fc2ブログ

孫Day お雛様を飾り、孫1号のお遊戯会、孫2号のお宮参り


 孫2号のために(孫1号も楽しみにしている)お雛様を出したけど、もちろんまだ孫2号は「なんのこっちゃ~?」


 で、孫1号の保育園の生活発表会へ。
孫1号父が車で迎えに来てくれることになっていたが、大幅に遅刻したため、とても見たかった孫の太鼓の演奏に間に合わず、がっくし…( ̄0 ̄)
で、お遊戯はとても可愛らしく、しかもうちの孫が一番めんこくて踊りも一番上手だったっとじじばかは狂喜乱舞。


 そして午後は、孫2号のお宮参りを地元の神社で。
比較的暖かい日で、節分祭も行われており、人出も多く、たいへんな賑やかな中で、お祓いを受け祝詞を上げてもらい、境内ではたくさんの人に祝って戴いて、無事に終了、ちなみに孫2号はずっとすやすや寝てたけど (〃 ̄~ ̄)ゞ~o○◯ムニャムニャ




「蹉跎神社は、大阪府枚方市にある神社(天満宮)である。蹉跎天満宮、蹉跎山天満宮とも呼ばれる。菅原道真(天神様)を祭神とする。神体は菅原道真の像で、道真が自ら作らせたものと伝えられる。
延喜元年(901年)、菅原道真が大宰府へ左遷される途中、山の上で休憩し、都の方を望んで名残を措しんだ。その場所を「菅相塚」という(現寝屋川市菅相塚町)。その後を娘の苅屋姫が追いかけたが、あと少しの所で間に合わず、足摺り(=蹉跎)して嘆いたという。ここから、その山を「蹉跎山」と呼ぶようになった。大宰府でその話を聴いた道真は、三尺二寸の自身の木像を作って娘に送ったという。天暦5年(951年)、蹉跎山に社殿を造営して木像を祀り、近隣25箇村の産土神としたのが当社の始まりと社伝に伝える。
慶長19年(1614年)の大坂冬の陣で社殿は焼失したが神像は無事で、現在地に遷座して中振・出口両村の産土神として再建された。明治5年、走谷村の産土神であった加茂健豆美命神社を合祀して郷社に列格した(加茂健豆美命神社は明治12年に分祀再建)。現在の社殿は明治22年3月に改築されたものである。」
うちとこの神社、かなり深い由緒あるやん!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR