。


 何かをしでかすのでは…という疑心暗鬼な視線でついつい観てしまうが、それは映画だから、というより、自分も含めてこれが「世間」なのか?
偏見なく他者と接するのは不可能なのか?
引きずる過去、表出する狂気、不穏かつ魅力的に表現している。は「他者」を取り巻く世間そのもの。
元受刑者との共生ということを根っこに、しかし己の寛容をテストされているかのような映画だ。


 「県庁おもてなし課」以来、お人好しな公務員を演じさせたら、右に出る者はいないほどハマリ役の錦戸亮、彼を中心点として置いて、いい役者を集めた群像劇。
エンディングに至る部分が「あり得ない」というか、せっかくの緊張感を台無しにした感が歪めないが、いろいろなことを深く考えさせられた作品だった。
「ガキデカ」を描いた山上たつひこ氏が原作に絡んでいるというのも驚きなので、是非一度「原作」を読んでみたい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR