「サーフボードを持たれた菅公さん」綱敷天満宮にお参り。これできっと、波乗りが上手くなる、いい波に乗れる、怪我無くいつまでもサーフィンができる、はず!

 全国一万社ある天満宮の二十五霊社のひとつ「綱敷天満宮」(兵庫県神戸市須磨区天神町2-1-11 )、その昔、菅原道真公が九州に渡るおり、須磨の浦に立ち寄り、須磨の漁師が造った大綱の円座で休憩された事にちなみ、菅原道真公がお亡くなられてから76年後にこの地に創建されたそうな。


 ここに「サーフボードを持たれた菅公さん」という像がある!(菅公さんってのは菅原道真公のことね)


時勢の波に乗り、夢が叶うことを祈願します
~波乗り祈願像~
「波乗り祈願」とは、成功を収めるために、うまく時流の波に乗ることを祈願するものです。決して自分本位な行動をとるのではなく、時を読み、流れに逆らわず、自らの平衡感覚によって状況に適応していくことが、人間が生きていく上で大切だと思います。綱敷天満宮の近くには、古くから風光明媚な景勝地として親しまれている須磨の浦があります。 今も、夏になれば、須磨海岸には、多くの若者や家族が訪れ、賑わいます。この像は、時代の荒波に乗り、一人でも多くの方々が幸せになることを願い、須磨の海でサーフボードを抱える幼少時代の菅原道真公をモチーフに制作、建立しました。



 ってことで、けっして、波乗りが上手くなること、とか、いい波に乗れること、とか、怪我無くいつまでもサーフィンができること、ってなことではないのやけど。
ましてや、須磨の海岸って、瀬戸内海なので、多くの若者や家族が訪れ賑わっているが、けっして波乗りで賑わっているわけでは無い…(滝汗)
でも、御利益ありそうやろ~っ!


 そやけど先日の姫路に出張の際、どうしても立ち寄らなければいけないって駆り立てられてしまって、お参りしてきた!(ずいぶん昔にブログで取り上げたし「波乗り祈願像!?」2008-10-07、そしてこの天神さんのご近所に住むみぃねぇにお守りを戴いたのだが、でも行ったことがなかったので。)
やっとこさ、御朱印もらった、御朱印帳も購入した、お守りも戴いた!
これできっと、波乗りが上手くなる、いい波に乗れる、怪我無くいつまでもサーフィンができる、はず!
(けど、御朱印も御朱印帳も、波乗りバージョンがあれば、嬉しかったな~)

波乗り坂
境内にさしかかる坂に、サーフボード型の石畳があります。
これに乗ると「サーフィーン上達」「人生の波にうまく乗ることができる」かもせれんませんね。


 え~っ、そんなのあるの知らんかった~、これに乗ってたら「サーフィン上達」かも知れんかったんや~っ( ̄0 ̄)ガーン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hisapsurfrider

Author:hisapsurfrider

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
検索フォーム
QRコード
QR