歌川広重と言えば東海道五十三次絵


 日本橋から7つ目の宿場が、平塚宿で手前の藤沢宿からは3里半、江戸時代の地名では相模国大住郡、現在は神奈川県平塚市。
この歌川広重の東海道五十三次絵は、現在の平塚のどのあたりなのだろう。

 平塚 縄手道 縄手道とは田んぼの間の道をさす。手前に宿の境界を示す榜示杭と高札がある。正面に丸い形の高麗山を強調して高く描き、後ろに富士山、右に大山をやや小さめに配する。先には花水川に架かった花水橋を渡る旅人。空の駕籠を担いでのんびりと歩く駕籠かきの二人組が、中央を大急ぎで走る飛脚のスピード感を増幅させている。


 東海道53次の起点は、日本橋(武蔵国豊島郡、現東京都中央区)
1つ目の宿場がうちの職場のある、品川宿 2里 武蔵国荏原郡 東京都品川区
2. 川崎宿 2里半 武蔵国橘樹郡 神奈川県川崎市川崎区
3. 神奈川宿 2里半 武蔵国橘樹郡 神奈川県横浜市神奈川区
4. 程ヶ谷(保土ヶ谷)宿 1里9丁 武蔵国橘樹郡 神奈川県横浜市保土ケ谷区
5. 戸塚宿 2里9丁 相模国鎌倉郡 神奈川県横浜市戸塚区
6. 藤沢宿 1里30丁 相模国高座郡 神奈川県藤沢市
そして平塚の次が、27丁先の、大磯宿(相模国淘綾郡、現神奈川県中郡大磯町)


 江戸と京の間は里程124里8丁、ちゅうことは484kmくらいの距離か。
日本橋から平塚宿まで15里半と30丁かな、それなら61.8㎞くらいなので、京都までは残り422㎞。


 平塚から京都の方角を見たら国道1号線ってこうなってて。
ちなみに、同じくお江戸日本橋を起点とし、大阪市北区の梅田新道交差点を終点とする国道1号線は562.5km(現道543.2km)だそうだ。


 枚方から見たら国道1号線ってこうなってるねん。
四国でお遍路をいつか歩いてみたいと思うけど、家のある枚方と、今仮住まいの平塚とが道1本(国道1号線)で繋がっているのだという縁を感じてから、東海道(国道1号線)もいつか歩いてみたいなあって思うようになった。


 先日、江戸東京博物館で東海道五十三次展ってのがやっていたので、最終日の2月2日に観に行ってきた。
歌川広重の書いた東海道五十三次絵が展示されていて、その脇に簡単な解説文があり、その他に当時の旅に使われたものなどがちょろっと展示されていたのみで、「展」って偉そうに言うほどのものやなかった。
ただ、絵を見ながら「永谷園のお茶漬け」ってワードがあっちゃこっちゃで飛び交っていたのが笑えた。
実は自分も子供の頃、このお茶漬けにおまけで入っていた53次絵は集めていてん。(全部は集められなかったけど)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR